地図

成田空港 (NRT) 発 - 札幌 新千歳空港 (CTS) 行きの飛行機・格安航空券の検索

東京 成田発 - 札幌 新千歳行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥7,662

直行便航空会社

10

週の便数

124

平均飛行時間、合計距離790 km

1 時間 35 分

先月の最も人気の航空会社

ジェットスタージャパン

札幌 新千歳

1 空港

成田空港 (NRT) -札幌 新千歳空港 (CTS) を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JAL・ANAともに、羽田-新千歳線と比べると便数が限られますが、成田発着の国際線と接続する国内線としても利用されています。JALはクラスJ、ANAではプレミアムクラスの設定があり、普通席とグレードの高い座席の2クラス仕様です。

ジェットスタージャパンバニラエア (Vanilla Air) 春秋航空日本

3社とも成田空港を拠点とし、いずれもLCC専用ターミナル (第3ターミナル) の発着です。LCC専用ターミナルへは第2ターミナルから連絡バスが運行しています。

定期便の便数

JAL (日本航空) :1便、ANA (全日空) :2便、ジェットスタージャパン:6便、バニラエア (Vanilla Air) :6便、 春秋航空日本:2便

JAL・ANAは便数が限られていますが、LCCは便数が多く設定されています。LCCでは混雑する連休や夏休み期間中などは臨時便が設定されることもあり、需要動向に応じたダイヤが組まれています。

直行便以外のアクセスルート

成田-新千歳線は直行便を利用するのが一般的です。仙台空港・新潟空港を経由するルートもありますが、乗り継ぎ時間も含めると3~4時間ほどかかります。直行便のほうが短時間かつリーズナブルに移動できます。

路線の概要・メリット

成田発-新千歳行き航空券の相場
成田-新千歳線はシーズナリティによる価格変動があり、搭乗日や予約タイミングなど利用条件によって航空券の価格が異なります。JAL (日本航空) ANA (全日空) では早期購入割引運賃を設定し、片道12,000~15,000円台が割引運賃の相場です。LCCの場合は、最安で5,000円以下の格安航空券も利用可能です。週末や連休のフライトは、LCCでも15,000円前後まで価格がアップします。ピーク期をはずせば格安航空券を利用できるチャンスが多く、価格重視派の人におすすめです。

路線の特徴
観光・ビジネスともに需要の多い路線です。海外からのインバウンド訪日客の利用も多く、格安航空券が利用できるのでLCCのフライトは人気があります。年間旅客数は約91万人で座席利用率は83.2%と高く、年間を通して人気がありピーク期は満席になる便もあります。LCCを利用する場合、家族や友達どうしで並びの席を希望する場合は事前座席指定 (有料) をしておくと安心です。時間帯や天候状況にもよりますが、機内の窓からは筑波山・磐梯山・十和田湖の景色を楽しめます。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は首都東京の国際空港として1978年に開港し、2018年に開港40周年を迎えました。就航ネットワークは国際線118路線、国内線19路線です。年間旅客数は国内線・国際線あわせて約3,900万人で羽田空港についで多く、国際線の旅客数は国内の空港で最も多い約3,150万人です。日本から海外へのアウトバウンドだけでなく、近年はアジアを中心にインバウンド訪日客も増えています。LCCの就航が多いのも特徴で、国内線はジェットスタージャパン春秋航空日本バニラエア (Vanilla Air) ピーチ (peach) が乗り入れ、LCC専用ターミナル (第3ターミナル) も完成しました。空港は千葉県成田市にあり東京都心部からは少し離れていますが、鉄道 (JR・京成) やリムジンバスなど移動手段も多くアクセス便利です。

新千歳空港
新千歳空港は北海道最大規模の空港で、年間旅客数は国内線・国際線あわせて約2,300万人を超えています。旅客数は羽田・成田・関西・福岡に次ぐ規模で、国内線に関しては羽田空港に次いで多くの人が利用しています。国内線の路線数は29路線で、道内6都市と札幌を結ぶ路線も就航。利尻線は6~9月までの季節運航 (1日1往復) のほか、羽田・関空・伊丹・中部・仙台-新千歳線は混雑期に臨時便が設定されます。冬は24時間体制で除雪作業が行われているため降雪による運航への影響は少ないものの、大雪の場合は欠航になることもあります。欠航時の航空券取扱いを事前に確認しておくと安心です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は千葉県成田市にあり東京都心部から少し離れていますが、鉄道やリムジンバスなど交通手段が多く首都圏各地から約1時間~1時間30分で空港にアクセス可能です。第1ターミナル・第2ターミナルの地下は鉄道駅と直結。JR特急成田エクスプレスを利用すると、JR東京駅からは約60分、JR横浜駅からは約90分で到着します。京成線スカイライナーの場合は、上野駅から約57分で成田空港に到着します。都内の主要ホテルや首都圏の主要ターミナル駅から成田空港行きのバスは運行間隔も比較的短く便利。東京ディズニーリゾート地区や羽田空港と成田空港間の直通バスも利用できます。また東京駅・銀座から格安高速バス (片道900~1,000円) も日中20分間隔で運行。成田空港までの所要時間は約70分です。

新千歳空港
新千歳空港から札幌中心部までは、JR・バス・タクシー・車で移動可能です。空港ターミナルビルの地下1階にはJR新千歳空港駅があり、快速エアポートに乗車すると札幌駅まで約37分 (運賃1,070円) で到着します。途中停車駅の南千歳駅で旭川・苫小牧・帯広方面行きのJR千歳線・石勝線に乗り継ぐことができます。札幌経由の場合、小樽駅までは約71分 (1,780円) もアクセス可能。札幌都心部のホテル・すすきの・札幌駅前・大通・中島公園といった主要スポットへは、空港連絡バスも運行しています。空港からの所要時間は約60~90分で料金は1,030円前後が目安です。タクシー乗り場は、国内線旅客ターミナルの1階に2ヶ所あります。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。