地図

福岡 (FUK) 発 - 香港国際 (HKG) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な香港行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

福岡発 - 香港国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥15,644

直行便航空会社

3

週の便数

31

平均飛行時間、合計距離2048 km

3 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

香港エクスプレス

香港国際

1 空港

よくある質問

香港国際には 1 つの空港があります。香港国際です。
スカイスキャナーで見つけた福岡から香港国際までの最安フライト料金は、¥15,644です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡から香港国際までの平均フライト時間は3 時間 30 分です。
福岡から香港国際まで直行便を出しているエアラインは、3 社あります。
9月時点では、福岡から香港国際までは毎週 31 本のフライトがあります。

福岡から香港行き ルートの基本情報

福岡空港から香港はフルサービスキャリアとLCCの2社が直行便を運航しています。週30便の運航で旅行やビジネスに便利なダイヤ編成です。曜日によって便数が異なりますが、いずれも午後便で香港には夕方から夜にかけての到着。到着後も香港での夜景鑑賞やショッピング、グルメが楽しめます。

福岡-香港 直行便を就航する主な航空会社・LCC

キャセイドラゴン航空 (香港ドラゴン航空) 香港エクスプレス (HK Express)

キャセイドラゴン航空はキャセイパシフィック航空の子会社です。中国本土やアジア各都市への就航ネットワークを展開し、福岡空港と羽田空港から香港への直行便を運航しています。香港エクスプレスは香港初そして唯一のLCCで、エアバスのA320シリーズを中心に最新の機材を導入。高松にちなんだ「さぬきうどん号」、香港の点心から「焼売 (シューマイ) 号」など、飛行機に就航地のご当地グルメにちなんだ名前がつけられています。

定期便の便数

キャセイドラゴン航空 (香港ドラゴン航空) :1~2便 (週11便) 、香港エクスプレス (HK Express) :2~3便 (週19便)

キャセイドラゴン航空、香港エクスプレスともに曜日によって便数が異なります。LCCは需要動向によって増便や減便になる場合があるので、航空券の検索時に最新のスケジュールを確認してみましょう。

直行便以外のアクセスルート

直行便以外にソウルや台北を経由するルートも利用可能です。乗り継ぎ便は香港まで6時間以上かかり航空券も割高になるケースが多いので、直行便のほうが時間・費用の両面でメリットが多いといえるでしょう。直行便を利用すれば香港での滞在時間をより長く確保できます。

路線の概要・メリット

福岡空港発-香港国際空港行き航空券の相場
大型連休や夏休み中は旅行客が増えるため相場が高くなります。エコノミークラスの場合、通常期はLCCのフライトを選択すれば往復25,000円以下の格安航空券が利用可能。フルサービスキャリアでも往復35,000円前後が相場なので、比較的リーズナブルです。夏休みなどレジャーシーズンは往復4万円台まで価格が上昇しますが、日程を数日間スライドさせるだけで安い航空券が利用できる場合もあります。

路線の特徴
観光・ビジネスともに需要が高い路線で、キャセイドラゴン航空はエコノミー・プレミアムエコノミー・ビジネス・ファーストの4クラス仕様の運航です。また香港エクスプレスでは、予約変更や受託手荷物許容量のサービスが付加された「U-BIZ運賃」を設定。格安航空券だけでなく、出張利用にも便利な運賃やサービスを設定し、旅行スタイルにあった運賃が選択できるようになっています。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は国内線28路線・国際線23路線の就航ネットワークを有し、九州の玄関口として年間約2,400万人が利用しています。国際線の旅客数は成田・関西・羽田についで多く、アジア線を中心とした定期便が発着。アジアのLCCも多く就航し格安航空券の利用機会が広がり、アウトバウンド・インバウンドともに利用者が増加傾向にあります。空港は2019年4月に民営化され、国際線の路線拡大とあわせてLCC専用ターミナルの建設や高級ホテル、大型免税店の併設も計画されています。国内線と国際線のターミナルはそれぞれ分かれていますが、両ターミナル間を結ぶシャトルバスが運行しているので国内線からの乗り継ぎもスムーズです。

香港国際空港
香港国際航空 (香港國際機場) は、グローバルな路線ネットワークを有するアジアを代表するハブ空港のひとつです。以前、利用されていた啓徳空港に代わりランタオ島沖に建設され、1998年に開港しました。乗り入れ航空会社は80社を超え、キャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空・香港航空・香港エクスプレスは香港国際空港を拠点としています。空港は2つのターミナルによって構成され、第1ターミナルがメイン。第2ターミナルにはLCCのチェックインカウンターがあります。空港内には免税ショップやダイニングが充実。到着フロアにもコンビニや飲茶レストラン、カフェやドラッグストアがあり、到着後市内に出る前に休憩することもできます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は福岡市中心部から5km圏内にある都市型空港で、福岡市内の主要スポットからのアクセスが便利です。空港ターミナルに地下鉄が乗り入れていますが、2019年3月に地下鉄アクセスホールがオープン。博多駅から2駅 (5分) 、天神から5駅 (11分) という近さで、博多駅では山陽新幹線・九州新幹線からの乗り換えも便利です。バスを利用する場合は、キャナルシティ博多・天神市役所前・ヒルトン福岡シーホークといった主要スポットから空港まで路線バスが運行しています。タクシーは博多駅周辺のオフィスやホテルから空港ターミナルまで20分前後で移動できるので便利です。

香港国際空港
香港国際航空は九龍半島から約23kmのランタオ島沖チェクラップコク島にあります。市内中心部まではエアポートエクスプレス (機場快線) ・エアポートバス・タクシーが主なアクセス手段です。エアポートエクスプレス (香港MTR) は空港ターミナルと乗り場が直結し、九龍駅や香港駅に停車します。運行間隔は10~15分で終点の香港駅までの所要時間は約25分です。エアポートバスはA系統・E系統 (空港周辺) ・N系統 (深夜運行) の3系統あり、A系統のバスは香港島・九龍地区の主要スポットに停車します。香港での移動に便利な交通系ICカード・オクトパスカード (八達通) を購入しチャージしておくと地下鉄やバスで移動する際に便利です。

香港からマカオへは高速船 (フェリー) のほか、「港珠澳大橋 (HZMB) 」の開通によりシャトルバスも利用可能です。空港のバス乗り場からB4系統のバスに乗車すれば約30~35分で香港口岸に到着。フェリーよりも料金が安く、世界最長の海上橋からの景色も楽しめます。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。