地図

大阪 伊丹 (ITM) 発 - ソウル (SELA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

大阪 伊丹発 - ソウル行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥26,885

直行便航空会社

0

平均飛行時間、合計距離848 km

3 時間 55 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

ソウル 仁川(インチョン)国際およびソウル 金浦国際

2 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた大阪 伊丹からソウルまでの最安フライト料金は、¥26,885です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪 伊丹からソウルまでの平均フライト時間は3 時間 55 分です。
大阪 伊丹からソウルへの直行便を出しているエアラインはありません。
7月時点では、大阪 伊丹からソウルまでのフライトはありません。

大阪 伊丹空港からソウル行き ルートの基本情報

伊丹空港には日本国内線のみが発着しているので、ソウルまでは関西国際空港発の直行便を利用するのが一般的です。そのほかにも国内・海外の主要空港で飛行機を乗り継ぐことによりソウルまでアクセスできます。

大阪 伊丹空港 (ITM) -ソウル 乗り継ぎルートと航空会社・LCC

福岡乗り継ぎ
伊丹-福岡  JAL (日本航空) ANA (全日空)
福岡-ソウル 大韓航空アシアナ航空チェジュ航空ジンエアーイースタージェットティーウェイ航空エアソウル

伊丹空港を出発後、福岡空港で国内線からソウル行きのフライトに乗り継げます。福岡-ソウル線は就航航空会社が多く、フライトの選択肢が幅広く便利です。福岡空港発着便はLCCのフライトが充実し、ソウルまでは5時間15分~6時間ほどのフライトです。なお、福岡-ソウル線でLCCを利用する場合は、福岡で荷物の預け直しが必要になるので、乗り継ぎ時間には余裕をみておきましょう。

定期便の便数

福岡乗り継ぎ
伊丹-福岡  JAL (日本航空) :3便、ANA (全日空) :6便

福岡-ソウル 大韓航空:3便、アシアナ航空:3便、チェジュ航空:4便、ジンエアー:4便、イースタージェット:2便、ティーウェイ航空:2便、エアソウル:1便

大韓航空はJALと、アシアナ航空はANAとコードシェア提携をしています。JAL・ANAの国内線からコードシェアが設定されている国際線フライトへの接続もスムーズです。LCCのフライトが多いので選択可能なフライトパターンも豊富。スケジュールや予算にあわせて、格安航空券を利用できます。

その他のアクセスルート

関西国際空港より、ソウル 仁川国際空港・金浦国際航空の両空港への直行便が就航しています。そのため伊丹空港から出発するよりも、関西発の直行便のほうが安い航空券を利用できる場合があります。伊丹空港発の場合は、福岡空港のほか羽田・鹿児島・宮崎などでの乗り継ぎが可能です。

路線の概要・メリット

大阪 伊丹空港発-ソウル行き航空券の相場
連休や夏休みなど旅行客が増える時期は航空券の価格が高くなります。伊丹空港から乗り継ぎ便を利用してソウルまで行く場合、通常期のエコノミークラス往復航空券は33,000~36,000円台が相場です。関西国際空港発の直行便を利用すると、航空券の価格が2万円近く安くなるのでお得です。

路線の特徴
大阪からソウルまでは旅行・ビジネスに人気の路線です。伊丹からは直行便が就航していないので、関西発の直行便もしくは他の空港での乗り継ぎ便のいずれかを選択できます。ソウルまではLCCのフライトが充実しているので、格安航空券を利用しやすい路線です。

発着空港の概要

伊丹空港
伊丹空港は国内線33路線 (季節運航便を含む) の定期便が発着し、年間旅客数は約1,500万人です。関西国際空港と伊丹空港は大阪のマルチエアポートに設定され、空港間での相互利用が認められています。旅行やビジネスの都合にあわせて (往路) 羽田-伊丹、 (復路) 関西-羽田といった旅程を組むことも可能。大阪市内中心部にも近く、出張などビジネスでの利用客が多いのも特徴です。旅客ターミナルは全面的にリニューアルが進められ、出発・到着時の旅客導線がスムーズになり利便性が向上しました。2019年にはJAL・ANAのラウンジもリニューアルオープン。2025年大阪万博の開催にむけて空港機能の強化が進められ、空港全体もスタイリッシュな雰囲気に生まれ変わりつつあります。

仁川国際空港・金浦国際空港
仁川国際空港金浦国際空港は、ソウルと国内外の主要都市とを結ぶ定期便が発着する二大空港です。仁川国際空港は韓国最大規模を誇り、東アジアのハブ空港としても重要な役割を果たしています。ソウルで飛行機を乗り継いでヨーロッパ・中東・オセアニアへのフライトを利用する人も多く、乗り継ぎの利便性も高い空港です。2018年には第2ターミナルがオープンし、自動チェックイン機や自動手荷物預け機が設置され、出発時の混雑も緩和されました。金浦国際空港は国内線の発着がメインですが、日本・中国・台湾からの国際線も就航しています。韓国国内線の済州島・釜山・大邱行きのフライトへの乗り継ぎも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

伊丹空港
伊丹空港は大阪市内中心部から15kmに位置し、関西主要都市へのアクセスが便利な空港です。空港の正面にモノレールの駅があり、1駅となりの蛍池駅で阪急線に乗り換えられます。阪急線を利用すれば、梅田まで約30分でアクセスできるだけでなく、京都・三宮・西宮・宝塚方面にもアクセス可能です。空港リムジンバスは路線数が多く、大阪駅 (梅田) ・なんば・あべの橋 (天王寺) ・上本町のほか、阪神甲子園駅・阪急西宮北口駅にも運行しています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™行きのリムジンバスも利用できるので、レジャーにも利用できます。到着ロビーには国内主要レンタカー会社の案内所もあります。阪神高速道路11号池田線・大阪空港出入口が空港最寄りのインターチェンジです。

仁川国際空港・金浦国際空港
仁川国際空港金浦国際空港はいずれも交通利便性が高く、ソウル中心部までの主な交通手段は、空港鉄道 (A’REX) ・リムジンバス・タクシーです。A’REXはソウル駅と仁川・金浦国際空港を結ぶ空港鉄で、ノンストップ便 (直通列車) を利用すれば仁川国際空港まで約60分で到着。各駅停車 (一般列車) は金浦国際空港にも停車します。リムジンバスはソウル駅・明洞・東大門・南大門市場といったソウル市内の主要スポットまで運行。仁川国際空港からは大韓航空が運営するKALリムジンバスを利用すると主要ホテルにも停車するので観光にも利用できます。またソウル市内の地下鉄やバスなどの料金支払いに利用できるプリペイド式交通カード「T-money」カードを購入しておくと、コンビニでの支払いにも使えます。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。