地図

名古屋 (愛知) 発 - ソウル (SEL・韓国) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

名古屋発 - ソウル行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥10,161

直行便航空会社

8

週の便数

54

平均飛行時間、合計距離958 km

1 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

大韓航空 (Korean Air)

ソウル 仁川(インチョン)国際およびソウル 金浦国際

2 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた名古屋からソウルまでの最安フライト料金は、¥10,161です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
名古屋からソウルまでの平均フライト時間は1 時間 25 分です。
名古屋からソウルまで直行便を出しているエアラインは、8 社あります。
12月時点では、名古屋からソウルまでは毎週 54 本のフライトがあります。

名古屋 (愛知) からソウル (韓国) 行きのフライト情報

名古屋 (愛知) からソウル (SEL・韓国) 行き ルートの基本情報

名古屋からソウルまでは中部国際空港 (セントレア) から仁川国際空港行きの直行便が就航しています。 小牧空港 (県営名古屋空港) は国内線のみの発着となるため、福岡空港で国際線に乗り継ぐことによりソウルまでアクセスできます。中部国際空港 (セントレア) からはLCCのフライトも多く、格安航空券を利用できます。

名古屋-ソウル 直行便を就航する主な航空会社・LCC

大韓航空アシアナ航空チェジュ航空ティーウェイ航空 (t'way)

大韓航空とアシアナ航空は日本への就航路線も多く、世界各国に就航路線を展開するフルサービスキャリアです。スカイトラックス (Skytrax) の格付けでは大韓航空が4スター、アシアナ航空が最高ランクの5スターを獲得。チェジュ航空とティーウェイ航空はソウルを拠点する韓国のLCCで、格安航空券を利用できます。ティーウェイ航空では自分の座席のすぐ隣りの席とあわせて2席確保できるサービス (有料) があり、プライベートなスペースが確保できるのでフライト中も快適です。

定期便の便数

大韓航空:1~2便、アシアナ航空:2便、チェジュ航空:1~2便、ティーウェイ航空 (t'way) :2便

コードシェア提携により大韓航空便はJAL便名、アシアナ航空便はANA便名でも予約可能です。LCCは需要動向に応じたダイヤ編成で、曜日によって発着時間が異なったり、一時的に運休になることもあるので最新ダイヤを確認しましょう。

直行便以外のアクセスルート

名古屋からソウルまでは、中部国際空港 (セントレア) 発の仁川国際空港行きのフライトを利用するのが一般的です。福岡または釜山で飛行機を乗り継ぐ場合、金浦国際空港行きの便を利用することもできます。小牧空港は国内線のみの発着ですが、福岡空港でソウル行きの便に接続。ソウル到着までは5時間以上を要するので、時間に制約がある場合は中部国際空港 (セントレア) 発の直行便のほうが便利です。

路線の概要・メリット

中部国際空港 (セントレア) -仁川国際空港 (ICN) 行き航空券の相場
週末や大型連休は相場が高くなりますが、平日はリーズナブブルな航空券を利用できます。エコノミークラスの航空券は、片道12,000~13,000円、往復23,000円前後が相場。フルサービスキャリアでも早期に予約をすれば、割引率の高い運賃が適用されます。LCCでは需要動向に基づいた運賃を設定し混雑状況によって価格が変動するので、プライスアラート機能を利用すれば予算に応じた航空券を見つけることも可能です。

路線の特徴
名古屋からソウルまでは直行便で2時間15分のフライト。短時間で移動できるので、週末や連休は旅行客で混雑する路線です。韓国からのインバウンド利用客にも人気の路線で、便数も多く設定されています。大韓航空・アシアナ航空のフライトはビジネスクラスも選択可能。ゆとりのあるシートや機内食などのサービスも充実しているので、出張利用客に人気があります。

発着空港の概要

中部国際空港 (セントレア)
中部国際空港 (セントレア) は成田空港・関西国際空港とならび国際拠点空港と位置づけられ、名古屋と海外33都市を結ぶ路線が発着しています。2019年には国内線・国際線一体の新ターミナルもオープン。増加傾向にある航空需要に対応し利便性の向上をはかっています。メインターミナルは国内線と国際線が同じフロアにあるため乗り継ぎも便利で、チェックインカウンターから搭乗ゲートまでは上下階の移動なしにアプローチが可能です。機能的で快適な空港ターミナルは利用者の満足度も高く、スカイトラックス (Skytrax) のリージョナルエアポート部門で5スターエアポートを獲得。空港内には飛行機が見える展望風呂やアミューズメント施設「FLIGHT OF DREAMS」も併設され、ショッピングやダイニングなど飛行機出発までさまざまな過ごし方ができます。

仁川国際空港
仁川国際空港は世界各国の主要都市からの定期便が発着する韓国最大規模の国際空港です。韓国の首都ソウルの玄関口であるとともに東アジアを代表するハブ空港としても機能しています。日本からはソウル経由で中東・ヨーロッパ・オセアニア行きのフライトを利用する人も少なくありません。大韓航空・アシアナ航空は仁川国際空港を拠点空港とし、路線ネットワークを展開。2018年にオープンした第2ターミナルは自然と調和したスタイリッシュなデザインで、大韓航空をはじめスカイチーム (SkyTeam) の加盟航空会社便が発着しています。出発ロビーには自動チェックイン機や自動手荷物預け機が設置され、スマートかつスムーズな導線で利便性が向上しました。24時間空港のため、シャワールームや仮眠ができるカプセルホテルも併設されています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

中部国際空港 (セントレア)
中部国際空港 (セントレア) は名古屋市の中心部から約35km南に位置し、愛知県内をはじめ東海地区の主要都市からのアクセスが便利な空港です。名古屋駅から名鉄ミュースカイを利用した場合、最短28分で空港に到着します。名古屋駅では新幹線・地下鉄・名鉄・近鉄から名鉄ミュースカイに乗換可能です。空港バスは名古屋中心部のほか、三河地区・三重・静岡方面からも運行している路線があります。また海上空港という立地条件にあることから伊勢湾を横断する高速船も利用可能です。車の場合は、知多横断道路・中部国際空港連絡道路 (セントレアライン) を利用すると、空港までスムーズにアクセスできます。

仁川国際空港
仁川国際空港はソウル市内へのアクセス手段は鉄道 (A’REX) ・リムジンバス・タクシーです。A’REXは第1・第2ターミナルに駅があり直通電車 (ノンストップ便) を利用すればソウル駅まで約50分で移動可能。一般電車 (各駅停車) では金浦空港に停車するほか、途中駅では地下鉄にも乗り換えられます。空港リムジンバスを利用する場合は、ソウル市内の主要ホテルに停車し、市庁方面・南山方面・江南方面・ウォーカーヒル方面の各路線が利用可能です。タクシーを利用する場合はやや料金が高くなりますが、サービスに定評がある模範タクシーやインターナショナルタクシーがおすすめ。空港に到着したらソウル市内の公共交通機関で利用可能な交通系ICカード「T-moneyカード」を購入しておきましょう。バスや地下鉄を利用する際に都度料金を支払う必要がないので、移動もスムーズです。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。