地図

大阪 関西国際 (KIX) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な沖縄行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

大阪 関西国際発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,376

直行便航空会社

7

週の便数

86

平均飛行時間、合計距離1170 km

2 時間 0 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

沖縄 那覇

1 空港

よくある質問

沖縄 那覇には 1 つの空港があります。沖縄 那覇です。
スカイスキャナーで見つけた大阪 関西国際から沖縄 那覇までの最安フライト料金は、¥8,429です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪 関西国際から沖縄 那覇までの平均フライト時間は2 時間 0 分です。
大阪 関西国際から沖縄 那覇まで直行便を出しているエアラインは、7 社あります。
8月時点では、大阪 関西国際から沖縄 那覇までは毎週 86 本のフライトがあります。

関西国際空港から沖縄 那覇行き ルートの基本情報

関西国際空港から沖縄 那覇までは直行便が就航し、LCCの格安航空券も利用可能です。沖縄は国内でも屈指のリゾート地で、年間を通して座席利用率が高く人気があります。直行便は2時間15分のフライト。機内の窓からは大隅半島や屋久島・与論島など奄美群島の景色も楽しめます。

関西国際空港 (KIX) -沖縄 那覇 直行便を就航する主な航空会社・LCC

日本トランスオーシャン航空 (JTA) ANA (全日空) ジェットスタージャパンピーチ (peach)

日本トランスオーシャン航空は那覇空港を拠点に国内線12路線を運航。美ら海水族館のジンベエザメをモチーフにした「ジンベエジェット」や沖縄がウルトラマンの縁の地でもあることから「ウルトラマンジェット」といった特別塗装機が人気です。ANAはプレミアムクラスと普通席の2クラス運航で、プレミアムクラスでは時間帯によりミールサービスもあります。LCCはジェットスターとピーチの2社が直行便を開設。旅行のスタイルに合わせて事前座席指定や手荷物許容量をオプションで追加できます。

定期便の便数

日本トランスオーシャン航空 (JTA) :3便、ANA (全日空) :4便、ジェットスタージャパン:1~3便、ピーチ (peach) :3便

1日最大13便の運航で、フルサービスキャリアからLCCまでフライトの選択肢が幅広く便利です。ジェットスターでは曜日によって運休のフライトもあるので航空券を検索する際にスケジュールを確認してみましょう。

直行便以外のアクセスルート

関西国際空港から沖縄 那覇までは直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合、羽田空港または福岡空港を経由するルートがあります。最短でも4時間20分と移動時間が長くなるため、直行便を利用するほうが時間・費用の両面で効率が良く便利です。また伊丹空港・神戸空港から那覇行きの直行便が1日6便運航しています。

路線の概要・メリット

関西国際空港発-沖縄 那覇行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行客が増えるため、航空券の相場が高くなります。LCCは需要動向に応じて運賃を設定し、通常期の往復航空券は13,000~14,000円台が相場です。フルサービスキャリアも早期に予約すれば割引率の高い運賃が適用になり、18,000~19,000円台の往復航空券を利用できます。ピーク期は21,000~28,000円台まで運賃がアップしますが、旅行日程を数日スライドさせると運賃が安くなるので、いくつか候補日程を決めて航空券を検索してみましょう。

路線の特徴
年間を通して人気の路線で、春休み (3月) と夏休み (8月) は特に混雑するシーズンです。LCCの格安航空券が利用できるので座席利用率も高く、8月は87.5%と満席に近いフライトもあります。旅行客の利用がメインの路線で、沖縄 那覇空港で離島路線に乗り継ぐことも可能です。

発着空港の概要

関西国際空港
関西国際空港は国内・海外の主要都市と大阪を結ぶ定期便が発着し、年間旅客数は2,800万人を超えています。1日平均の就航便数は、国際線約200便、国内線185便と過密なダイヤ編成です。伊丹空港・神戸空港・関西国際空港は関西三空港として一体的な運営が行われ、また大阪のマルチエアポート (同一都市における複数空港) として、空港間の相互利用が認められています。これにより、 (往路) 関西-沖縄、 (復路) 沖縄-伊丹 といった旅程を組むことも可能です。ピーチやジェットスタージャパンが関西国際空港を拠点としていることからLCCの就航数が多く、国内線は定期便の半数以上をLCCのフライトが占めています。空港は24時間運用のため深夜・早朝便も発着し、国内線・国際線間の乗り継ぎも便利です。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は国内線32路線・国際線14路線の定期便が発着し、年間旅客数は2,100万人を超えています。国内線は国内主要都市だけでなく、石垣島・宮古島・久米島など離島と那覇を結ぶ路線も就航し、那覇空港で離島路線に乗り継ぐ人も少なくありません。国内航空輸送における基幹空港のひとつでもあり、沖縄・先島諸島地域における拠点空港としても重要な役割を果たしています。2019年3月には「際内連結ターミナル」がオープンし、LCCのチェックインカウンターが設置されました。LCC専用ターミナルまでのバス移動も不要になり、国内線・国際線間の乗り継ぎもスムーズです。空港内のフードコートには沖縄のご当地グルメが楽しめるお店が多く、旅行客から人気があります。センスのよい雑貨類などお土産も品揃え豊富です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

関西国際空港
関西国際空港は大阪市内や関西主要都市からのアクセス手段が多く、交通利便性の高い空港です。 空港への交通手段としては、鉄道 ・リムジンバス・車・高速船がよく利用されています。旅客ターミナルの正面にはJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかに乗車すると新大阪駅から約50分、京都駅から約75分で空港駅に到着。南海ラピートの場合は、なんばから最短34分でアクセスできます。大阪駅 (梅田) ・近鉄上本町・なんばOCAT・あべのハルカスといった主要スポットからは、空港行きのリムジンバスが利用可能です。三宮・京都・奈良方面と空港を結ぶバスも運行しています。また関西国際空港と神戸空港はいずれも海上空港で、両空港を30分で結ぶ高速船 (ベイ・シャトル) も神戸方面から移動に便利です。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は那覇市中心部から5km圏内にあり、市内の主要スポットまでスムーズにアクセスできます。モノレール (ゆいレール) は、空港と首里駅間を約27分で運行。空港ターミナルと乗り場が連絡通路でつながっているので移動もスムーズです。途中で停車する旭橋駅からは那覇バスターミナルも近く、おもろまち駅の目の前にはDFS沖縄があるのでショッピングにも便利です。本島中北部 (宜野湾市・北谷町・読谷村・恩納村・名護市・本部町) の主要リゾートホテルには空港からリムジンバスが運行し、美ら海水族館などの観光名所に停車する路線もあります。本島内を自由に移動できるレンタカーは人気があり、レジャーシーズンは混雑するので早めに予約をすませておきましょう。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。