地図

新潟 (KIJ) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な沖縄行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

新潟発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥23,003

直行便航空会社

2

週の便数

7

平均飛行時間、合計距離1694 km

2 時間 55 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

沖縄 那覇

1 空港

よくある質問

沖縄 那覇には 1 つの空港があります。沖縄 那覇です。
スカイスキャナーで見つけた新潟から沖縄 那覇までの最安フライト料金は、¥23,003です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
新潟から沖縄 那覇までの平均フライト時間は2 時間 55 分です。
新潟から沖縄 那覇まで直行便を出しているエアラインは、2 社あります。
11月時点では、新潟から沖縄 那覇までは毎週 7 本のフライトがあります。

新潟から沖縄 那覇行き ルートの基本情報

新潟から沖縄 那覇までは直行便が1日1便就航しています。ただし、6~9月は直行便が運休になりますが、夏のレジャーシーズンは乗り継ぎ便が利用可能です。乗り継ぎ可能な空港も多く、スケジュールにあわせて都合の良いフライトを選択できます。那覇到着までは、空から屋久島・種子島・奄美大島など奄美群島の景色を楽しめるのも魅力です。

新潟-沖縄 那覇 直行便を就航する主な航空会社・LCC

ANA (全日空)

ANA (全日空) は2018年冬ダイヤより国内線の運賃体系をリニューアルし、夏・冬ダイヤの確定後から予約ができるようになりました。予約受付期間が大幅に拡大され、連休や夏休みの計画も立てやすく早期に予約できます。また早期に予約すれば割引率が高い運賃が適用されるのでお得です。

定期便の便数

ANA (全日空) :1便 (6月1日~9月30日を除く)

ANAでは1日1便、新潟から沖縄 那覇行きの直行便を運航していますが、6~9月は運休となるため名古屋 (中部) ・伊丹・福岡での乗り継ぎ便を利用します。午前発の場合は中部・伊丹で乗り継ぐと13時すぎに那覇に到着。到着当日から那覇や沖縄でのレジャーを楽しめます。

直行便以外のアクセスルート

新潟から沖縄 那覇までは直行便を利用するのが一般的です。直行便は1日1便の運航のため、国内主要空港で飛行機を乗り継ぐこともできます。名古屋 (中部国際) ・伊丹・福岡空港を経由するルートがあり、沖縄 那覇までの所要時間は最短で4時間10分。選択するフライトにもよりますが、5~6時間ほどかかる場合もあります。新潟空港を19時以降に出発する便を利用する場合、同日中の乗り継ぎができないケースもあるので、航空券を検索する際にスケジュールを確認してみましょう。

路線の概要・メリット

新潟発-沖縄 那覇行き航空券の相場
年間を通して安定した需要のある路線ですが、早期購入割引運賃を利用すれば比較的リーズナブルな価格の航空券を利用できます。通常期の往復航空券は直行便利用の場合、23,000~27,000円が相場です。乗り継ぎ便利用の場合は35,000~38,000円が平均的な価格になります。

路線の特徴
沖縄が梅雨明けになり本格的なレジャーシーズンを迎える夏は直行便が運休となるため、乗り継ぎ便を利用します。乗り継ぎ便も選択するフライトによって満席になる便もあるので、早めの予約がおすすめです。直行便の場合は沖縄 那覇空港到着まで2時間55分のフライト。直行便が就航する秋から冬の期間は、航空券の相場も比較的安く、沖縄ではゴルフやトレッキング、ホエールウォッチングなどのアクティビティが楽しめるのでおすすめです。

発着空港の概要

新潟空港
新潟空港は日本海側の北陸地方における主要空港のひとつで、国内線8路線・国際線6路線の定期便が発着しています。国内線は札幌・成田大阪・名古屋・福岡・沖縄といった国内主要空港と新潟を結ぶ路線が就航。2018年にはLCCが初就航し関西-新潟線も開設されました。格安航空券の利用機会も広がり20~30代の若年層の利用が増え、年間旅客数は116万人を超えています。空港ターミナル内ではFree Wi-Fiによる通信環境も整備され、旅行先の情報収集や仕事上の連絡もスムーズです。空港内のエアリウムラウンジはビジネス・カジュアル・リラックスの3つのスペースに分けられ、目的に応じてさまざまな過ごし方ができます。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は国内航空輸送における基幹空港のひとつで、国内線32路線・国際線15路線の就航ネットワークを展開しています。国内線は国内主要都市と那覇を結ぶ路線のほか、石垣島・宮古島・久米島といった沖縄離島路線のネットワークも充実。先島諸島への乗り継ぎ空港として那覇空港を利用する人も多く、沖縄本島・先島諸島地域における拠点空港としても機能しています。2019年3月には「際内連結ターミナル」がオープンし、LCCのチェックインカウンターが設置されました。ターミナル内のフードコートやレストラン街も店舗が増え、沖縄のローカルフードが味わえるお店は旅行客から人気があります。ショッピングモールの「YUINICHI St. (ユイニチストリート) 」ではセンスの良い雑貨を取り扱ったショップも多く、出発前や到着後の時間も楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

新潟空港
新潟空港は新潟市中心部から直線距離で約7kmと近く、交通利便性の高い空港です。新潟駅 (南口・万代口) から空港まではリムジンバス・路線バスが運行し、空港まで25~33分で到着します。新潟駅南口発のリムジンバスは20~30分間隔で運行しているので便数も多く便利です。上越方面 (直江津・高田駅・上越インター) からは空港行きの乗り合いタクシー (事前予約制) も利用できます。また新潟港佐渡汽船ターミナルからは定員9名のミニライナーが1日に4便運行。空港までの所要時間は約25分です。空港最寄りのICは日本海東北自動車道・新潟空港ICで、酒田市 (山形県) ・会津若松市 (福島県) ・長野市 (長野県) など近接する他県の主要都市からもスムーズにアクセスできます。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は那覇市中心部から5km圏内にあり、観光・ビジネスに便利です。空港ターミナルとモノレール (ゆいレール) の乗り場が連絡通路でつながっていて、那覇市内の主要スポットまでスムーズにアクセスできます。空港から終点首里駅までの所要時間は約27分。途中、旭橋駅・県庁前駅・おもろまち駅などに停車します。空港から本島中北部 (宜野湾市・北谷町・読谷村・恩納村・名護市・本部町) の主要リゾートホテルへはリムジンバスが運行しているので、便利です。レンタカーも島内を自由に移動できるので人気があります。到着ロビーの正面に主要レンタカー会社の送迎車乗り場がありますが、夏休みや連休は混雑するので早めの予約がおすすめです。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。