地図

沖縄 那覇発 - 石垣島島行きの飛行機チケットの検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な石垣島行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

沖縄 那覇発 - 石垣島行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥10,013

直行便航空会社

6

週の便数

134

平均飛行時間、合計距離407 km

0 時間 55 分

先月の最も人気の航空会社

日本トランスオーシャン航空

石垣島

1 空港

よくある質問

石垣島には 1 つの空港があります。石垣島です。
スカイスキャナーで見つけた沖縄 那覇から石垣島までの最安フライト料金は、¥10,013です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
沖縄 那覇から石垣島までの平均フライト時間は0 時間 55 分です。
沖縄 那覇から石垣島まで直行便を出しているエアラインは、6 社あります。
10月時点では、沖縄 那覇から石垣島までは毎週 134 本のフライトがあります。

沖縄 那覇 (OKA) - 石垣空港 (ISG) を就航する主な航空会社・LCC

東京から沖縄 那覇空港行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

航空会社 コード タイプ
ソラシドエア 6J フルサービスキャリア
ANA (全日空) NH フルサービスキャリア
日本トランスオーシャン航空 NU フルサービスキャリア
JAL (日本航空) JL フルサービスキャリア

日本トランスオーシャン航空 (JTA) ANA (全日空) ソラシドエア琉球エアコミューター (RAC)

日本トランスオーシャン航空は、美ら海水族館でおなじみのジンベエザメをモチーフに機体がペイントされた「ジンベエジェット」が人気。沖縄 那覇-石垣線でもジンベエジェットの運航便があります。琉球エアコミューターは新機材Q400CCが導入され、全席革張りシートでスタイリッシュなキャビンです。ANAとソラシドエアは普通席のみのモノクラスの機材ですが、ソラシドエアはシートピッチが約81cmと足元スペースが広くゆとりがあります。

バニラエア (Vanilla Air)

2018年7月より沖縄 那覇-石垣線を開設。格安航空券を利用して沖縄本島と石垣島の周遊旅行も楽しめます。曜日によってスケジュールが異なる場合があるので、予約時に出発・到着時刻を確認しましょう。

定期便の便数

日本トランスオーシャン航空 (JTA) :7便、ANA (全日空) :5~6便、ソラシドエア:2便、
琉球エアコミューター (RAC) :1便、バニラエア (Vanilla Air) :2便

1日21便と便数が多く設定されており、那覇空港で日本各地からの到着便と接続するフライトもあります。コードシェア提携を行っており、ソラシドエア運航便はANA便名でも予約可能です。ANAは冬ダイヤの一部期間で6便から5便に減便になります。

直行便以外のアクセスルート

沖縄那覇-石垣島行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。同日中の乗り継ぎはできませんが、琉球エアコミューターや日本トランスオーシャン航空を利用し与那国や宮古島を経由して、石垣島行きのフライトを利用することも可能です。南西諸島の離島をめぐる旅をゆっくり楽しむこともできます。

路線の概要・メリット

沖縄 那覇発-石垣島行きまで航空券の相場
那覇-石垣線は沖縄離島路線のなかでも人気があり、シーズナリティによる航空券の価格変動があります。4~8月は相場が高く、片道航空券は19,000円前後まで価格がアップします。9月以降は1万円以下まで価格が下がり、10~12月にかけては最安で3,000円台の格安航空券も利用可能です。航空会社が設定している早期購入割引運賃を利用すれば、片道1万円以下の航空券が購入できます。バニラエア (Vanilla Air) の就航で格安航空券が利用しやすくなったことから、旅行需要喚起にもつながっています。週末や連休は相場がアップするので、早期に予約をすれば割引率の高い運賃が適用されます。

路線の特徴
那覇-石垣線は、全国各地から那覇空港経由で石垣に向かう旅行客が中心のリゾート路線です。石垣島は沖縄のなかでも人気の離島で、スカイスキャナーの2018年人気急上昇の離島トップ8で4位にランクインしています。那覇-石垣線の年間旅客数は約58万人で、3月と7~11月は旅行客が増える時期。年間を通して温暖な気候のため、週末や連休を利用して石垣島旅行を楽しむ人も少なくありません。片道約1時間のフライトですが、天候条件が良ければ窓から美しい南西諸島の海と島の景色を楽しむことができます。

発着空港の概要

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は沖縄地域における拠点空港で、日本各地の主要空港と沖縄を結ぶ定期便が就航しています。石垣・宮古・久米島などの離島と那覇を結ぶ路線も多く、那覇空港の年間旅客数は2,100万人を超えています。日本トランスオーシャン航空 (JTA) 琉球エアコミューター (RAC) は那覇空港を拠点とし、主に離島路線を中心としたネットワークを展開しています。JALとANAがそれぞれ空港ラウンジを開設し、最終便出発までオープン。そのほか提携クレジットカードの提示で利用可能な「‎ラウンジ華〜hana〜」も営業しています。国内線ターミナル内にはDFS那覇空港免税店があり、海外に行かなくても一流ブランドの化粧品や時計も購入できます。ピーチ (peach) バニラエア (Vanilla Air) のフライトはLCC専用ターミナルの発着で国内線ターミナルからバス移動が必要なため、時間に余裕をみておきましょう。

石垣空港
石垣空港は2013年に開港した比較的新しい空港で、石垣市中心部から約15キロ北東に位置しています。明るく開放感のある空港で、旅客ターミナルにはリゾートらしい雰囲気が広がっています。羽田・成田・名古屋 (中部) ・関西・福岡からの直行便のほか沖縄 (那覇) ・宮古・与那国からの定期便も発着。2018年7月にはLCCのバニラエア (Vanilla Air) が成田-石垣線、那覇-石垣線に新規就航。格安航空券で気軽に旅行を楽しめることから新たな需要喚起にもつながり、年間旅客数は約250万人に達しようとしています。ピーク期は空港が混雑しているので、出発・到着ともに時間に余裕を見ておくと安心です。空港から市街地まではバスやタクシーを利用すれば約30分で移動できます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は市内中心部から比較的近い場所にあり、空港ターミナルとモノレール (ゆいレール) 那覇空港駅は連絡通路でつながっているのでスムーズに移動できます。バスターミナルのある旭橋、新都心のおもろまちなど主要スポットにモノレールの停車駅があり、始発駅の首里駅からの所要時間は約30分です。読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチなど、県内各地のビーチリゾートからも空港までバスが運行しています。沖縄エアポートシャトル (エアポートライナー) は美ら海水族館や本部、恩納村など主要なスポットに停車するので便利です。

石垣空港
石垣空港から市街地まではバスやタクシーを利用するのが一般的です。空港ターミナルを出たところにバス停があり、市街地までは約35~45分で到着します。空港発の始発便は朝7時15分、最終便は21時45分で運行間隔は約15分です。タクシーを利用した場合、石垣市街中心部までは約30分で料金は2,500円ほどかかります。空港ターミナル内にはレンタカーカウンターもあり、営業所までの送迎サービスも利用可能です。混雑する時期は出発前に予約を済ませておくと当日の手続きがスムーズです。宿泊先のホテルによっては、シャトルタクシー (有料) の手配や無料送迎バスを利用できる場合があります。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。