地図

羽田空港発 - 松山空港 (愛媛) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な松山行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 羽田発 - 松山行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥17,913

直行便航空会社

3

週の便数

90

平均飛行時間、合計距離674 km

1 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

松山

1 空港

よくある質問

松山には 1 つの空港があります。松山です。
スカイスキャナーで見つけた東京 羽田から松山までの最安フライト料金は、¥17,913です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 羽田から松山までの平均フライト時間は1 時間 25 分です。
東京 羽田から松山まで直行便を出しているエアラインは、3 社あります。
11月時点では、東京 羽田から松山までは毎週 90 本のフライトがあります。

羽田空港 (HND) -松山空港 (MYJ) を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JALとANAはスカイトラックス (Skytrax) の格付けで、5スターエアラインを獲得。機内サービスはもちろん、空港や予約なども含め顧客満足度の高いサービスを提供していることが評価されています。JALは高級感のある革張りシートのJAL SKY NEXT機材で運航。機内Wi-fiサービスの利用が可能で、インターネット接続によりフライト中もエンターテイメントサービスも楽しめます。ANAは大型機材のボーイング777-200機を導入。405席と座席数も多く、プレミアムクラスも利用可能です。羽田空港の国内線は発着枠に制限があることから、LCCの定期便は就航していません。ジェットスタージャパンが成田-松山線を運航しています。

定期便の便数

JAL (日本航空) :6便、ANA (全日空) :6便

JAL・ANAともに6便ずつの運航で朝9時前に松山に到着する便もあり、観光・ビジネスともに松山での滞在時間を有効に使えます。羽田からは約1時間35分のフライトです。

直行便以外のアクセスルート

羽田空港から松山行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。羽田を出発し伊丹空港を経由するルートもありますが、乗り継ぎ時間も含めると2時間30分~3時間以上の時間がかかります。直行便のほうが短時間で移動できるうえ、航空券代も節約可能です。

路線の概要・メリット

羽田空港発-松山空港 (愛媛) 行き航空券の相場
羽田-松山線は価格の変動があまり大きくなく、年間を通して航空券の相場は17,000円前後です。航空会社では早期購入割引運賃を設定しているので、割引率の高い運賃は15,000円前後まで価格が下がります。割引運賃はフライトごとの需要動向や残席予測に基づいて運賃が設定され、時間帯や便によっても価格が異なり、夕方から夜にかけて出発する便はやや運賃が高くなります。

路線の特徴
松山は夏目漱石の『坊っちゃん』の舞台でもあり、日本最古の温泉として知られる道後温泉などたくさんの観光名所があります。年間を通して温暖な気候のため首都圏からの旅行者が多く、松山空港の旅客数全体のうち約55%を羽田-松山線の利用者が占め、年間旅客数は約77万人です。新居浜・西条は工業、今治は造船とタオル産業などが発展していることから、ビジネス客も多い路線です。東京から高速バスや鉄道といった交通手段もありますが、航空便のほうが短い移動時間で、リーズナブルな運賃も設定されているので、飛行機を利用するメリットの多い路線です。時間帯や天候、座席の位置にもよりますが、機内の窓からは富士山や伊勢湾、大阪湾、琵琶湖の景色を楽しめます。

発着空港の概要

羽田空港
羽田空港は年間旅客数が国内線・国際線8,500万人を超え、世界で5番目に旅客数の多い空港です。国内線の発着がメインの空港でしたが、2010年に国際線ターミナルがオープンしてからは国際線ネットワークも拡充し、国内線は48路線・国際線は31路線の定期便が就航しています。スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに5年連続で選出され、機能的かつ利便性の高い施設だけでなくクオリティの高いサービスも評価されています。都心部からはモノレールや鉄道 (京急) 、リムジンバス、タクシーなどアクセス手段も多く便利です。JAL (日本航空) ANA (全日空) はそれぞれ空港ラウンジを開設し、最終便出発まで営業。ANAでは事前予約をすれば搭乗クラスに関わらず有料でラウンジを利用できます。

松山空港
松山空港は四国にある空港のなかで最も旅客数が多く、2017年度の年間旅客数は開港から初めて300万人を超えました。国内線は東京 (羽田・成田) 、大阪 (伊丹・関西) 、札幌、福岡をはじめ全部で9路線が就航しています。空港から市内中心部のJR松山駅や松山市駅まではリムジンバスを利用すると約15~20分で移動可能。松山市駅からは伊予鉄 (市内線・郊外線) に乗り換え可能です。空港旅客ターミナルにある「Orange BAR」では蛇口から出てくるみかんジュースが松山空港名物として知られ、観光客から人気があります。空港内には愛媛名産品でもある今治タオルの公式ショップもあり、労研饅頭やじゃこ天などのご当地グルメなどのお土産も人気があります。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港はモノレール・鉄道・リムジンバス・タクシーなど都心部からの交通手段が多く、アクセス便利です。銀座・新宿・池袋・渋谷の主要ホテルや首都圏のターミナル駅から空港までリムジンバスが運行しています。東京ディズニーリゾートや横浜みなとみらい地区からも羽田空港行きの路線もあります。モノレール空港快速に乗車すると空港ターミナルまで最短18分で到着。モノレールは利用する航空会社によって空港第1ビル・第2ビルに停車駅が異なります。品川駅から京急エアポート快特に乗車すれば国内線ターミナルまでの所要時間は最短16分。品川駅は新幹線のほかJR東海道線、横須賀線も停車するので、湘南や熱海方面からも品川で京急に乗り換えれば空港までスムーズに移動できます。

松山空港
松山空港から市内中心部までは比較的近く、空港リムジンバスを利用すればターミナル駅であるJR松山駅や松山市駅までは約15~20分で到着します。空港リムジンバスは予約不要で、航空便の到着時間にあわせて出発しています。松山市駅から伊予鉄 (市内電車・郊外電車) を利用すれば市内各地にも移動可能。JR松山駅からJR予讃線に乗り換えれば、新居浜・西条・今治・四国中央市へのアクセスも便利です。空港から県内各地へは約1時間~1時間40分ほどで移動できます。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。