地図

長崎 (NGS) 発 - 東京 (TYOA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

長崎発 - 東京行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥11,744

直行便航空会社

6

週の便数

112

平均飛行時間、合計距離982 km

1 時間 30 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

東京 成田および東京 羽田

2 空港

長崎空港 (NGS) から羽田空港 (HND) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) ソラシドエア

JALは全席レザーシートのJAL SKY NEXT仕様機材での運航。スタイリッシュで快適なキャビン空間でグッドデザインアワード2014を受賞しました。2018年10月からは機内Wi-fiサービスを利用すれば、スポーツ中継やニュース番組をリアルタイムで視聴できるサービスを開始。ANAは405席の大型機 (ボーイング777-200) を導入し、スリムな座席設計で普通席もゆとりをもたせてあります。ソラシドエアはシートピッチ81cmで足元に余裕があり、フライトの時間帯によってLEDライトの色合いも変化。手荷物収納スペースも大きく、機内持ち込み手荷物の出し入れも便利です。

長崎空港 (NGS) から成田空港 (NRT) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

ジェットスタージャパン

ジェットスターは2018年9月より長崎に新規に就航し、長崎-成田線を開設しました。長崎と成田を結ぶ初の定期便で、ジェットスターの国内線では18路線目になります。国内線就航路線数はLCCの中で最も多く、九州には福岡・長崎・大分・宮崎・熊本・鹿児島の6路線を展開。格安航空券で九州周遊旅行も楽しめます。

定期便の便数

長崎発-羽田空港行きの直行便 JAL (日本航空) :6便 ANA (全日空) :4便 ソラシドエア:4便
長崎発-成田空港行きの直行便 ジェットスタージャパン:1便

羽田空港行きは1日14便と便数が多く、長崎空港から直行便が就航していない東北や北海道の主要空港にも羽田で乗り継げます。ソラシドエア運航便はコードシェア提携によりANA便名でも航空券を予約可能。搭乗当日はANAの自動チェックイン機も使えます。ジェットスターは1日1便の運航で曜日によって発着時間が変わる場合もあるので、航空券を検索する際にスケジュールを確認しましょう。

直行便以外のアクセスルート

長崎-東京行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。スカイマークは長崎-羽田線を神戸空港経由で3便運航しています。神戸空港での経由時間も含めると羽田までは約2時間45~55分のフライト。そのほかJAL・ANAを利用する場合は、伊丹空港経由のルートも利用できます。LCCを利用して長崎から関西空港経由で成田空港に向かう場合、関空での乗り継ぎ時間を要するので直行便のほうが便利です。

路線の概要・メリット

長崎発-東京行き航空券の相場
長崎-東京線は8月になると旅行・帰省客が増えるため、相場が高くなります。春から夏はレジャーシーズンのため、航空券の価格は片道2万円前後です。秋から冬は航空会社の早期購入割引運賃を利用すると、片道15,000円以下の航空券もあります。ジェットスターの場合は、片道7,000~8,000円でフルサービスキャリアの半額程度の格安航空券も使用可能です。運賃は需要動向や空席数によっても異なり、週末や連休などは1万円を超える場合もあります。

路線の特徴
長崎は日本国内でも人気の観光地で、2018年6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されたこともあり、全国から多くの観光客が訪れます。首都圏へのレジャー・出張客のほか、長崎への旅行客が復路便として利用しています。新幹線と競合していない路線でもあり、東京まで片道1時間30分で移動できることから飛行機を利用するメリットがあります。ジェットスターによる長崎-成田線の開設や多様な割引運賃で、週末や連休に格安航空券を利用できる機会が広がりました。

発着空港の概要

長崎空港
長崎空港は大村湾の箕島を開発して作られた世界初の海上空港です。国内線の就航地は羽田・成田・伊丹・関西・中部・神戸・那覇のほか、五島福江・壱岐・対馬の離島も含め10都市です。東名阪の主要な国際空港、関西三空港へのネットワークが充実。また長崎の離島路線を運航するオリエンタルエアブリッジ (ORC) が長崎空港を拠点としています。空港内にはエアラインラウンジはありませんが、ビジネスラウンジアザレア (カードラウンジ) が営業しています。ご当地グルメが味わえるレストランやお土産ショップも充実しており、空港ではショッピングも楽しめます。

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は日本の空のゲートウェイとして、国内線・国際線ともに就航路線が充実しています。羽田空港は国内48都市への路線ネットワークで国際線と合わせて年間旅客数は8,500万人に達しています。空港ターミナルは国内線 (第1・第2) と国際線に分かれていますが、ターミナル施設は機能的で快適、利便性にも優れていることから、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選出されています。成田空港は開港から40年が経過し、日本と世界各地を結ぶ国際線の発着がメインです。LCCの就航が多いのが特徴で、国内線はジェットスタージャパンバニラエア (Vanilla Air) ピーチ (peach) 春秋航空日本の4社が乗り入れています。羽田・成田両空港いずれも首都圏各地への交通手段も多く、都内主要スポットへのアクセスも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

長崎空港
長崎空港は県中央部の大村市にあり、長崎市や佐世保市へのアクセスが良く便利です。空港から県内各地への主な交通手段はバス・タクシー・レンタカー・連絡船です。長崎駅前行きのノンストップバスのほか、ハウステンボス・佐世保方面、大村・諫早・島原方面行きのバスも運行しています。佐世保駅みなと口までは乗合のジャンボタクシー (事前予約制) も利用可能です。海上空港という立地条件をいかし、長崎空港とハウステンボスを55分で結ぶ連絡船もターミナル近くの船着場から出航しています。空港内にレンタカーカウンターもあり、最寄りの営業所までの送迎手配を受け付けています。

羽田空港
羽田空港はモノレールと京急の乗り場が国内線ターミナルと直結。浜松町駅 (モノレール) 、品川駅 (京急) からJRに乗り換えられるほか、京急は横浜・横須賀・逗子方面にもアクセスできます。空港リムジンバスは、新宿・渋谷・池袋・銀座・丸の内の主要ホテルやターミナル駅行きの路線が多く便利です。東京ディズニーランド・お台場・横浜みなとみらい地区など首都圏近郊の観光スポット行きのリムジンバスもあります。空港到着ロビー正面にはバス・タクシー乗り場があり、都内各地まで定額タクシーも利用可能です。

成田空港
成田空港から都内中心部への主要な交通手段は鉄道・リムジンバス・タクシーです。JR成田エクスプレスは空港ターミナルから東京・品川・横浜・新宿・池袋までダイレクトにアクセス可能。東京駅までは最短約50分で到着します。京成スカイライナーを利用すると、日暮里駅 (JR山手線乗換駅) までの所要時間は最短36分です。空港リムジンバスの路線数も多く、都内主要スポット・ホテルのほか、千葉・埼玉・神奈川のターミナル駅への直通バスもあります。成田空港と東京駅、銀座を結ぶ格安バス (900~1,000円) も運行しています。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。