地図

広島 (HIJ) 発 - 台北 (TPET) 行きの飛行機・格安航空券の検索

広島発 - 台北行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥32,336

直行便航空会社

2

週の便数

7

平均飛行時間、合計距離1524 km

2 時間 40 分

先月の最も人気の航空会社

チャイナエアライン (中華航空)

台北 台湾桃園国際および台北 松山

2 空港

よくある質問

台北には 2 つの空港があります。台北 台湾桃園国際と台北 松山です。
スカイスキャナーで見つけた広島から台北までの最安フライト料金は、¥32,336です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
広島から台北までの平均フライト時間は2 時間 40 分です。
広島から台北まで直行便を出しているエアラインは、2 社あります。
7月時点では、広島から台北までは毎週 7 本のフライトがあります。

広島から台北行き ルートの基本情報

台北は市内に多くの観光スポットがあり、グルメやショッピングも楽しめることから気軽に行ける海外旅行先として人気があります。また近年はIT産業が発展し、日本からは出張で台北を訪問する人も少なくありません。広島からは台北への直行便が毎日運航。観光・ビジネスともに便利な時間帯が設定されています。

広島-台北 直行便を就航する主な航空会社・LCC

チャイナエアライン (中華航空)

チャイナエアラインは台湾桃園国際空港を拠点とする台湾のフラッグキャリアです。日本国内の主要都市にも乗り入れていますが、中国地方への乗り入れは広島空港のみです。スカイチーム (Skyteam) に加盟し、アライアンスパートナーとのシームレスな乗り継ぎ利用により、29か国161都市へとネットワークを展開。台北経由で欧州やオセアニアへのフライトを利用することもできます。

定期便の便数

チャイナエアライン (中華航空) :1便

広島-台北線は1日1便のデイリー運航。午前中に台北に到着するスケジュールのため、到着後すぐに台北市内の観光をスタートできる便利な時間帯が設定されています。チャイナエアラインはJALとの提携により日本-台湾線の全便でコードシェアを実施し、JAL便名でも予約ができます。

直行便以外のアクセスルート

広島-台北線は週7便のデイリー運航のため、直行便を利用するのが一般的です。ただし朝のフライトのため、もう少し遅い時間に出発したい場合は乗り継ぎ便の利用も検討してみましょう。羽田・沖縄のほか、香港や上海を経由するルートがありますが、選択するフライトによっては台北到着が深夜になる場合もあります。那覇経由の場合は台北行きのフライトにスムーズに接続し、夕方に台北に到着する便も選択可能です。

路線の概要・メリット

広島空港発-空港行き航空券の相場
夏休みは旅行客が増えるためやや相場が高くなるものの、年間を通して航空券の相場が安定している路線です。エコノミークラスの場合、通常期なら往復5万円台が相場になります。乗り継ぎ便を利用したほうが価格が安い場合もありますが台北到着までに6時間ほどかかるので、直行便のほうが時間を有効に活用できるといえます。

路線の特徴
観光だけでなくビジネスで利用する人も多く、年間を通して一定の需要がある路線です。台北に午前中に到着するので、スカイチーム (SkyTeam) のネットワークを利用してアジアの主要都市や欧米にも同日中の乗り継ぎが可能です。広島からは約2時間40分のフライトで、エコノミー・ビジネスの2クラス運航。出張利用客からはビジネスクラスも人気があります

発着空港の概要

広島空港
広島空港は中国地方における拠点空港として機能し、国内線5路線・国際線7路線の定期便が発着しています。国際線はアジアの主要都市と広島を結ぶ7路線が発着していますが、毎日運航しているのは台北と上海の2路線で、広島-台北線は需要が高い路線です。空港は広島県中央部の山間部にあり、空港周辺の県立中央森林公園や日本庭園も緑が多く、飛行機の出発前に散策する人もいます。空港ターミナルは国内線・国際線の出発ロビーが同じフロアにあるので乗り継ぎも便利です。国際線出国待合室内にラウンジ「Maple」があり、ビジネスクラスやスカイチームの上級会員であれば出発前にくつろぐこともできます。

台湾桃園国際空港
台湾桃園国際空港はアジアの主要都市のほかヨーロッパ・オセアニア・北米などグローバルな路線ネットワークを有する台湾最大規模の国際空港です。年間旅客数は4,600万人を超え、日本からも成田・羽田・関西・中部・福岡・新千歳といった主要国際空港をはじめ、地方空港からも台北行きの直行便が就航しています。空港は第1・第2の2つのターミナルから構成されていますが、旅客数の増加に伴い空港機能の強化をはかるため第3ターミナルも建設中です。桃園国際空港は国際線メインで、台湾国内線は台北 松山空港の発着が多いため、両空港間を結ぶバスが運行しています。空港ターミナル内には台湾スイーツや飲茶が楽しめるレストラン、カフェのほか無料のラウンジスペースも多く、到着後の休憩にもおすすめです。

市内中心部-空港間のアクセス方法

広島空港
広島空港は広島市中心部から約40km離れた場所にあり、県内各地からは空港リムジンバスや車を利用してアクセスできます。リムジンバスは、広島駅新幹線口・福山・三原・呉・三次・西条など県内の主要スポットと空港間を運行しています。広島駅新幹線口から空港までの所要時間は約45分、運行間隔は15~20分です。空港は広島県中央部に位置し、高速を利用すれば県内各地からもスムーズに移動できます。空港最寄りのICは山陽自動車道・河内ICで、空港までは約5km、時間にして10分の距離です。空港駐車場は24時間営業のため、始発便・最終便の利用もできます。

台湾桃園国際空港
台湾桃園国際空港から台北都心部までは、桃園MRT・バスが主に利用されています。桃園MRTは第1・第2ターミナルに駅があり、台北駅までの所要時間は快速で約40分です。高鐵桃園駅・台北駅では台灣高鐵 (HSR) に乗り換えられるので、新竹・台中・台南などの主要都市にも移動できます。空港第1・第2ターミナルにはリムジンバスのチケットブースがあり、路線数も豊富です。圓山飯店 (グランドホテル) ・國賓大飯店 (アンバサダーホテル) ・君悦飯店 (グランドハイアット) といった主要ホテルにも停車する路線もあるのでチケット購入時に確認してみましょう。タクシーは空港に乗り入れが許可された正規タクシーを利用するのが安心で確実です。また、交通カード悠遊カード (EasyCard) を購入しておくと、台北市内を移動する際にバスやMRTの料金支払いに利用できます。

(2019年3月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。