地図

関西国際空港 (KIX) 発 - 羽田空港 (HND) 行きの飛行機・LCCの検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な東京行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

大阪 関西国際発 - 東京 羽田行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥16,777

直行便航空会社

6

週の便数

97

平均飛行時間、合計距離430 km

1 時間 0 分

東京 羽田

1 空港

よくある質問

東京 羽田には 1 つの空港があります。東京 羽田です。
スカイスキャナーで見つけた大阪 関西国際から東京 羽田までの最安フライト料金は、¥16,777です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪 関西国際から東京 羽田までの平均フライト時間は1 時間 0 分です。
大阪 関西国際から東京 羽田まで直行便を出しているエアラインは、6 社あります。
12月時点では、大阪 関西国際から東京 羽田までは毎週 97 本のフライトがあります。

関西国際空港から羽田空港行き ルートの基本情報

関西国際空港と羽田空港は国内航空輸送における基幹空港で、羽田-関西線は国内線のなかでも利用者の多い幹線のひとつです。また関西・羽田空港に発着する国際線との接続もスムーズ。便数も多く設定され、ビジネス・レジャーともに便利なダイヤ編成です。

関西国際空港 (KIX) -羽田空港 (HND) 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) スターフライヤー

JALとANAはスカイトラックス (Skytrax) の格付けで世界最高評価の5スターを獲得しています。飛行時間の短い国内線においても、キャビンの快適性や機内サービスの品質には定評があり、利用者からの満足度の高い航空会社です。国内線にもWi-Fiサービスを導入し、機内でもメールやSNSを利用したり、手元のスマートフォンでエンターテイメントプログラムを視聴することもできます。スターフライヤーはスタイリッシュなキャビンデザインが人気の航空会社で、座席間隔が広く各座席にUSBポートやコンセントも設置されているので便利です。

定期便の便数

JAL (日本航空) :3便、ANA (全日空) :5便、スターフライヤー:5便

3社あわせて1日13便のスケジュールが設定されています。スターフライヤー運航便はコードシェア提携によりANA便名でも予約可能です。またスターフライヤーでは朝6時30分発のフライトを設定。羽田には7時台に到着するので、東京でのビジネスや観光に十分時間を活用できます。関西国際空港・羽田空港に発着する国際線との乗り継ぎにも便利なダイヤ編成です。

直行便以外のアクセスルート

関西国際空港から羽田までは直行便を利用するのが最も便利です。乗り継ぎ便を利用する場合、福岡空港や沖縄 那覇空港を経由するルートもありますが、羽田到着までに所要時間を要します。また新幹線など他の交通手段と比較した場合にも、費用・時間の両面で直行便は効率がよくスムーズです。

路線の概要・メリット

関西国際空港発-羽田空港行き航空券の相場
年間を通して航空券の相場が安定している路線で、シーズナリティによる価格差はほとんどありません。通常期の往復航空券は20,000円前後が相場です。選択するフライトによって航空券の価格が異なりますが、最安の場合は17,000~18,000円台で往復航空券を利用できる場合もあります。運航各社では早期購入割引運賃を設定。早期に予約すれば割引率の高い運賃が適用されるのでお得です。

路線の特徴
国内航空路線のなかの幹線のひとつで、ビジネス需要が高い路線です。JALはワンワールド (oneworld) 、ANAはスターアライアンス (Star Alliance) に加盟していることから、アライアンスパートナーの国際線便との接続もスムーズ。新幹線との競合路線でもありますが、1時間10分という短時間で移動できる点で利便性が高く、国内航空輸送における大動脈として多くの人に利用されています。

発着空港の概要

関西国際空港
関西国際空港は伊丹空港・神戸空港とともに関西三空港と位置づけられ、三空港一体の運営が行われています。ピーチやジェットスタージャパンが関西国際空港を拠点とし、国内線・国際線それぞれLCCの就航数が多いのが特徴です。国内線は定期便の半数以上がLCCのフライトが締めています。1日平均の就航便数は国際線約200便、国内線約185便と過密なダイヤ編成。24時間運用のため、早朝・深夜便も多く設定されています。空港内には大阪で人気のラーメン店のほか、豚まん、お好み焼きなどご当地グルメが楽しめるレストランも多数出店。大阪・京都・神戸の銘菓を取り揃えたショップもあり、出発前も退屈することはありません。

羽田空港
羽田空港は年間8,500万人以上が利用する国内でも最大規模の空港です。国内線45路線・国際線35路線の就航ネットワークを有し、国内線は1日平均の発着回数が約1,000回と過密なダイヤが組まれています。空港は3つのターミナルから構成され、第2ターミナルの一部は国内線・国際線共用施設に改修されるため、新たにサテライト (別棟) がオープン。ANA・エアドゥ・ソラシドエアがサテライトより発着しています。空港施設は機能性・快適性・利便性に優れていることから、スカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアポートを獲得。空港の各ターミナルはショップ・レストランが充実し、空港限定スイーツや空弁、雑貨類などお土産の品揃えも豊富でショッピングも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は大阪湾上の人工島に建設された海上空港で、大阪市内や関西主要都市からは鉄道・リムジンバス・車・高速船が主なアクセス手段です。旅客ターミナルの正面にはJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかを利用すると新大阪駅から約50分、京都駅から約75分で空港駅に到着します。なんばからは南海ラピートが運行し、最短34分で空港にアクセス可能です。空港行きのリムジンバスは、大阪駅 (梅田) ・近鉄上本町・なんばOCAT・あべのハルカス (あべの橋) から乗車できます。また神戸空港と関西国際空港を約30分で運航する高速船 (ベイ・シャトル) も神戸方面への移動に便利です。

羽田空港
羽田空港は東京都心部から約20kmに位置し、空港から各地へのアクセス手段も豊富です。空港ターミナルには東京モノレール・京浜急行が乗り入れ、浜松町・品川駅までは30分ほどでアクセスできます。品川駅では東海道新幹線にも乗り換え可能です。都内の主要ホテルをはじめ、新宿・渋谷・池袋・品川・東京・横浜などターミナル駅までは羽田空港発のリムジンバスに乗車できます。荷物が多い場合は、移動の負担が少なくバス移動が便利です。車やタクシーを利用する場合は首都高速道路湾岸線・空港中央出入り口が最寄りのICになります。利用する航空会社によってターミナルが異なるので、事前にチェックしておきましょう。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。