小松発⇒台北行き
出発日
帰国日

小松 (KMQ) 発 - 台北 (TPET) 行きの飛行機・格安航空券の検索

小松発 - 台北行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥19,611

直行便航空会社

4

週の便数

7

平均飛行時間、合計距離1908 km

3 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

エバー航空 (EVA Air)

台北 台湾桃園国際および台北 松山

2 空港

小松から台北行き ルートの基本情報

小松空港から台北には台湾桃園国際空港行きの直行便が就航しています。また乗り継ぎ便を利用すれば、台北 松山空港行きのフライトも利用可能です。LCCでは需要動向に応じた価格設定をしているので通常期は格安航空券を利用できるのが魅力。スケジュールや予算にあわせて、希望のフライトを選択できます。

小松-台北 直行便を就航する主な航空会社・LCC

エバー航空タイガーエア台湾

エバー航空は台北を拠点にグローバルな路線ネットワークを展開する台湾を代表する航空会社です。スターアライアンス (Star Alliance) に加盟し、快適なキャビン空間とクオリティの高い機内サービスは利用者からの評価も高く、スカイトラックス (Skytrax) より世界最高評価の5スターを獲得。またサンリオとの提携によるハローキティジェットでは機体の塗装から機内のインテリア、機内食の食器にもサンリオキャラクターが描かれ、利用者から人気があります。タイガーエア台湾はチャイナエアライン傘下のLCCです。機内食は有料ですが、排骨飯やビーフンなど台湾ならではの味が楽しめます。

定期便の便数

エバー航空:週5便 (月・火・水・金・土) 、タイガーエア台湾:週2便 (木・日)

エバー航空はスターアライアンス (Star Alliance) のアライアンスパートナーとしてANAとコードシェア提携をしています。台北到着は22時近くと遅い時間帯のフライトのため、台北到着後の市内移動手段などを事前に調べておくと安心です。タイガーエア台湾は週2便で夕方発のフライトになります。

直行便以外のアクセスルート

小松空港から台北までは直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、成田・羽田・福岡空港を経由するルートがあります。羽田空港からは台北 松山空港行きのフライトを利用することも可能。松山空港は台北中心部に近く観光・ビジネスともに利便性が高いことから、羽田-台北線は人気の路線です。

路線の概要・メリット

小松発-台北行き航空券の相場
シーズナリティによって価格が変動し、連休や夏休みは旅行客が増えるので航空券の相場も高くなります。LCCのフライトは需要動向や空席数によって価格が変動し、通常期の往復航空券は28,000円前後が相場です。フルサービスキャリアのフライトはLCCよりも相場が高くなり、エコノミークラスの往復航空券は65,000円台がメインの価格帯になります。

路線の特徴
インバウンド・アウトバウンドともに旅行利用客がメインの路線です。台北までは直行便で3時間20分のフライトですが午前便の設定がないため、乗り継ぎ便を利用することも可能です。午前中に出発し、国内主要空港で乗り継ぐことにより午後早い時間に台北に到着する便も選択できます。

発着空港の概要

小松空港発
小松空港は新潟空港と並んで北陸・日本海側の地域における主要空港のひとつで、石川県南部に位置しています。国内線6路線・国際線4路線の定期便が発着し、年間旅客数は173万人です。空港は防衛省の管理下にあり、航空自衛隊と民間航空機が滑走路を共有。空港の展望デッキからは民間機だけでなく、自衛隊機が離着陸する様子を見学することもできます。空港ターミナルのすぐ近くには航空プラザ (航空機の博物館) があり、事前予約をすると自衛隊の訓練や基地の見学もできるので、ファミリーでの旅行におすすめです。空港ターミナル内には共用ラウンジも開設されているので、出発前にくつろぎの時間を過ごせます。

台湾 桃園国際空港
台北には台湾桃園国際空港台北 松山空港の2つの空港があります。桃園国際空港は台湾で最も大きな国際空港で、チャイナエアライン・エバー航空・タイガーエア台湾の拠点空港です。台北と中東・ヨーロッパ・北米・オセアニア地域を結ぶ国際線が就航し、空港は出発方面別に第1・第2ターミナルに分けられています。空港内には無料で利用可能なラウンジや休憩スペースも多く設けられているので、空港での待ち時間も快適です。台湾ならでのスイーツやグルメが味わえるフードコートも充実しています。台北松山空港は台湾国内線の発着がメインの空港ですが、東京 (羽田)・ソウル・上海をはじめ中国の主要都市からの国際線も就航しています。台北中心部に近いことから出張利用客の割合が高いのが特徴です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

小松空港発
小松空港は小松市中心部から約5kmに位置し、小松市内や金沢市内からのアクセスが便利な空港です。金沢駅・小松駅・福井駅・加賀温泉駅から空港行きバスが運行しています。金沢・福井方面から鉄道を利用する場合はJR北陸本線 (特急) でJR小松駅まで移動し、空港行きのバスに乗り換えれば約12分で小松空港に到着します。車を利用する場合、米原・福井方面からは北陸自動車道・安宅スマートICを利用すると空港までスムーズにアクセスできます。金沢方面からは北陸自動車道・金沢ICが空港に最寄りのICになります。空港の駐車場は国内線専用駐車場と国際線専用駐車場に分かれているので注意しましょう。

台湾 桃園国際空港
台湾桃園国際空港は台北市中心部から約40km離れた近郊都市の桃園市にあります。市内から空港までは、桃園MRT・リムジンバス・タクシーが主な交通手段です。桃園MRTは台北駅と空港を結ぶ鉄道で、第1・第2ターミナルに乗り入れています。台北駅から快速電車を利用した場合の所要時間は約40分です。台湾の新幹線とも呼ばれる台灣高鐵からは、高鐵桃園駅・台北駅で桃園MRTに乗り換え可能です。台北市内の主要ホテルからは空港リムジンバスも利用可能で、空港までの所要時間は80~90分が目安になります。台北 松山空港は台北市中心部からタクシーを利用すれば10分程度アクセス可能です。空港には地下鉄が乗り入れ、MRT文湖線南京復興駅から2駅、忠孝復興駅から3駅で松山機場駅に到着。交通系ICカード悠遊カード (悠遊卡・EasyCard) を購入しておくと、MRT・バス・鉄道の料金支払もスムーズで市内の移動に大変便利です。

(2019年4月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。