地図

大阪 関西国際 (KIX) 発 - ソウル 仁川(インチョン)国際 (ICN) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

大阪 関西国際発 - ソウル 仁川(インチョン)国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,652

直行便航空会社

11

週の便数

204

平均飛行時間、合計距離861 km

1 時間 40 分

ソウル 仁川(インチョン)国際

1 空港

よくある質問

ソウル 仁川(インチョン)国際には 1 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際です。
スカイスキャナーで見つけた大阪 関西国際からソウル 仁川(インチョン)国際までの最安フライト料金は、¥8,652です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪 関西国際からソウル 仁川(インチョン)国際までの平均フライト時間は1 時間 40 分です。
大阪 関西国際からソウル 仁川(インチョン)国際までの直行便があるエアラインは、11社あります。
9月時点では、大阪 関西国際からソウル 仁川(インチョン)国際までは毎週 204 本のフライトがあります。

関西国際空港からソウル 仁川国際空港行き ルートの基本情報

関西国際空港からソウルまでは仁川国際空港と金浦国際空港の両空港に直行便が就航。ソウルは週末や連休を利用して行ける気軽な海外旅行先として人気があります。LCCは便数が多く設定され、料金やスケジュールにあわせてフライトの選択が可能。旅行のスタイルにあわせて追加オプションサービスも利用できます。

関西国際空港 (KIX) -仁川国際空港 (ICN) 直行便を就航する主な航空会社・LCC

大韓航空アシアナ航空チェジュ航空ジンエアーイースタージェットティーウェイ航空エアソウルピーチ (peach)

韓国を代表する二大航空会社の大韓航空・アシアナ航空のほか、LCC6社が就航しています。ピーチは日本の航空会社として唯一、関西-ソウル線を運航。ピーチではフライトに空席があれば、自分の隣りの席も使えるスペースシートオプションサービスも利用可能です。直行便の場合、関西からソウルまでは1時間40分と短時間のフライト。LCCのフライトを利用する場合、事前座席指定や手荷物許容量はオプションとして追加購入できます。

定期便の便数

大韓航空:3便、アシアナ航空:4便、チェジュ航空:3便、ジンエアー:4便、イースタージェット:2便、ティーウェイ航空:3便、エアソウル:2便、ピーチ (peach) :4便
※便数は1日の運航便数

朝7時台から夜20時台まで便数が多く設定されています。往復別々の航空会社を利用することも可能。旅行やビジネスのスケジュールにあわせてフライトを選択できます。大韓航空はJALとアシアナ航空はANAとコードシェアを行っているので、関西国際空港発着の国内線との接続もスムーズです。

直行便以外のアクセスルート

関西国際空港からソウルまでは直行便を利用するのが一般的です。福岡・那覇空港のほか、北京や上海 (浦東) で飛行機を乗り継ぐルートも利用できますが、ソウル到着までに5時間50分~7時間ほどかかります。その他の大連や台北など乗り継ぎ可能な空港はいくつかありますが、時間・費用の両面で直行便を利用するのが最も効率がよく便利です。

路線の概要・メリット

関西国際空港発-仁川国際空港行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行需要が増えるため航空券の相場が高くなります。LCCでは需要動向や空席状況に応じて運賃を設定しているため、週末は平日よりも航空券の相場がやや高めです。通常期のエコノミークラス往復航空券は11,000~13,000円台。ピーク期は往復16,000~17,000円台まで上昇します。フルサービスキャリアのフライトを選択すると通常期の往復航空券は18,000円台でLCCよりも5,000円ほど高い運賃設定です。

路線の特徴
年間を通して一定の需要があり、ビジネス・旅行に人気の路線です。ソウル出張で航空便を利用する場合、ビジネスクラスを選択する人も少なくありません。LCCはラウンジの利用や機内食など各社それぞれ有料サービスに特徴があり、利用者の好みに応じてオプションサービスをチョイスできます。

発着空港の概要

関西国際空港
関西国際空港は、成田空港・中部国際空港と同じ国際拠点空港として位置づけられ、年間旅客数は約2,800万人です。空港は1日あたり国際線約200便、国内線約185便が発着する24時間空港で2つのターミナルによって構成されています。国内線・国際線ともにLCCの就航が多いのが特徴で、国際線旅客便のうち約4割はLCCの運航便です。第2ターミナルはLCC専用ターミナルで、出発時の混雑を緩和するため、手荷物検査場にはスマートレーンを導入。ウォークスルー型免税店で旅客導線上にショップがあるので買い物もしやすく便利です。スカイトラックス (Skytrax) の格付けで「ベスト・ローコスト・ターミナル 2019」を受賞しています。空港内のレストランではお好み焼きや豚まんなど大阪のご当地グルメが旅行客から人気です。

仁川国際空港
仁川国際空港は、韓国の玄関口ともいえる国際拠点空港で、東アジアを代表するハブ空港として世界178都市とソウルを結ぶ航空便が発着しています。日本国内の25都市からも直行便が就航。日本-韓国線は日本からのアウトバウンドはもちろん、韓国からのインバウンド利用者も多いのが特徴です。ヨーロッパ・中東・オセアニア方面行きフライトへの乗り継ぎで利用する人も多く、空港内のラウンジでくつろいだり、ショッピングやグルメも楽しめます。空港は2つのターミナルから構成され、2018年にオープンしたばかりの第2ターミナルには大韓航空をはじめスカイチーム (SkyTeam) 加盟航空会社便が発着。第2ターミナルは自然や緑を取り入れた明るく開放的な雰囲気です。スタイリッシュなカフェやレストランも多く出店し、出発前はもちろん到着後も楽しみながら過ごせます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は大阪市内中心部や関西主要都市からのアクセスが便利な空港です。空港ターミナルの正面にはJR・南海電鉄の関西空港駅があり、JR特急はるかを利用する場合は新大阪駅から約50分、京都駅から約75分で空港駅に到着します。なんばからは南海ラピートαなら空港駅まで最短34分。ラピートβは新今宮・堺・岸和田・泉佐野からも乗車可能です。空港行きのリムジンバスは路線数が多く、大阪駅 (梅田) ・近鉄上本町・なんばOCAT・あべのハルカス (あべの橋) など大阪市内の主要スポットと空港を結んでいます。西宮・奈良・淡路島からも空港行きのバスが運行しているので便利です。神戸空港と関西国際空港を約30分で運航する高速船 (ベイ・シャトル) は神戸やポートアイランド方面からもスムーズにアクセスできます。

仁川国際空港
仁川国際空港はソウル市の中心部から約52km西に位置し、ソウル郊外の仁川広域市にあります。ソウル市内までは空港鉄道 (A’REX) ・リムジンバス・タクシーが利用可能です。空港鉄道 (A’REX) は第1・第2ターミナルの地下に乗り場があり、直通列車は空港とソウル駅間をノンストップで運行。ソウル駅までの所要時間は最短43分です。各駅停車の一般列車は途中、金浦国際空港にも停車するので、仁川・金浦の両空港間の乗り継ぎ移動にも便利。リムジンバスは荷物が多い場合も移動の負担が少ないので市内までスムーズに移動できます。KALリムジンは市庁、江南・駅三、南山、蚕室などの各方面に運行し、ソウル市内の主要ホテルに停車します。タクシーは一般タクシー (メーター制) のほか、サービスに定評があるインターナショナルタクシー (定額制) も利用できます。またソウル市内のでは、交通系ICカードの「T-money」カードを購入しておくとバスや地下鉄を利用する際にスムーズに移動できます。

(2019年5月時点の情報)

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。