地図

福岡 (FUK) 発 - ソウル (SEL・韓国) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

福岡発 - ソウル行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥7,290

直行便航空会社

11

週の便数

142

平均飛行時間、合計距離558 km

1 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

大韓航空 (Korean Air)

ソウル 仁川(インチョン)国際およびソウル 金浦国際

2 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた福岡からソウルまでの最安フライト料金は、¥7,290です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
福岡からソウルまでの平均フライト時間は1 時間 15 分です。
福岡からソウルまでの直行便があるエアラインは、11社あります。
12月時点では、福岡からソウルまでは毎週 142 本のフライトがあります。

福岡からソウル (韓国) 行きのフライト情報

福岡 (FUK) - ソウル (SEL) を就航する主な航空会社・LCC

福岡からソウル行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

航空会社 コード タイプ
ティーウェイ航空 TW LCC
ジンエアー LJ LCC
チェジュ航空 7C LCC
イースター空港 ZE LCC
アシアナ航空 OZ フルサービスキャリア
大韓航空 KE フルサービスキャリア
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
ハーンエア H1 フルサービスキャリア

福岡空港 (FUK) -ソウル 仁川国際空港 (ICN) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

大韓航空アシアナ航空ジンエアーエアソウルチェジュ航空イースタージェットティーウェイ航空

福岡-ソウル 仁川国際空港線は、フルサービスキャリア・LCCあわせて7社が運航しています。大韓航空はスカイチーム (Skyteam) 、アシアナ航空はスターアライアンス (Star Alliance) に加盟し、ソウル経由で世界の主要空港まで乗り継ぎ可能です。ジンエアー・エアソウル・チェジュ航空・イースタージェット・ティーウェイ航空の5社はいずれも韓国のLCCで、格安航空券が利用できます。普通席のみのモノクラスですがフライト時間も短いので、価格重視派の人におすすめです。

定期便の便数

大韓航空:4便、アシアナ航空:3便、ジンエアー:3便、エアソウル:4便、 チェジュ航空:4便、イースタージェット:2便、ティーウェイ航空:2便

フルサービスキャリアが1日7便、LCCが1日15便と便数が多く設定されています。ジンエアーは大韓航空、エアソウルはアシアナ航空の傘下にあり、一部のフライトはコードシェア提携をしているので予約時に運航会社を確認してみましょう。大韓航空便はコードシェア提携によりJAL便名でも利用可能。福岡空港を20~21時台に出発する便もあり、仕事や学校が終わってからでも夜のフライトでソウルまで行けるので便利です。

直行便以外のアクセスルート

福岡からソウルまでは地理的に近いこともあり、片道約1時間30分のフライトです。そのため、直行便を利用するのが最も早くリーズナブルといえます。他の都市でのトランジットは、釜山で韓国国内線に乗り継ぐか、沖縄経由でソウル行きのフライトが利用可能です。

路線の概要・メリット

福岡発-ソウル行き航空券の相場
福岡-ソウル線はシーズナリティによる価格変動があり、夏高冬安傾向にあります。7~9月は往復25,000円前後になりますが、11~12月は安く往復1万円以下の航空券も利用可能です。LCCの就航が多い路線で、タイムセールやバーゲン運賃を利用すれば格安航空券を予約することもできます。大韓航空やアシアナ航空はLCCと比較すると航空券の価格はやや高くなりますが、航空アライアンスの上級メンバーであれば空港ラウンジも利用できるので、短時間でもゆとりのあるフライトを希望する人にはおすすめです。

路線の特徴
ソウルへの旅行客のほか、フルサービスキャリアは出張客の利用も多い路線です。LCCの参入が続き韓国からのインバウンド訪日客も増えています。格安航空券の利用機会が拡大し、ソウルは週末などを利用し、カジュアルな感覚で行ける海外旅行先として人気です。また大韓航空やアシアナ航空のフライトではビジネスクラスも選択可能。ソウル経由で欧米をはじめオセアニア、中東行きのフライトに乗り継ぐ人も利用の多い路線です。

(2018年11月時点の情報)

発着空港の概要

福岡空港
福岡空港は九州で最も規模の大きな空港で、国内線28路線・国際線21路線の定期便が発着しています。内際あわせて年間旅客数は約2,400万人で、羽田・成田・関西国際空港についで国内4位です。LCCの新規就航が続きインバウンド訪日客が増加傾向にあることから、国際線の旅客数は中部国際空港を上回っています。国際線の就航地はアジアがメインですが、グアム・ホノルルのほかヘルシンキへの季節運航便も就航。国内線・国際線ターミナルは滑走路をはさんで分かれているので、両ターミナル間を結ぶ連絡バスが運行しています。福岡空港は2019年4月から民営化され、国際線の就航ネットワークも拡大される見込みです。

ソウル 仁川国際空港・金浦国際空港
ソウルには仁川国際空港金浦国際空港の2つの空港があります。仁川国際空港は韓国最大の空港であると同時に、東アジアのハブ空港としても機能。韓国を代表する航空会社である大韓航空とアシアナ航空は仁川国際空港を拠点とし、アジアだけでなく欧米・オセアニア・中東などへのグローバルな就航ネットワークを展開しています。2018年には新たに第2ターミナルがオープン。大韓航空をはじめスカイチーム (SkyTeam) に加盟する航空会社が発着し、出入国手続きがスムーズにできるよう動線も工夫されています。
金浦国際空港は韓国国内線の発着がメインですが、中国・台湾・日本 (羽田・関西) からの国際線も就航。ソウル市内に近く交通アクセスも便利なことから、ビジネスユースの旅客が多い点が特徴です。福岡空港からはソウル 仁川国際空港への直行便が就航しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

福岡空港
福岡空港は市内中心部から近く、福岡市地下鉄が国内線旅客ターミナルに直接乗り入れています。地下鉄空港線を利用すれば、博多駅から5分、天神駅から11分でアクセス可能。キャナルシティ博多・ヒルトン福岡シーホークからは路線バスも利用できます。小倉・大牟田・久留米など県内の主要都市をはじめ、佐賀・大分・長崎・ハウステンボスからも福岡空港行きの高速バスがあるので便利です。国内線ターミナルと国際線ターミナル間は連絡バスが運行していますが、所要時間が10~15分ほどかかるので時間には余裕をみておきましょう。

ソウル 仁川国際空港
ソウル 仁川国際空港から市内中心部までの主な交通手段は空港リムジンバス・空港鉄道 (A’REX) ・タクシーです。空港リムジンバスは一般のリムジンバスのほか、大韓航空が運営するKALリムジンがあります。KALリムジンバスはソウルの主要ホテルに停車するので便利です。市内のホテルによっては仁川国際空港まで送迎サービスを行っているところもあるので確認してみましょう。また、空港とソウル駅を最短43分で結ぶ空港鉄道 (A’REX) も運行しています。乗り場は空港ターミナルから約5分の交通センターにあり、運行間隔は30~50分。タクシーはメーター制の一般タクシー・模範タクシーのほか、エリアごとの定額制タクシーも利用できます。

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。