大阪 関西国際発⇒上海行き
出発日
帰国日

大阪 関西国際 (KIX) 発 - 上海 (CSHA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

大阪 関西国際発 - 上海行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥19,287

直行便航空会社

9

週の便数

141

平均飛行時間、合計距離1329 km

2 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

中国東方航空

浦東(プドン)国際および虹橋(ホンチャオ)

2 空港

関西国際空港から上海行き ルートの基本情報

上海には浦東国際空港虹橋国際空港の2つの空港があり、関西国際空港発の上海行き直行便はすべて浦東国際空港に着陸します。1日18便と便数も多く設定されているので、フライトの選択肢が幅広く便利です。

関西国際空港 (KIX) -上海 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) 中国国際航空 (エアチャイナ) 中国東方航空中国南方航空吉祥航空上海航空春秋航空ピーチ (peach)

JAL・ANAをはじめ、フルサービスキャリアとLCCあわせて9社が運航しています。中国国際航空 (エアチャイナ) ・中国東方航空・中国南方航空は、中国の四大航空グループを構成し、グローバルにネットワークを展開。中国国際航空はANAと同じくスターアライアンス (Star Alliance) に加盟し、相互にコードシェアを実施しています。中国東方航空は上海航空を傘下に置く一方で、アライアンスの枠組みを超えてJALともコードシェア提携し、日本・中国の国内線への乗り継ぎも便利です。上海を拠点とする吉祥航空は、低価格運賃でフルサービスキャリアと同等のサービスを提供。春秋航空とピーチはLCCならではの格安航空券が魅力で、手荷物許容量のオプションなど必要なサービスを選択できます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :2便、ANA (全日空) :2便、中国国際航空 (エアチャイナ) :3便、中国東方航空:4便、中国南方航空:1便、吉祥航空:3便、上海航空:1便、春秋航空:1便、ピーチ (peach) :1便

1日18便と便数が多く設定されています。フルサービスキャリアでは中国東方航空とJAL、中国国際航空とANA、吉祥航空とANAのようにコードシェア便が多く、フライトパターンが豊富です。往路は中国東方航空運航便、復路はJAL運航便といった組み合わせもできるので、スケジュールや予算にあったフライトを選択できます。

直行便以外のアクセスルート

関西国際空港から上海までは浦東国際空港行きの直行便を利用するのが一般的です。他の空港で乗り継ぐ場合は大連や青島経由のルートがありますが、乗り継ぎ時間も含めると上海到着まで5時間以上かかります。中国国内都市を経由する場合は、上海虹橋国際空港行きのフライトも選択可能です。

路線の概要・メリット

関西国際空港発-浦東国際空港行き航空券の相場
週末や連休は航空券の相場が高くなりますが、シーズナリティによる価格の差はそれほど大きくありません。フルサービスキャリアのほうが航空券の価格はやや高いものの、旅行日程や選択するフライトによってはLCCとほぼ同等の格安航空券も利用可能です。エコノミークラスの場合、通常期は片道なら12,000円台、往復航空券は26,000円が相場になります。フルサービスキャリアのフライトを選択した場合も往復30,000円台と比較的リーズナブルです。

路線の特徴
ビジネス・観光ともに需要の高い路線で、上海までは片道3時間のフライトです。フルサービスキャリアのビジネスクラスは、空港ラウンジも利用可能で機内ではゆとりのあるシートでくつろげるため出張利用客を中心に人気があります。中国からのインバウンド旅行客の利用も多いのも、この路線の特徴です。

発着空港の概要

関西国際空港
関西国際空港は成田空港・中部国際空港とならぶ国際拠点空港と位置づけられています。国際線の旅客数は成田空港についで多く、年間2,100万人。就航都市は84都市に及び、アジア・ハワイ・グアム・北米・欧州・オセアニアへの路線ネットワークを有しています。LCCの就航都市数が日本で最も多く、LCC専用の第2ターミナルも建設されました。海上空港という立地条件から騒音の影響が少なく24時間運用のため早朝・深夜便も多く設定されています。空港内には24時間営業のショップやコンビニ、空港ラウンジもあるので便利です。

浦東国際空港
上海 浦東国際空港は北京首都国際空港とならぶ大規模な空港で、年間旅客数は7,000万人を超えています。中国東方航空・上海航空・中国国際航空は浦東国際空港を拠点空港と位置づけ、グローバルな就航ネットワークを展開。東アジアのハブ空港としても機能し、日本から上海経由で欧州へのフライトを利用する人も少なくありません。空港は第1ターミナル (1号航站楼) とターミナル2 (2号航站楼) のほか、第3ターミナル (サテライトターミナル) も建設され、さらなるネットワークの拡充に期待が寄せられています。なお、虹橋国際空港発着の国内線に乗り継ぐ場合は4時間以上の乗り継ぎ時間が必要です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は交通利便性の高い空港で、関西主要都市からの主な交通手段は鉄道 (JR・南海) 、リムジンバス、車、高速船です。空港ターミナルのすぐ前にJR・南海の駅があり、JR特急はるかを利用すれば新大阪駅から約50分、京都から約75分で到着。なんばからは南海ラピートなら最短34分で空港駅にアクセス可能です。空港リムジンバスは路線数が豊富で、大阪駅・上本町・なんばOCAT・あべのハルカスから空港行きのバスが運行しています。神戸空港と関西国際空港を約30分で結ぶ高速船 (ベイシャトル) は22時台まで運航しているので、深夜便で出発する場合も便利です。

浦東国際空港
上海 浦東国際空港は、上海中心部から約30km東に位置しています。空港から市内までの主な交通手段は、エアポートバス・リニアモーターカー・地下鉄・タクシーです。リニアモーターカー (上海トランスラピッド) は時速300km~430kmで運行し、上海市郊外の龍陽路駅まで約8分で到着。龍陽路駅では上海地下鉄 (2号線・7号線・16号線) に乗り換えられます。地下鉄2号線は人民広場駅・南京西路駅・中山公園駅といった上海中心部へのアクセスに便利です。空港バスは路線数が多く、市内中心部までの所要時間は80~90分が目安。浦東国際空港と虹橋国際空港間を約70分で結ぶシャトルバスは、朝7時から夜23時まで15~25分間隔で運行しています。タクシーを利用する場合は、23〜5時は深夜料金がかかるので注意しましょう。

(2019年3月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。