地図

東京 羽田 (HND) 発 - ジャカルタ (JKT) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なジャカルタ行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 羽田発 - ジャカルタ行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥32,316

直行便航空会社

2

週の便数

15

平均飛行時間、合計距離5788 km

7 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

ガルーダ・インドネシア航空

ジャカルタ スカルノハッタ国際およびジャカルタ ハリム・ペルダナクスマ国際

2 空港

よくある質問

ジャカルタには 2 つの空港があります。ジャカルタ スカルノハッタ国際とジャカルタ ハリム・ペルダナクスマ国際です。
スカイスキャナーで見つけた東京 羽田からジャカルタまでの最安フライト料金は、¥32,316です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 羽田からジャカルタまでの平均フライト時間は7 時間 30 分です。
東京 羽田からジャカルタまで直行便を出しているエアラインは、2 社あります。
12月時点では、東京 羽田からジャカルタまでは毎週 15 本のフライトがあります。

羽田空港からジャカルタ行き ルートの基本情報

羽田-ジャカルタ線はフルサービスキャリア2社が直行便を開設しています。ジャカルタまでは7時間35分のフライトで、深夜便を利用すればジャカルタには早朝に到着。到着当日から観光やビジネスに時間を有効に使えます。LCCは就航していませんが、運航各社では割引運賃を設定。早期に予約すれば価格の安い航空券も利用可能です。

羽田空港 (HND) -ジャカルタ 直行便を就航する主な航空会社・LCC

ANA (全日空) ガルーダインドネシア航空

ANAとガルーダインドネシア航空は、スカイトラックス (Skytrax) の格付けで世界最高評価の5スターを獲得。快適なキャビンや機内サービスは利用者からの満足度も高く、両社いずれも人気の航空会社です。ANAではジャカルタ線の一部の機材でWi-Fiサービス (有料) も利用可能。プレミアムエコノミークラスを利用できる便もあります。ガルーダインドネシア航空では最新鋭の機材を積極的に導入し、ジャカルタ線ではファースト・ビジネス・エコノミーの3クラス仕様の便も選択可能です。

定期便の便数

ANA (全日空) :2便、ガルーダインドネシア航空:1便

ANAはスターアライアンス (Star Alliance) 、ガルーダインドネシア航空はスカイチーム (SkyTeam) に加盟。ガルーダインドネシア航空ではアライアンスの枠組みを超え、JAL・ANAの両社とコードシェア提携をしています。ガルーダインドネシア航空が運航する羽田-ジャカルタ線はJAL便名でもANA便名でも予約可能。ANAの運航便は朝と深夜のダブルデイリー運航です。

直行便以外のアクセスルート

羽田からジャカルタまでは直行便を利用するのが一般的ですが、アジアの主要空港で飛行機を乗り継ぐこともできます。乗り継ぎ可能な空港としては香港・シンガポール・マニラ・クアラルンプールなどで、ジャカルタ行きのフライトへの接続もスムーズです。クアラルンプール乗り継ぎの場合、LCCの格安航空券も利用できます。

路線の概要・メリット

羽田空港発-ジャカルタ行き航空券の相場
年間を通して航空券の相場が安定している路線で、シーズナリティによる航空券の価格差はそれほど大きくありません。通常期のエコノミークラス往復航空券は68,000~72,000円が相場。夏休みで利用客の増える8月も8万円台で往復航空券を利用できます。予約変更や払い戻しなどに制限はありますが、早期に予約すれば航空券の価格もリーズナブルです。

路線の特徴
インドネシアは急速な経済成長を遂げ日本からの進出企業も多く、ビジネス需要の高い路線です。ANA・ガルーダインドネシア航空ではグレードの高いクラスのサービスにも定評があり、出張利用客からはビジネスクラスも人気があります。

発着空港の概要

羽田空港
羽田空港は日本国内でも最大規模を誇る空港で、国内外の主要都市を結ぶ定期便が発着しています。年間旅客数は8,500万人を超え、世界的にみても旅客数の多い空港です。空港は3つのターミナルから構成され、第2ターミナルの一部は国内線・国際線共用化が進められています。国際線ターミナル (第3ターミナル) は、江戸の街をモチーフにしたショップやレストラン街があり、江戸当時の日本橋を半分のスケールで再現した「はねだ日本橋」は旅行客から人気のスポットです。空港施設は機能性・快適性に優れていることから、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されました。国際線・国内線間の乗り継ぎ利便性もよく、ターミナル間の移動も連絡バスを利用できます。国際線ターミナル (第3ターミナル) 内には24時間営業のコンビニやカフェ、レストランもあるので便利です。

スカルノ・ハッタ国際空港
スカルノ・ハッタ国際空港は、インドネシアの首都ジャカルタ郊外にある同国で最大規模の空港です。ガルーダインドネシア航空、LCCのライオン・エア、シティリンクはスカルノ・ハッタ国際空港を拠点とし、路線ネットワークを展開しています。空港は3つのターミナルから構成されターミナル1は国内線、ターミナル2・3は国内線・国際線便が発着し、アジア・中東・ヨーロッパなどの航空会社45社が乗り入れています。エアアジアグループはターミナル2、ガルーダインドネシア航空はターミナル3を使用。ターミナル内にはショップやレストランが充実し、日本でもおなじみのチェーン店やおしゃれなカフェもたくさん出店しています。スパも利用できるので、出発前や乗り継ぎの待ち時間も退屈することはありません。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港は都心部から約20kmに位置し、首都圏各地からの交通利便性の高い空港です。空港ターミナルと東京モノレール・京浜急行の空港駅が直結し、浜松町駅・品川駅からは30分ほどで空港駅にアクセス可能。空港リムジンバスは路線数が多く、都心部の主要ホテルや東京・新宿・渋谷・池袋・品川・横山・大宮などのターミナル駅から空港行きのバスに乗車できます。スーツケースなど荷物が多い場合も移動の負担が少なく便利です。車の場合は、首都高速道路湾岸線・空港中央出入口、湾岸環八出口を出てから空港ターミナルにすぐに到着します。国際線駐車場24時間営業で収容台数も3,000台と余裕がありますが、混雑する時期は羽田空港のWebサイトから事前予約をしておくと安心です。

スカルノ・ハッタ国際空港
スカルノ・ハッタ国際空港はジャカルタ市内中心部から約25km北西に位置しています。空港から市内中心部までの主な交通手段は、バス・タクシー・レンタカーです。ブロック・エム (BlokM) ・ガンビル駅 (Gambir) ・マンガ・ドゥア (ManggaDua) といったジャカルタの主要スポットまで15~30分間隔でバスが出発しています。バスステーション (shelter bus) にバスのチケットカウンターがあり、各方面へのチケットを購入できます。タクシーを利用する場合、ブルーバード、エキスプレス、シルバーバードといったタクシー会社は利用者から評判もよく、料金トラブルもほとんどありません。ブルーバードとエキスプレスはメーター制、シルバーバードは定額制タクシーです。またブルーバードでは、スカルノ ハッタ空港からジャカルタ市内までの送迎サービスを行っています。日本国内に予約窓口があり、電話やインターネットから日本語で事前予約できるので便利です。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。