地図

成田空港 (NRT) 発 - 釜山 (PUS) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なプサン(釜山)行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京 成田発 - 金海国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥11,235

直行便航空会社

6

週の便数

52

平均飛行時間、合計距離1039 km

2 時間 5 分

金海国際

1 空港

よくある質問

金海国際には 1 つの空港があります。金海国際です。
スカイスキャナーで見つけた東京 成田から金海国際までの最安フライト料金は、¥11,235です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京 成田から金海国際までの平均フライト時間は2 時間 5 分です。
東京 成田から金海国際まで直行便を出しているエアラインは、6 社あります。
8月時点では、東京 成田から金海国際までは毎週 52 本のフライトがあります。

成田空港から釜山行き ルートの基本情報

釜山は韓国南部最大の都市で、海雲台ビーチ周辺は夏になると海水浴やマリンスポーツを楽しむ人で賑わいます。甘川文化村や田浦カフェストリートなどおしゃれなスポットも多く、女子旅の旅行先としても人気があり、成田からは直行便を利用すれば2時間15分ほどのフライトで釜山に到着。LCCの格安航空券も利用可能で、予算やスケジュールにあわせてフライトを選択できます。

成田空港 (NRT) - 釜山 直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) 大韓航空エアプサンチェジュ航空

成田から釜山までは2時間15分ほどの短時間のフライトです。JALでは空弁スタイルの機内食を提供。LCCのエアプサンやチェジュ航空は普通席のみのモノクラスで、事前座席指定や手荷物許容量は追加オプションとして購入可能です。旅行のスタイルのあわせて必要なサービスをチョイスできます。

定期便の便数

JAL (日本航空) :2便、大韓航空:2便、エアプサン:2便、チェジュ航空:1便

JALと大韓航空は相互にコードシェア提携をしているので、往路はJAL便、復路は大韓航空便を利用することもできます。成田空港では利用する航空会社によってターミナルが異なり、大韓航空とエアプサンは第1ターミナル、JALは第2ターミナル、チェジュ航空は第3ターミナルからの出発です。

直行便以外のアクセスルート

成田空港から釜山 金海国際空港までは直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、関西国際空港・福岡空港・仁川国際空港を経由するルートがあります。乗り継ぎ時間も含めると釜山到着までは最短で4時間45分。直行便のほうが時間・費用の両面で効率がよく便利です。

路線の概要・メリット

成田空港発-釜山行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行客が増えるため、航空券の相場が高くなります。シーズナリティによって航空券の相場が変動するので、プライスアラート機能を利用して、航空券が安くなるタイミングをキャッチアップしましょう。通常期のエコノミークラス往復航空券は15,000~16,000円台で利用可能です。フルサービスキャリアはLCCよりも往復1~2万円ほど運賃が高く設定されていますが、事前座席指定や機内食などのサービスも含まれています。

路線の特徴
年間を通して人気の路線で、週末や連休は旅行客の利用が多い路線です。LCCでは需要動向や空席状況応じて運賃を設定しています。そのため利用者が増える週末や連休は相場が高くなりますが、平日は運賃が安く格安航空券を利用できます。

発着空港の概要

成田空港
成田空港は関西国際空港・中部国際空港と同じく国際拠点空港で、国際線118路線・国内線23路線の定期便が発着しています。国際線の発着がメインで、2018年度の国際線の年間旅客数は3,500万人を突破しました。空港は3つのターミナルから構成され、スターアライアンス (Star Alliance) 、ワンワールド (oneworld) 、スカイチーム (SkyTeam) のアライアンスごとにターミナルが分かれています。また第3ターミナルはLCC専用ターミナルとして開設され、陸上競技のトラックをモチーフにしたデザインが話題になりました。アジア線を中心にLCCの就航も増え、国際線定期便の2割はLCCの運航便です。2020年以降、顔認証技術を利用した搭乗手続き (OneID) の導入が決定し、空港のスマート化によって出発時も混雑も緩和され、さらなる空港の利便性向上が見込まれています。

釜山 金海国際空港
金海国際空港は韓国第2の都市・釜山の国際空港で、アジアの主要都市からの国際線が多数就航しています。日本からは成田空港のほか、関西・中部国際・新千歳・福岡・北九州・沖縄 那覇から直行便が就航。LCCのエアプサンは金海国際空港を拠点に韓国国内線やアジアの主要都市へとネットワークを展開しています。国内線・国際線ターミナルに分かれていますが、両ターミナルを結ぶシャトルバス (無料) が運行しているので乗り継ぎも便利です。国際線ターミナルは2017年にリニューアルが完了。チェックインカウンターが増設され、出発時の混雑も緩和し利便性が向上しました。ターミナル全体は明るく広々とした雰囲気で、ショップやカフェも充実。パッピンス (かき氷) やインジョルミ (きな粉餅) など釜山で人気のスイーツ店も出店しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

成田空港
成田空港は東京都心部から約70km離れていますが、首都圏各地からの交通アクセスが便利な空港です。空港第1・第2ターミナルにJR・京成電鉄が乗り入れ、JR成田エクスプレスなら東京駅から最短50分、京成スカイライナーなら上野駅から最短41分で空港駅までアクセスできます。首都圏の主要ターミナル駅からも60~90分ほどで空港駅に到着。空港リムジンバスは路線数が多く、新宿・渋谷・池袋・品川・丸の内・銀座など都心部の主要ホテルやターミナル駅から成田空港行きのバスが利用可能です。車を利用する場合は、東関東自動車道・新空港自動車道 (有料) を利用し、成田ICから空港までスムーズにアクセスできます。時間帯によっては道路が混雑するので、時間には余裕をみておきましょう。利用する航空会社によってターミナルが異なるため、事前にターミナル情報を調べておくと安心です。

釜山 金海国際空港
金海国際空港は釜山市内から約15km北西に位置しています。市内中心部までは金海軽電鉄・リムジンバス・タクシーが利用可能です。金海軽電鉄は、金海市中心部の伽倻大 (カヤデ) から空港駅を経て、沙上 (ササン) 駅を結んでいます。空港から3席の終点・沙上 (ササン) 駅で地下鉄2号線に乗り換えると、西面 (ソミョン) ・センタムシティ・海雲台 (ヘウンデ) といった主要観光スポットまで移動可能。リムジンバスは西面・釜山駅方面と海雲台方面の2路線が運行し、釜山市内の主要スポットや海雲台地区のリゾートホテルに停車します。タクシーはメーター制の一般タクシーと模範タクシーがあり、模範タクシー (ムボムテクシ) には英語や日本語が話せるドライバーも乗務しています。釜山市内の移動にはT-moneyカードやcashbeeカードといった交通カードを利用すると、バスや地下鉄の乗車時に便利です。

(2019年5月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。