地図

沖縄 那覇 (OKA) 発 - 香港国際 (HKG) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な香港行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

沖縄 那覇発 - 香港国際行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥13,540

直行便航空会社

3

週の便数

23

平均飛行時間、合計距離1458 km

2 時間 35 分

先月の最も人気の航空会社

National Airlines

香港国際

1 空港

よくある質問

香港国際には 1 つの空港があります。香港国際です。
スカイスキャナーで見つけた沖縄 那覇から香港国際までの最安フライト料金は、¥13,540です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
沖縄 那覇から香港国際までの平均フライト時間は2 時間 35 分です。
沖縄 那覇から香港国際まで直行便を出しているエアラインは、3 社あります。
9月時点では、沖縄 那覇から香港国際までは毎週 23 本のフライトがあります。

沖縄 那覇から香港行き ルートの基本情報

沖縄・香港ともに観光都市として人気があり、日本から香港、また香港から沖縄への旅行客に利用されています。2019年6月からはピーチが沖縄-香港線に再就航。3社が運航し便数も多いので利用可能なフライトパターンも多く、格安航空券の利用機会も広がりました。

沖縄 那覇-香港 直行便を就航する主な航空会社・LCC

香港航空キャセイドラゴン航空ピーチ (peach) (2019年6月28日就航)

香港航空は香港国際空港を拠点に、アジア・オセアニア・アメリカ西海岸の主要都市40都市への定期便を運航しています。2018年の定時運航率は88.11%でアジアパシフィック地域の航空会社で1位、世界でもトップ3社にランクイン。スカイトラックス (Skytrax) の格付けでは4スターエアラインに選定され、グローバルキャリアへと成長しつつあります。キャセイドラゴン航空は、中国本土をはじめアジアの主要都市と香港を結ぶフライトを運航しているキャセイパシフィックグループの地域航空会社です。ピーチは2019年6月より香港線に就航し、アジアへのネットワークを拡大。2017年10月より運航を休止していましたが、バニラエアとの統合による路線再編の一環で再就航が決定しました。

定期便の便数

香港航空:週20便、キャセイドラゴン航空:週7便、ピーチ (peach) :週7便

香港航空は週で最大20便を運航。1日3便を運航する曜日もあります。キャセイドラゴン航空とピーチは1日1便のデイリー運航です。

直行便以外のアクセスルート

沖縄 那覇空港から香港までは直行便を利用するのが一般的です。乗り継ぎ便を利用する場合は、石垣島または台北を経由するルートがあります。台北での乗り継ぎ便は香港到着までは5時間10分のフライト。直行便なら香港に2時間40分で到着しLCCのフライトも利用できるので、時間・費用の両面で効率がよく便利です。

路線の概要・メリット

沖縄 那覇発-香港行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行客が増えるため、航空券の相場が高くなり、シーズナリティによって価格差もあるので、プライスアラート機能を使って航空券が安くなるタイミングをチェックしましょう。LCCの往復航空券は22,000~23,000円台が相場です。またフルサービスキャリアのエコノミークラスは往復34,000~35,000円が平均的な価格になります。

路線の特徴
旅行客の利用がメインの路線で、香港から沖縄へのインバウンド訪日客の利用も増加傾向にあります。香港航空・キャセイドラゴン航空ではエコノミーとビジネスの2クラスで、パーソナルスペースが確保されたビジネスクラスも人気があります。

発着空港の概要

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は国内航空輸送の基幹空港と位置づけられ、国内線32路線・国際線17路線の定期便が発着しています。石垣島・宮古島・久米島といった沖縄離島路線のネットワークも充実し、那覇空港経由で先島諸島の離島まで行くこともできます。国際線はアジアの主要都市と那覇を結ぶ定期便が就航し、那覇空港に乗り入れているLCCも増えています。2019年3月には「際内連結ターミナル」がオープン。LCCのチェックインカウンターが設置され、LCC専用ターミナルへのバス移動も不要になりました。2020年3月には第2滑走路の供用が開始になり、発着枠が拡大される予定です。

香港国際空港
香港国際航空は、東アジアのなかでも最大級の規模を誇る空港で、世界各国から120以上の航空会社が乗り入れ、220都市以上への就航ネットワークを展開しています。香港国際空港から飛行時間が5時間以内のエリアに世界の全人口の約半数が集中しているといわれ、人口が過密なアジアの主要都市をはじめ、ヨーロッパ・中東・アフリカ・オセアニア・北米と香港を結ぶ定期便が就航。キャセイパシフィック航空・キャセイドラゴン航空・香港航空・香港エクスプレスは香港国際空港に拠点に世界各国に路線を拡充しています。空港は2つのターミナルから構成され、機能性・快適性にすぐれターミナル間の移動もスムーズです。利用者の満足度も高いことからスカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートを獲得しています。空港内はカフェやダイニングが充実し、出発前や到着後の気分転換にもおすすめです。

市内中心部-空港間のアクセス方法

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は那覇市中心部から5km圏内にあり、市内の主要スポットへのアクセスが便利な空港です。空港にはモノレール (ゆいレール) が乗り入れ、首里城にも近い首里駅と空港を約27分で運行しています。途中の停車駅には、那覇バスターミナルに近い旭橋駅、県庁前駅、那覇新都心のおもろまち駅があり、那覇市内の主要スポットからもアクセス便利です。本島中北部 (宜野湾市・北谷町・読谷村・恩納村・名護市・本部町) の主要リゾートからは空港リムジンバスも利用できます。レンタカーを利用する場合は、時間帯によって空港周辺の道路が混雑するので、出発便に間に合うよう時間に余裕をみておきましょう。

香港国際空港
香港国際航空は、九龍エリアや香港島中心部から約35km離れたランタオ島のチェクラップコク (赤鱲角島) に建設されました。市内までの交通アクセス手段は、エアポートエクスプレス (機場快線) ・エアポートバス・タクシーです。エアポートエクスプレスの乗り場は空港到着ロビーと連結し、終点の香港駅間での所要時間は約25分です。運行間隔も10~15分で、香港中心部までスムーズに移動できます。エアポートバスは、A・E (空港周辺) ・N (深夜運行) の3系統が運行。A系統のバスは路線数も多く、香港中心部の主要スポットに停車します。また香港MTR (地下鉄) やバス、フェリーを利用する際の料金支払いに便利な交通系ICカード (八達通) を購入しておくと、市内の移動に大変便利です。また、マカオへは高速船 (フェリー) のほか、港珠澳大橋 (HZMB) が開通し、バスでも移動できるようになりました。空港からはランタオ島 (大嶼島) の香港口岸までB4番のバスが運行しています。

(2019年4月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。