地図

宮崎 (KMI) 発 - 大阪 (OSA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

宮崎発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥6,816

直行便航空会社

5

週の便数

82

平均飛行時間、合計距離472 km

1 時間 0 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

宮崎から大阪行きのフライト情報

平均所用時間 1時間
料金 片道 ~low_price_display~〜
航空会社 JAL (日本航空), ANA (全日空), ピーチ
最も安いルート 宮崎空港 - 大阪 関西国際空港 (KMI - KIX)
最も人気のルート 宮崎空港 - 大阪 伊丹空港 (KMI - KIX)

宮崎空港 (KMI) -伊丹空港 (ITM) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JALはグループ会社のJ-AIRが運航。J-AIRは伊丹空港を拠点とする地域航空会社です。使用機材はエンブラエル190で、小型機ながらも天井が高く広々としたキャビンが特徴。座席は全席レザーシートでユニバーサルPC電源もセットされているので、スマートフォンの利用や充電も可能です。ANAは便によって機材が異なりますが、プレミアムクラスが利用できる便もあります。

宮崎空港 (KMI) -関西国際空港 (KIX) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

ピーチ (peach)

ピーチは宮崎に就航する初のLCCとして、2015年8月に宮崎-関西線を開設。宮崎のほかにも福岡・長崎・鹿児島にも就航し、格安航空券を使って九州内の複数都市を周遊する旅行も楽しめます。2019年度中をめどにピーチとバニラエアは経営が統合される予定で、さらなる路線ネットワーク拡充が期待されています。

定期便の便数

宮崎発-伊丹行きの直行便 JAL (日本航空) :5便、ANA (全日空) :6便
宮崎発-関西行きの直行便 ピーチ (peach) :1便

始発便は大阪に朝8時台に到着するため、レジャー・出張ともに大阪での滞在時間を有効活用できます。宮崎から直行便が就航していない都市への国内線乗り継ぎもスムーズです。ピーチのフライトを利用すれば、関空で夜発のアジアやハワイ (ホノルル) 、オセアニア方面への便にも乗り継げます。

直行便以外のアクセスルート

宮崎発-大阪行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。飛行機を乗り継ぐ場合、福岡空港を経由し伊丹空港へ向かうルートもあります。福岡空港での乗り継ぎ時間も含めると、伊丹空港までの所要時間は2時間30分~45分。直行便は1時間~1時間10分のフライトなので、より早く安く移動できます。

路線の概要・メリット

宮崎発-大阪行き航空券の相場
宮崎-大阪線の航空券は夏高冬安傾向にあり、レジャーシーズンは航空券の相場が高くなります。8月は最も利用者が多くなり、航空券の価格は18,000円前後までアップ。10月以降は相場が安く、片道1万円以下の航空券もあります。週末や連休は利用者が増えるため航空券の相場が高くなる傾向にあるので、ピークをはずした日程を組むことでより安い航空券が利用可能。LCCの平日のフライトは片道3,000円以下の航空券もあります。

路線の特徴
宮崎県は観光資源豊富で県内各地に景勝地が点在。また温暖な気候でゴルフリゾートも多く、プロスポーツチームのキャンプ地としても知られていることから、週末や連休は関西圏からのレジャー客が復路便として利用するほか、平日は宮崎県内からの出張利用も多い路線です。鉄道やバスとも競合しない路線のため、フライトを選択する際は運賃やスケジュール、マイレージなどでどれぐらいメリットがあるかが決め手になります。

(2018年11月時点の情報)

発着空港の概要

宮崎空港
宮崎空港は南国宮崎の玄関口として国内線7路線、国際線3路線の定期便が就航しています。年間旅客数は320万人に達し、近年は海外からのインバウンド訪日客も増加。宮崎県内には日本神話にゆかりのある場所が点在していることから、パワースポットめぐりも人気です。LCCの就航で格安航空券の利用機会も広がり、観光需要喚起にもつながっています。小型機に対応したボーディングブリッジも導入され、飛行機の搭乗・降機時にタラップを昇り降りする必要がなくなりました。2018年11月には共用ラウンジの「ラウンジ大淀」がリニューアル。空港内にはエアプレインパークなど親子で楽しめる施設もあり、飛行機出発までの時間も楽しめます。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は関西圏にある幹線空港で、神戸空港とあわせて関西三空港として位置づけられています。伊丹空港の正式名称は大阪国際空港で、国内線33路線の定期便が就航。旅客ターミナルはリニューアル工事が進められ、2020年に全面改修が完了予定です。保安検査場にスマートレーンを導入し出発時の混雑を緩和したり、到着口を中央に集約することで利便性の向上が進められています。
関西国際空港は成田空港・中部国際空港とならぶ国際拠点空港で、2018年夏ダイヤにおける就航地は20か国68都市まで拡大しています。国内線は16路線の定期便が発着。LCCの就航も多く、ピーチやジェットスタージャパンは関西国際空港を拠点に国内各地にもネットワークを展開しています。空港は24時間運用で国内線から深夜・早朝発の国際線への乗り継ぎもスムーズ。旅客ターミナル内には24時間営業の店舗や施設もあり便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

宮崎空港
宮崎空港は市内中心部から約5kmに位置し、空港までの主な交通手段は空港リムジンバス・鉄道 (JR) ・車です。リムジンバスを利用すれば宮崎駅・シーガイア (シェラトングランデ) からは空港まで約25分でアクセス可能。バスターミナルのある宮交シティは空港から近く、バスで約10~15分で空港まで移動できるので市内各方面からもスムーズにアクセスできます。空港ターミナル正面にはJR宮崎空港駅があり、JR日豊本線・特急にちりんの利用も可能です。県内からの利用者は車の利用も多く、宮崎市中心部・青島方面から空港までは約20分。都城からは50分、延岡からは1時間15分で空港に到着します。人気の観光地高千穂からは車で移動する場合、宮崎空港までの所要時間は約2時間です。

伊丹空港
伊丹空港は大阪・豊中市にあり、大阪市内はもとより京都・神戸にもアクセス便利です。空港からはモノレール・鉄道・空港リムジンバス・タクシーを利用できます。空港に鉄道の乗り入れはありませんが、途中駅で阪急線、地下鉄御堂筋線に乗り換え可能です。阪急宝塚線乗換駅の蛍池駅は空港から1駅3分で、梅田駅までは約30分で到着。阪急線を利用すれば京都・神戸方面へのアクセスもスムーズです。空港リムジンバスは大阪駅前・なんば・あべの橋 (天王寺駅) ・近鉄上本町駅と主要ターミナル行の路線が充実。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™や阪神甲子園駅などレジャーにも便利です。

関西国際空港
関西国際空港は大阪・泉佐野市に位置し、主な交通手段は鉄道・空港リムジンバス・タクシー・高速船です。空港ターミナル前にあるエアロプラザと南海・JRの関西空港駅が連結。なんばまでは南海ラピートαで約34分、堺までは約27分と大阪南部の主要スポットまでは30分前後でアクセスできます。空港リムジンバスの運行エリアも広域にわたり路線数も充実しています。大阪駅前 (梅田) ・心斎橋・近鉄上本町・なんば (OCAT) をはじめ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™や海遊館行きも運行。空港からレジャースポットへのアクセスも便利です。そのほか関西国際空港と神戸空港を約30分で結ぶ高速船も運航しています。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。