地図

鹿児島 (KOJ) 発 - 台北 (TPET) 行きの飛行機・格安航空券の検索

鹿児島発 - 台北行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥29,662

直行便航空会社

2

週の便数

5

平均飛行時間、合計距離1181 km

2 時間 10 分

先月の最も人気の航空会社

チャイナエアライン (中華航空)

台北 台湾桃園国際および台北 松山

2 空港

よくある質問

台北には 2 つの空港があります。台北 台湾桃園国際と台北 松山です。
スカイスキャナーで見つけた鹿児島から台北までの最安フライト料金は、¥29,662です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
鹿児島から台北までの平均フライト時間は2 時間 10 分です。
鹿児島から台北まで直行便を出しているエアラインは、2 社あります。
7月時点では、鹿児島から台北までは毎週 5 本のフライトがあります。

鹿児島から台北行きのフライト情報

平均所用時間 2時間10分
料金 往復 ~low_price_display~〜
航空会社 チャイナエアライン
最も安いルート 鹿児島空港 - 台北 台湾桃園国際空港 (KOJ - TPE)
最も人気のルート 鹿児島空港 - 台北 台湾桃園国際空港 (KOJ - TPE)

鹿児島から台北行き ルートの基本情報

台北は台湾の首都で中正記念堂・故宮博物院・台北101など観光スポットが多く、ショッピングやグルメも楽しめることから旅行先として人気があります。鹿児島からは台湾桃園国際空港行きの直行便が就航し、2時間10分のフライトです。LCCは就航していませんが、割引率の高い運賃も設定されているので格安航空券も利用できます。

鹿児島-台北 直行便を就航する主な航空会社・LCC

チャイナエアライン (中華航空)

チャイナエアラインは台湾のフラッグキャリアで、台湾桃園国際空港を拠点にアジア・北米・ヨーロッパ・オセアニアへのネットワークを展開しています。スカイチーム (SkyTeam) に加盟し、アライアンスパートナーとの提携により29か国161都市へアクセス可能です。鹿児島-台北線はエコノミー・ビジネスの2クラスで運航しています。

定期便の便数

チャイナエアライン (中華航空) :週5便

水曜と土曜日を除く週5便の運航です。お昼の時間帯で午後早い時間に台北に到着するので、到着後すぐに台北観光に出かけられます。また北米やヨーロッパ便への乗り継ぎも便利な時間帯で、スカイチーム加盟航空会社便のフライトにもスムーズに接続。チャイナエアラインでは日本航空との提携により日本-台湾線の全路線でコードシェアを実施。鹿児島-台北線はJAL便名でも予約できます。

直行便以外のアクセスルート

鹿児島-台北線の直行便は週5便の運航のため、運航していない曜日は乗り継ぎ便も選択肢のひとつです。関西国際空港または沖縄 那覇空港を経由するルートがあり、全区間LCCのフライトを利用することもできます。台北到着まで5時間以上を要するので、週末などで台北の滞在時間が限られている場合は直行便のほうが費用・時間の両面で便利です。

路線の概要・メリット

鹿児島空港発-台湾桃園国際空港行き航空券の相場
夏休みをはじめレジャーシーズンは相場が高くなるものの、シーズナリティによる価格差はそれほど大きくありません。直行便の場合、通常期のエコノミークラス往復航空券は37,000~38,000円台が相場です。ピーク期は50,000円台まで相場がアップしますが、旅行日程を数日間スライドさせると1~2万円ほど安くなる場合もあります。

路線の特徴
台北への観光客のほか、インバウンド訪日客の利用も多い路線です。鹿児島から台湾は地理的にも比較的近く、台北までは約2時間10分のフライト。週末のフライトは平日よりもやや相場が高いものの、早めに予約をすれば比較的リーズナブルな価格の航空券を利用できます。

発着空港の概要

鹿児島空港
鹿児島空港は国内線17路線・国際線5路線の就航ネットワークを有し、年間旅客数は568万人です。九州の空港では福岡空港についで利用者が多く、鹿児島で飛行機を乗り継いで屋久島・種子島・奄美大島行きのフライトを利用する人も少なくありません。国際線はソウル・大邱・上海・台北・香港と鹿児島を結ぶ定期便が発着し、インバウンド訪日客の利用が多いのも特徴です。空港敷地内にある天然温泉足湯「おやっとさぁ」は無料で利用できることから観光客に人気があり、出発前のリフレッシュにも利用できます。スカイラウンジ「菜の花」では、鹿児島の特産品である焼酎の無料試飲コーナーやシャワールーム (有料) もあり、出発前や到着後にゆっくりくつろげます。

台湾桃園国際空港
台湾桃園国際空港は台湾北部の桃園市にあり、国内最大規模の国際空港です。アジアの主要都市のほかヨーロッパ・オセアニア・北米などグローバルな路線ネットワークを有し、年間旅客数は4,600万人を超えています。桃園国際空港は基本的には国際線専用の発着空港で、国内線は台北松山空港を使用しています。日本からは成田・羽田・関西・中部・福岡・新千歳といった国際空港から桃園国際空港行きの直行便が就航。空港は第1・第2の2つのターミナルから構成されていますが、航空需要の増加に伴い第3ターミナルの建設も進められています。空港ターミナル内には無料で利用可能なラウンジスペースも多く、台湾スイーツや飲茶などのレストランも充実しているので、乗り継ぎ便の待ち時間や到着後のリフレッシュにも利用可能です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

鹿児島空港
鹿児島空港は鹿児島市中心部の北東に位置し、霧島連峰が広がる台地に建設されました。天気の良い日は空港の南側に桜島の姿を眺めることもできます。鹿児島市内をはじめ指宿・薩摩川内・出水・霧島・姶良・鹿屋の県内各方面からは空港行きのバスが運行。鹿児島中央駅から空港までの所要時間は約38分です。鹿児島中央駅は九州新幹線も停車するので、九州各地からのアクセスも便利です。車を利用する場合は、九州自動車道・溝辺鹿児島空港ICが最寄りのICになります。

台湾桃園国際空港
台湾桃園国際空港から台北中心部までの主な交通手段は桃園MRT・バスです。桃園MRTは空港第1・第2ターミナルにそれぞれ駅があり、快速を利用すれば台北駅まで約40分でアクセスできます。高鐵桃園駅や台北駅では台灣高鐵 (HSR) に乗り換えれば、新竹・台中・台南など台湾の主要都市にも移動可能です。空港リムジンバスは路線数が多く台北市内までの所要時間は80~90分が目安。圓山飯店 (グランドホテル) ・國賓大飯店 (アンバサダーホテル) ・君悦飯店 (グランドハイアット) といった主要ホテルにも停車します。また交通カード悠遊カード (EasyCard) を購入しておくと、台北市内を移動する際に便利です。悠遊カードは、空港ターミナル内のサービスカウンター「電子票證聯合服務」で購入できます。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。