地図

福岡 (FUK) 発 - 金浦国際空港 (GMP) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

福岡発 - ソウル 金浦国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥19,055

直行便航空会社

0

平均飛行時間、合計距離552 km

2 時間 45 分

ソウル 金浦国際

1 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた福岡からソウル 金浦国際までの最安フライト料金は、¥19,055です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡からソウル 金浦国際までの平均フライト時間は2 時間 45 分です。
福岡からソウル 金浦国際への直行便を出しているエアラインはありません。

福岡空港から金浦国際空港行き ルートの基本情報

ソウルは週末や連休を利用した旅行先としても人気があり、国内旅行感覚で気軽に出かけられます。福岡からは金浦国際空港までは乗り継ぎ便を利用することによりアクセス可能です。国内または韓国での乗り継ぎになりますが、ソウル到着までの所要時間は4時間前後かかります。仁川国際航空行きの直行便は1時間20分ほどなので、スケジュールや運賃を比べてみましょう。

福岡-金浦国際空港 (GMP) 乗り継ぎルートと航空会社・LCC

羽田乗り継ぎ
福岡-羽田 JAL (日本航空) ANA (全日空) スカイマークスターフライヤー
羽田-金浦 JAL (日本航空) ANA (全日空) 大韓航空アシアナ航空

釜山乗り継ぎ
福岡-釜山 大韓航空エアプサンチェジュ航空
釜山-金浦 大韓航空エアプサンチェジュ航空

福岡からソウルは距離的に近いものの、直行便が就航しているのは仁川国際航空行きのみです。金浦国際空港行きのフライトは、羽田または韓国国内で飛行機を乗り継ぐことによりアクセスできます。羽田で乗り継ぐ場合は、JALやANA便を選択すると金浦国際空港までスルーチェックインが可能。プサン乗り継ぎの場合は、全区間LCCのフライトを利用できます。選択するフライトによって乗継地で荷物の預けなおしが必要になる場合もあるので、航空券の利用条件を調べておきましょう。

定期便の便数

羽田乗り継ぎ
福岡-羽田 JAL (日本航空) :17便、ANA (全日空) :18便、スカイマーク:11便、スターフライヤー:8便
羽田-金浦 JAL (日本航空) :3便、ANA (全日空) :3便、大韓航空:3便、アシアナ航空:3便

釜山乗り継ぎ
福岡-釜山 大韓航空:2便、 エアプサン:4便、チェジュ航空:2便
釜山-金浦 大韓航空:16便、エアプサン:13便、チェジュ航空:2便

羽田-金浦線では、JALと大韓航空、ANAとアシアナ航空が相互にコードシェアを実施。往路はANA、復路はアシアナ航空といったフライトの選択可能です。釜山乗り継ぎの場合は、LCCのフライトも利用できます。選択可能なフライトパターンが幅広く、スケジュール調整がしやすので便利です。

その他のアクセスルート

羽田・関西国際空港から金浦国際空港行きの直行便が就航しています。国内空港の場合は、羽田空港のほか関西国際空港でも乗り継ぎ可能です。そのほかにも仁川国際空港行きの直行便を選択すると、LCCの格安航空券も利用可能でフライトも1時間20分と短時間です。

路線の概要・メリット

福岡発-金浦国際空港行き航空券の相場
シーズナリティにより価格の変動がある路線で、8~10月のレジャーシーズンは航空券の相場が高くなります。通常期のエコノミークラス往復航空券は25,000~28,000円台が相場です。8月のピーク期は往復3万円台までアップしますが、旅行日程を数日間スライドさせると比較的リーズナブルな航空券を利用できます。

路線の特徴
年間を通して観光・ビジネスに一定の需要があり、韓国からのインバウンド訪日客の利用も多い路線です。仁川国際空港行きの直行便フライトも便数が多く、LCCのフライトも選択できるので、空席状況や航空券の価格を比較することで、格安航空券を利用できるチャンスが広がります。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は、九州で最も大きな規模の空港で季節運航も含めると国内線28路線・国際線23路線の定期便が発着しています。国際線は中国・韓国・台湾や東南アジアの主要都市を中心に、グアムやヘルシンキ (季節運航) への就航ネットワークを有し、年間旅客数は約2,400万人です。国際線ターミナルと国内線ターミナルは離れていますが、両ターミナル間を結ぶシャトルバスが運行しています。2019年3月には国内線ターミナルには「地下鉄アクセスホール」がオープン。空港乗り入れの地下鉄改札口から直接到着・出発ロビーにアクセスできるので、空港ターミナル内での移動も便利になりました。レストランやショップは国内線ターミナルに多く、フードコートも充実しています。2019年4月より空港運営が民営化され、しばらく運休となっていたハワイ線の運航再開も決定。今後は国際線新規路線拡大が見込まれています。

金浦国際空港
金浦国際空港は、韓国国内線のほか日本・中国・台湾の主要都市とソウルを結ぶ国際線定期便が就航しています。韓国国内線は済州・釜山・大邱・光州・蔚山などへの定期便が発着し、国際線からの乗り継ぎも便利です。金浦-済州線は便数が多く設定され、イギリスの航空調査会社OAGのサーベイでは世界で最も運航本数の多い路線とされ、過密なダイヤが組まれています。空港ターミナル4階にはフードコートがあり、到着後の気分転換におすすめです。空港に隣接して巨大なショッピングモール「ロッテモール金浦空港」があり、空港とも直結。ファッションやコスメ、雑貨などを取り扱うショップのほか、映画館やホテルも併設されているのでソウル到着後すぐにショッピングを楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は福岡市中心部から5km圏内に位置する交通利便性の高い空港です。市内から空港への主なアクセス手段は、地下鉄・バス・車 (タクシー) がよく利用されています。国内線ターミナルに地下鉄に乗り入れ、博多から2駅 (5分) 、天神から5駅 (11分) で空港駅に到着。博多駅では山陽・九州新幹線、天神駅では西鉄線から乗り換え可能で、九州北部エリアからのアクセスが便利。ヤフオクドーム・イオンモール福岡・大濠公園・キャナルシティ博多・ヒルトン福岡シーホークといったレジャースポットからは空港まで路線バスが運行しています。佐賀・唐津・伊万里・日田など福岡近郊の主要都市からは高速バスも利用可能です。

金浦国際空港
金浦国際空港はソウル都心部から直線距離で約15km西に位置し、都心部に近い立地条件にあります。市内中心部までは空港鉄道 (A'REX) 、地下鉄・空港バス・タクシーを利用することによりアクセス可能です。A'REX (各駅停車) を利用するとソウル駅には約25分で到着。地下鉄は5号線・9号線が利用可能で、4~8分間隔で運行しています。空港リムジンバスは、明洞駅・ロッテワールドなどソウル市内の観光スポットにも停車します。タクシーはメーター制の一般タクシーのほか、料金はやや高くなりますがサービスに定評のある模範タクシーやインターナショナルタクシーも利用できます。ソウル市内の観光には、地下鉄やバスの料金支払いに利用できるプリペイド式交通カード「T-money」を購入しておくとスムーズに移動できます。

(2019年5月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。