地図

新潟 (KIJ) 発 - ソウル (SEL) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

新潟発 - ソウル行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥23,710

直行便航空会社

2

週の便数

3

平均飛行時間、合計距離1100 km

2 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

大韓航空 (Korean Air)

ソウル 仁川(インチョン)国際およびソウル 金浦国際

2 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた新潟からソウルまでの最安フライト料金は、¥23,710です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
新潟からソウルまでの平均フライト時間は2 時間 15 分です。
新潟からソウルまで直行便を出しているエアラインは、2 社あります。
10月時点では、新潟からソウルまでは毎週 3 本のフライトがあります。

新潟からソウル行き ルートの基本情報

ソウルには仁川国際空港と金浦国際空港の2つの空港がありますが、新潟からは仁川国際空港行きの直行便が週3便運航しています。乗り継ぎ便を利用すれば、LCCのフライトも選択可能。また早期に予約をすれば、割引率の高い格安航空券でソウルへの旅が楽しめます。

新潟-ソウル 直行便を就航する主な航空会社・LCC

大韓航空

大韓航空はソウル 仁川国際空港を拠点にグローバルにネットワークを展開する韓国のフラッグキャリアです。スカイチーム (SkyTeam) に加盟し、アライアンスパートナーとのコードシェア、マイレージ提携、空港ラウンジの共有など利便性の高いサービスを提供しています。機内や空港でのサービスにも定評があり、スカイトラックス (Skytrax) の格付けでは4スターを獲得し、東アジアを代表するエアラインのひとつです。新潟-ソウル線はエコノミー・プレステージ (ビジネス) の2クラス仕様で、出張利用客からはゆとりのあるプレステージシート (ビジネスクラス) も人気があります。

定期便の便数

大韓航空:週3便 (火・木・土)

大韓航空1社のみの運航ですが、コードシェア提携によりJAL便名でも航空券を予約できます。日本-韓国路線でマイレージの相互積算も可能になりました。お昼のフライトでソウルには15時台に到着するので、乗り継ぎや観光にも便利な時間帯が設定されています。

直行便以外のアクセスルート

新潟からソウルまでは直行便を利用するのが一般的ですが、運航便がない日は乗り継ぎ便も利用可能です。関西国際空港・新千歳空港・福岡空港でのソウル行きのフライトに乗り継げますが、ソウル到着まで最短で5時間15分かかります。関西国際空港で乗り継ぐ場合は、新潟-関西-ソウルの全区間で、LCCのフライトを利用することも可能です。

路線の概要・メリット

新潟発-ソウル行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行客が増えるため航空券の相場がやや高くなりますが、シーズナリティによる価格差はそれほど大きくありません。直行便はフルサービスキャリアのフライトですが、早期に予約をすればリーズナブルな運賃を利用できます。通常期のエコノミークラス往復航空券は27,000円台が相場です。混雑する時期になると往復32,000円前後まで価格がアップします。

路線の特徴
新潟・ソウルともに観光資源の豊富な都市で、旅行客の利用がメインの路線です。直行便の場合、ソウルまでは2時間15分と比較的短時間で移動できることから、連休や週末を利用した海外旅行先として安定した人気があります。また韓国から新潟県のスキー場や温泉を訪問する旅行客も多く、期間限定で増便になる場合もあるので、航空券を検索する際にスケジュールをチェックしてみましょう。

発着空港の概要

新潟空港
新潟空港は日本海側・北陸地方における主要な空港のひとつで、年間旅客数は100万人を超えています。国内線は8路線・国際線6路線 (季節運航・チャーター便を含む) が就航し、2018年には初めてLCCが乗り入れ、関西-新潟線を開設しました。国際線は東アジアの主要都市と新潟を結ぶ定期便のほか、ハバロフスク、ウラジオストクといったロシア極東都市への季節運航便も発着。空港内は新潟たれカツ丼やへぎそば、新鮮なネタが自慢の寿司店などがあり、新潟ならではのグルメも味わえます。エアリウムラウンジはビジネス・カジュアル・リラックスの3つのエリアに分かれ、出発前や到着後にゆったりくつろげます。

仁川国際空港
仁川国際空港は韓国のなかで最も規模の大きな国際拠点空港であるとともに、東アジアを代表するハブ空港のひとつです。国際線の発着がメインで世界各国の主要空港とソウルを結ぶ定期便のほか、日本国内の主要空港からの直行便も就航しています。2018年に新しく第2ターミナルがオープン。明るく開放的で自然とも調和した設計で、大韓航空をはじめスカイチーム (SkyTeam) 加盟航空会社が乗り入れています。空港は機能性・利便性に優れていることから、スカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアポートを獲得。空港ターミナル内には仮眠施設やシャワールームなどの設備も充実し、乗り継ぎ利用時にも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

新潟空港
新潟空港は新潟市内から10km圏内にあり、ビジネスや観光に便利な立地条件です。新潟駅 (南口・万代口) と空港を結ぶバスが運行し、空港到着までの所要時間は25~35分が目安。上越方面 (直江津・高田駅・上越インター) から空港までは乗り合いタクシーが利用できます。また新潟港佐渡汽船ターミナルからは空港まで約25分で移動できるミニライナー (乗り合いバン・予約不要) が1日4便運行。車の場合は日本海東北自動車道・新潟空港ICが最寄りのICで、空港までは約10分で到着します。また酒田市 (山形県) ・会津若松市 (福島県) ・長野市 (長野県) といった近接する主要都市からも高速を利用すれば空港までのアクセスも便利です。

仁川国際空港
仁川国際空港はソウル市内中心部から約60km近く離れていますが、交通利便性の高い空港です。空港鉄道 (A'REX) 、仁川国際空港とソウル駅を結ぶ鉄道で、第1・第2ターミナルに乗り場があります。空港から終点ソウル駅までは、ノンストップの直通電車を利用すれば最短43分で到着します。各駅停車は金浦国際空港に停車するので、仁川・金浦間の空港移動を伴う乗り継ぎも便利です。バスを利用する場合は、ソウル市内の主要ホテルに停車するKALリムジンバスが便利です。タクシーはメーター制の一般タクシーのほか、サービスに定評があるインターナショナルタクシーや模範タクシーも利用可能です。またソウルプリペイド式交通カード「T-moneyカード」を購入すると、市内のバスや地下鉄などの公共交通機関を利用する際に大変便利です。

(2019年4月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。