地図

東京 成田 (NRT) 発 - ソウル 仁川(インチョン)国際 (ICN) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 成田発 - ソウル 仁川(インチョン)国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥10,950

直行便航空会社

13

週の便数

136

平均飛行時間、合計距離1258 km

2 時間 25 分

ソウル 仁川(インチョン)国際

1 空港

よくある質問

ソウル 仁川(インチョン)国際には 1 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際です。
スカイスキャナーで見つけた東京 成田からソウル 仁川(インチョン)国際までの最安フライト料金は、¥10,950です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 成田からソウル 仁川(インチョン)国際までの平均フライト時間は2 時間 25 分です。
東京 成田からソウル 仁川(インチョン)国際までの直行便があるエアラインは、13社あります。
8月時点では、東京 成田からソウル 仁川(インチョン)国際までは毎週 136 本のフライトがあります。

成田空港から仁川国際空港行き ルートの基本情報

東京とソウルの国際拠点空港を結ぶフライトで、年間を通して旅行・ビジネスに需要の高い路線です。LCCの就航便数が多く、週末や連休に格安航空券を利用した旅行も楽しめます。成田空港では利用する航空会社によってターミナルが異なるので、事前に確認しておきましょう。

成田空港 (NRT) -仁川国際空港 (ICN) 直行便を就航する主な航空会社・LCC

大韓航空アシアナ航空エチオピア航空ジンエアーエアソウル (Air Seoul) チェジュ航空ティーウェイ航空 (t'way) イースター航空 (イースタージェット)

大韓航空やアシアナ航空は韓国を代表するフルサービスキャリアで、エコノミー・ビジネスの2クラス運航です。韓国のLCC5社が就航し、事前座席指定や手荷物許容量などは追加オプションとして購入できるので、旅行のスタイルにあわせて必要なサービスを選択できます。

定期便の便数

大韓航空:3便、アシアナ航空:3便、エチオピア航空:1便
ジンエアー:3便、エアソウル (Air Seoul) :2便、チェジュ航空:4便、ティーウェイ航空 (t'way) :2便、イースター航空 (イースタージェット) :3便

大韓航空とJAL、アシアナ航空とANAはコードシェア提携をしているので、JALやANAの国内線からの乗り継ぎもスムーズです。韓国のLCCによる運航便が多くフライトの選択肢が幅広いので、スケジュールや予算にあったフライトを利用できます。エチオピア航空便は仁川国際空港経由アディスアベバ行きのフライトで、成田-ソウル 仁川までの区間のみ利用可能です。

直行便以外のアクセスルート

成田からソウル 仁川国際空港までは直行便を利用するのが一般的です。関西・中部・福岡など国内主要空港で飛行機を乗り継ぐこともできますが、ソウル到着までに4時間55分ほど時間を要します。直行便は格安航空券も利用できるので、時間・費用の両面で効率的です。

路線の概要・メリット

成田空港発-仁川国際空港行き航空券の相場
年間を通して旅行やビジネスで一定の需要がある路線です。8月は旅行需要が増えるため航空券の相場が高くなりますが、シーズナリティによる価格差はそれほど大きくありません。通常期のエコノミークラス往復航空券は、13,000~15,000円台が相場です。フルサービスキャリアの場合、LCCよりも1万円ほど運賃が高くなりますが早期に予約をすれば、往復3万円以下の航空券を利用できます。

路線の特徴
LCCのフライトが多く、格安航空券を利用しやすい路線のひとつです。LCCのフライトでは需要動向や空席予測数に応じて運賃が変動するので、旅行日程や選択するフライトによってリーズナブルな航空券を利用できます。フルサービスキャリアのフライトは、出張などビジネス利用客の割合が高く、ビジネスクラスも人気です。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は、国際線118路線・国内線23路線の定期便が発着する国際拠点空港です。2018年度の国際線の年間旅客数は3,500万人を突破しました。空港は3つのターミナルから構成され、スターアライアンス (Star Alliance) 、ワンワールド (oneworld) 、スカイチーム (SkyTeam) の航空アライアンスごとにターミナルが分かれています。第3ターミナルはLCC専用で、陸上競技のトラックをモチーフにした館内デザインが話題になりました。アジア線を中心にLCCの就航路線が増え、国際線定期便の約2割をLCCのフライトが占めています。1978年の開港から初めて、空港運用時間の延長が決定。人気路線の増便や新規路線の開設に期待が寄せられています。空港内にはシャワールームや仮眠室などもあり、国際線・国内線間の乗り継ぎ時にも便利です。

仁川国際空港
仁川国際空港は韓国で最も大きな規模の国際拠点空港で、首都ソウルと世界178都市を結ぶ就航ネットワークを展開しています。東アジアを代表するハブ空港としても機能し、世界各国より70社以上の航空会社が就航。日本国内25都市からもソウルへの直行便が運航しています。日本からはヨーロッパ・中東・オセアニア方面行きのフライトへの乗り継ぎで利用する人も多く、空港内のシャワールームやトランスファーラウンジも利用可能。また乗り継ぎ待ち時間を利用して空港周辺の名所をめぐる無料トランジットツアーも開催されています。2018年には第2ターミナルがオープン。自然や緑を取り入れた開放的な雰囲気で、大韓航空をはじめスカイチーム (SkyTeam) 加盟航空会社便が発着。空港内にはスタイリッシュなカフェやレストランが多く、到着後の気分転換にもおすすめです。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は東京近郊の千葉県成田市にあり、都心部から直線距離で約70km離れています。首都圏各地からの主なアクセス手段は鉄道・空港リムジンバス・車です。空港第1・第2ターミナルにJR・京成電鉄が乗り入れ、東京駅からJR成田エクスプレスなら最短50分、上野駅から京成スカイライナーだと最短41分で空港駅に到着。成田エクスプレスは、東京・品川・渋谷・新宿・池袋・横浜・大宮といった首都圏主要駅からも乗車できます。空港リムジンバスは路線数が多く、都心部の主要ホテルやターミナル駅から成田空港行きのバスが運行。東京駅・銀座駅から日中20分間隔で運行している格安バスは、片道1,000円で乗車できるので人気があります。車の場合は、東関東自動車道から新空港自動車道 (有料) を経由して成田空港ICから空港駐車場までのアクセスがスムーズです。利用する航空会社によってターミナルが異なるため事前に確認しておきましょう。

仁川国際空港
仁川国際空港はソウル中心部から約52km離れた、ソウル近郊の仁川広域市にあります。ソウル市内までは空港鉄道 (A’REX) ・リムジンバス・タクシーでアクセスできます。第1・第2ターミナルの地下に空港鉄道 (A’REX) の乗り場があり、直通列車は空港とソウル駅を最短43分で結んでいます。一般列車 (各駅停車) は金浦国際空港にも停車。仁川・金浦の両空港間の乗り継ぎもスムーズです。バスを利用する場合は、KALリムジンを利用するとソウル市内の主要ホテルにも停車します。市庁、江南・駅三、南山、蚕室などソウル市内の各方面行きの路線が開設されています。タクシーは一般タクシー (メーター制) ・インターナショナルタクシー (定額制) が利用可能。インターナショナルタクシーには英語や日本語が話せるドライバーも多く、サービスに定評があります。ソウル市内の移動には交通系ICカードの「T-money」カードを購入すると、バスや地下鉄の乗降時に便利です。

(2019年5月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。