地図

鹿児島 (KOJ) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

鹿児島発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥18,394

直行便航空会社

2

週の便数

15

平均飛行時間、合計距離691 km

1 時間 25 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

沖縄 那覇

1 空港

鹿児島 (KOJ) -沖縄 那覇 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

ソラシドエア

ソラシドエアは宮崎を拠点とする航空会社で、九州・沖縄路線が充実しています。鹿児島-沖縄 那覇線は最新鋭のBOEING737-800型が運航。シートピッチは平均81cm、手荷物収納スペースも大きくとってあり快適なキャビンです。ANAとのコードシェア提携により、ANA便名でも予約可能です。なお、現在のところ鹿児島-沖縄線にはLCCの就航はありません。

定期便の便数

ソラシドエア:2便

午前・午後1便ずつの運航です。利用者が集中する旧盆期間中に臨時便が設定されることもあります。

直行便以外のアクセスルート

鹿児島-沖縄 那覇行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。日本エアコミューターでは奄美大島から沖縄までのアイランドホッピングルートを開設しているので、鹿児島から奄美大島まで飛行機で移動し、離島空港を乗り継ぎながら沖縄まで行くことができます。のんびりと離島をめぐる旅を楽しみたい人におすすめです。

路線の概要・メリット

鹿児島発-沖縄 那覇行き航空券の相場
鹿児島-沖縄線はシーズナリティによる相場の変動があり、ピーク期は25,000円前後、通常期は19,000円前後で航空券 (片道) を利用できます。ソラシドエアでは早期購入割引運賃を設定しているので、早めに予約をすれば15,000円以下の運賃もあります。航空券の価格は需要動向によって変わるので混雑する週末・連休は相場がやや高くなり、平日のほうが比較的リーズナブルです。1日に2便と運航本数が限られているため、旧盆期間や年末年始のフライトは早期に満席になる場合もあるので早めの予約がおすすめです。

路線の特徴
鹿児島-沖縄は海を隔てての移動となるため、約1時間20分という短時間で移動できることから航空便を利用するメリットの多い路線です。フェリー (船) の場合は、鹿児島港から奄美大島・徳之島・沖永良部島・与論・本部 (沖縄本島) を経て約25時間の船旅になります。観光客だけでなく鹿児島=那覇間を往復するビジネス客の利用も多く、2017年度旅客数は約88,000人。年間全体の座席利用率は70.1%と高く航空需要の高い路線です。時間帯や天候状況にもよりますが、機内の窓からは桜島・奄美大島・東シナ海の美しい景色を眺めることができます。

発着空港の概要

鹿児島空港
鹿児島空港は九州南部における主要な空港のひとつです。2017年の年間旅客数は約568万人で、九州では福岡空港についで旅客数の多い空港です。東京 (羽田・成田) 、大阪 (伊丹・関西) 、名古屋 (中部) といった国内主要都市のほか、奄美群島の離島7空港 (屋久島・種子島・喜界島・奄美大島・沖永良部島・徳之島・与論島) との定期便も就航しています。鹿児島空港を拠点とする日本エアコミューター (JAC) は、奄美大島・徳之島・沖永良部島・沖縄までを順に運航する「奄美群島アイランドホッピングルート」を2018年7月に開設。鹿児島市内だけでなく離島間の移動も便利になります。鹿児島中央駅や天文館から空港までは連絡バスが運行。市内中心部からは約40~45分で空港まで移動できます。空港駐車場は24時間営業で、宮崎県都城、熊本県八代や人吉方面から車でもアクセス可能です。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港の年間旅客数は国内線・国際線あわせて2,100万人を超え、国内の空港としては東京 (羽田・成田) ・関西・福岡・新千歳についで6番目に旅客数の多い空港です。人気のリゾート地ということもあり日本各地からの観光客をはじめ、近年はインバウンド訪日客も増えています。LCCの就航も相次ぎ、ジェットスタージャパンピーチ (peach) バニラエア (Vanilla Air) の3社が乗り入れています。九州の主要空港からの定期便も発着し、那覇空港で奄美群島・南西諸島の離島路線へ乗り継ぐことも可能です。那覇空港からはモノレール (ゆいレール) を利用すれば、30分前後で那覇市内中心部までアクセス可能です。また旅客ターミナル内には免税店をはじめ、レストランやショップも充実。海外に行かなくても一流ブランド品のショッピングを楽しめるので、人気があります。

市内中心部-空港間のアクセス方法

鹿児島空港
鹿児島空港は市内中心部からやや離れた場所にありますが、県内各地から空港行きの連絡バスが運行しています。九州自動車道溝辺鹿児島空港I.C.が近いため、県内外から高速道路を利用するとアクセス便利です。空港連絡バスは市内中心部だけでなく、指宿・鹿屋・志布志・川内・霧島など県内の主要エリアからの路線も開設されています。九州新幹線・鹿児島本線・日豊本線など九州南部エリアから鉄道を利用する場合も、ターミナルの鹿児島中央駅から空港までバスを利用すれば移動もスムーズです。空港の駐車場は24時間営業のため、早朝便・夜便の利用でも安心。熊本県八代・人吉や宮崎県都城方面から車を利用する人もいます。

沖縄 那覇空港
沖縄那覇空港の旅客ターミナルとモノレール (ゆいレール) の空港駅は連絡通路でつながっているので、飛行機到着後も乗り場まで迷うことなく移動できます。日中は5~10分の運行間隔で、那覇中心部には約30分で到着。旭橋やおもろまちなど那覇の主要スポットに停車駅があるので、ビジネスや市内観光に便利です。本島内の主要なリゾートには空港からバスでアクセス可能。沖縄エアポートシャトル (リゾートライナー) は空港・恩納村・本部・美ら海水族館など主要リゾートや観光スポットをめぐる空港連絡バスです。レンタカーを利用する場合、レジャーシーズンはかなり混雑するので事前に予約を済ませておくと当日の手続きがスムーズです。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。