地図

福岡 (FUK) 発 - 新潟 (KIJ) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な新潟行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

新潟行き直行便

新潟への直行便をお探しですか?ベストなルートを見つけるお手伝いをします。

  • 平均飛行時間1 時間 45 分
  • 往復直行復の最低価格¥22345
  • 週の平均便数44
直行便のあるエアライン
  • ANA Wings
  • アイベックスエアラインズ (IBEX)
  • フジドリームエアラインズ (FDA)
  • 全日空 (ANA)
直行便を検索

福岡発 - 新潟行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥22,345

直行便航空会社

4

週の便数

22

平均飛行時間、合計距離921 km

1 時間 30 分

新潟

1 空港

よくある質問

新潟には 1 つの空港があります。新潟です。
スカイスキャナーで見つけた福岡から新潟までの最安フライト料金は、¥22,345です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡から新潟までの平均フライト時間は1 時間 30 分です。
福岡から新潟まで直行便を出しているエアラインは、4 社あります。
2月時点では、福岡から新潟までは毎週 22 本のフライトがあります。

福岡空港 (FUK) から新潟空港 (KIJ) 行き ルートの基本情報

福岡空港から新潟空港までは直行便が就航し、九州と北陸を結ぶメインルートとして年間12万人以上が利用しています。鉄道やバスなど陸路で移動するよりも移動時間が短いので、航空便を利用するメリットが多い路線です。フルサービスキャリア・リージョナルキャリアあわせて3社が定期便を運航しています。LCCは路線を開設していませんが、早期に予約をすれば割引率の高い運賃が適用されるので格安航空券も利用可能です。

福岡空港発-新潟空港行きの直行便を就航する主な航空会社

ANA (全日空) アイベックスエアラインズ (IBEX) フジドリームエアラインズ (FDA)

ANA便はグループ会社のANAウイングスの運航便です。福岡-新潟線の運航機材はプロペラ機 (Q400) ですが、飛行機から音波を出して機内への騒音や振動を軽減させているので快適なキャビンです。アイベックスエアラインズ (IBEX) では機内エンターテイメントサービスをスタート。フライト中にスマートフォンやタブレット端末で、IBEX厳選の動画コンテンツを楽しめます。フジドリームエアラインズでは「マルチカラー・コンセプト」に基づき保有機材16機のカラー塗装がそれぞれ異なります。搭乗するたびに何色の機体になるかも楽しみのひとつです。

定期便の便数

ANA (全日空) :1便、アイベックスエアラインズ (IBEX) :1便、フジドリームエアラインズ (FDA) :1便

運航各社1日に1便ずつのダイヤ編成で、福岡から新潟までは1時間40~50分のフライトです。朝・昼・夜の各時間帯からフライトを選択でき、日帰り出張にも無理のないスケジュールが組まれています。コードシェア提携によりIBEX運航便はANA便名、FDA運航便はJAL便名でも利用できます。

路線の概要・メリット

福岡空港発-新潟空港行き航空券の相場
福岡-新潟線の航空券はシーズナリティによる価格差が比較的大きい路線です。大型連休・旧盆期間・年末年始といった混雑する時期は価格が高くなりますが、通常期は最安値で往復22,000円台の航空券も利用可能です。早期購入割引運賃を利用すれば、往復3万円以下の運賃が設定されています。出発直前の予約は割引運賃が利用できない場合もあるので、なるべく早めの予約がお得です。

路線の特徴
平日は出張での利用客が増えるものの、旅行客が多い路線です。7~9月のレジャーシーズンは利用者が増える時期で混雑しています。福岡から新潟まで陸路で移動する場合、新幹線や在来線を乗り継いで7時間ほどかかるので、短時間移動が可能な航空便は利便性が高いといえます。

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は国内・海外の主要都市と福岡を結ぶ定期便が発着する九州の空の玄関口です。年間旅客数は2,480万人に達し、アジアを中心としたインバウンド旅行客の利用も増加傾向にあります。国内線ターミナルは2020年にリニューアルが完了し、出発・到着時の旅客導線がこれまで以上にスムーズになり、空港機能も強化されました。ターミナルビル内にはショップやフードコートも充実。博多とんこつラーメンなどご当地グルメも堪能できます。

新潟空港
新潟空港には国内線7路線 (新千歳・成田・中部国際・小牧・伊丹・福岡・那覇) と国際線6路線 (ソウル・上海・ハルビン・ハバロフスク・ウラジオストク・香港) の定期便が発着しています。ハバロフスク・ウラジオストクといった極東ロシアへの直行便も就航し、日本海側にある空港のなかでも重要な役割を果たしています。空港内にはキッズスペースや授乳室もあり小さなお子様連れの旅行にも便利です。空港ターミナル3階のレストランでは新潟たれカツ丼のほか、新潟名物「へぎそば」などご当地グルメも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は市内中心部から5km圏内の市街地にあり、県内各地からのアクセスが便利な空港です。国内線空港ターミナルには市営地下鉄が乗り入れ、博多駅からは2駅 (5分) 、天神駅からは5駅 (11分) で空港駅に到着します。国内線ターミナルのリニューアルによって地下鉄の改札から出発階までそのまま移動できるようになりました。ヤフオクドーム・キャナルシティ博多・バスステーション博多・ヒルトン福岡シーホークといった市内主要スポットから空港まで路線バスが利用できるほか、大牟田、久留米、西鉄柳川からは空港行きの高速バスが出ています。

新潟空港
新潟空港は新潟市内から交通アクセス手段が整備され、JR新潟駅まではバスを利用すれば25分で移動できます。空港からは長岡・会津若松方面への高速バスが出ているほか、佐渡汽船ターミナルや上越方面には乗り合いのジャンボタクシーも出ています。新発田・月岡温泉、瀬波温泉、彌彦神社方面へも空港から直行ライナー (事前予約要) が利用可能です。また車を利用する場合は、空港から新潟空港IC (日本海東北自動車道) までわずか10分の距離で、高速を利用すれば酒田 (山形) ・会津若松 (福島) ・長野・富山方面にもスムーズに移動できます。

(2020年1月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。