地図

沖縄 那覇 (OKA) 発 - 大阪 (OSA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

沖縄 那覇発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,590

直行便航空会社

7

週の便数

124

平均飛行時間、合計距離1190 km

1 時間 45 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

沖縄から大阪へのフライト情報

スカイスキャナーで沖縄 那覇から大阪の飛行機を検索。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の国内航空券をご提供いたします。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を見つけることができます。お気に入りの航空券を見つけたら、チケットを販売するサイトの予約ページへ直接おつなぎしますので、沖縄 那覇-大阪間の飛行機チケットをスムーズにご予約いただけます。
平均飛行時間や飛行マイル数等、大阪行きフライトの詳細を確認することができます。

福岡空港 (FUK) - 大阪 (OSA) を就航する主な航空会社・LCC

福岡から大阪行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

運航ルート 航空会社 航空会社のタイプ
福岡 → 関空
FUK - KIX
ピーチ LCC
ジェットスター LCC
ANA (全日空) フルサービスキャリア
福岡 → 伊丹
FUK - ITM
ANA (全日空) フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア

沖縄 那覇空港 (OKA) -伊丹空港 (ITM) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空)

JALはJAL SKY NEXT仕様の機材で、全席革張りシートでスタイリッシュなキャビンです。機内Wi-fiサービスを利用すればスポーツ中継やニュース番組もリアルタイムで視聴可能なほか、エンターテイメントプログラムも充実しています。ANAではプレミアムクラスと普通席の2クラス仕様。プレミアムクラスを利用する場合、出発前に那覇空港のラウンジでくつろぐこともできます。

沖縄 那覇空港 (OKA) -関西国際空港 (KIX) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

日本トランスオーシャン航空 (JTA) ANA (全日空) ジェットスタージャパン

日本トランスオーシャン航空 (JTA) は那覇空港を拠点とするJALグループの航空会社で、国内線12路線を運航。石垣・宮古・久米島などの沖縄離島路線が充実しています。ジェットスタージャパンは、2012年7月に那覇-関西線に就航。2018年10月からは機内持込手荷物の重量規定がLCC各社で7kgまでに統一されましたが、ジェットスターでは追加料金を払えば10kgまで荷物の機内持ち込みが認められています。

定期便の便数

那覇発-伊丹行きの直行便 JAL (日本航空) :2~3便、ANA (全日空) :3~4便
那覇発-関西行きの直行便 日本トランスオーシャン航空 (JTA) :3便、ANA (全日空) :4便、ジェットスタージャパン:1~2便

関西国際空港行きは便数が多く、国内線・国際線への乗り継ぎも便利です。ANA・JALでは夏休み・年末年始・春休み期間など混雑する時期は増便になります。またジェットスタージャパンは需要動向に対応したダイヤ編成で、平日は1日1便、週末は2便の設定です。

直行便以外のアクセスルート

沖縄那覇-大阪行きのフライトは直行便を利用するのが一般的です。伊丹空港までは、福岡・宮崎・熊本・鹿児島といった九州の主要空港を経由するルートがあります。なお関西国際空港までは途中経由可能な空港がなく、利用可能なフライトは直行便のみです。

路線の概要・メリット

沖縄 那覇発-大阪行き航空券の相場
春~夏はレジャーシーズンで混雑することから相場が高く、片道航空券の価格は23,000円前後です。7~8月は夏休みに入りピーク期になるため、25,000円台までアップします。日程や便によっては35,000円前後になる場合もあるので、早めにスケジュールを決めてスカイスキャナーのプライスアラート機能を使って航空券の安くなるタイミングを逃さないようにしましょう。秋~冬の期間は相場が安く、片道1万円以下の航空券も利用可能。LCCのフライトは需要動向により価格が変動し、片道5,000円の格安航空券もあります。

路線の特徴
沖縄は日本でも人気のリゾート地で年間を通して多くの観光客が訪れます。関西圏から沖縄への旅行・レジャー客の復路便としてだけでなく、沖縄から関西圏への観光・出張にもよく利用されています。また関西国際空港から海外主要都市行きのフライトへの乗り継ぎも便利です。LCCの運航は1社のみですが、フルサービスキャリアも早期購入割引運賃をはじめ多様な割引運賃を設定し、格安航空券の利用機会が拡大しています。

(2018年11月時点の情報)

発着空港の概要

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は国内における拠点空港のひとつで、年間旅客数は2,100万人を超えています。国内線32路線・国際線13路線と沖縄を結ぶ定期便が就航。国内線は全国各地の主要空港からの定期便をはじめ石垣・宮古・久米島など離島路線も発着し、観光だけでなく地域路線としても重要な役割を果たしています。LCCの新規就航も相次ぎ、LCC専用ターミナルも建設されました。国内線旅客ターミナル内にはJALANAによるエアラインラウンジのほか、カードラウンジの「ラウンジ華~hana~」も営業しています。またDFS那覇空港免税店もあり、国内線利用者も海外の一流ブランド品を購入可能。飛行機が出発するまでの時間もショッピングも楽しめます。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は大阪にある大規模な空港で、神戸空港とあわせて関西三空港と位置づけられ、国内・海外主要都市を結ぶ定期便が発着しています。伊丹空港の正式名称は大阪国際空港で大阪市内に近い都市型の空港として機能し、就航路線は国内線のみです。出発時の手荷物検査場の混雑緩和や到着時のスムーズな動線を確保するためターミナルビルの改修が進められ、2020年に全面リニューアルが完了予定。関西国際空港は世界20か国68都市への国際線定期便のほか、国内線16路線が就航しています。完全24時間運用空港で深夜早朝便も運航。国内線・国際線間の乗り継ぎも便利で、関西国際空港をハブ空港とするLCCも乗り入れています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は市内中心部から約5kmと比較的近く、空港まではモノレール (ゆいレール) が乗り入れています。ゆいレールは首里駅と那覇空港間を約27分で運行。旭橋駅は那覇バスターミナルに隣接し、市内各地からのアクセスも便利です。おもろまち駅や県庁前駅は那覇市内主要スポットにも近く、スムーズに移動できます。読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチなど、県内の主要リゾートから空港まで直通バスが運行。運行時間は地域によっても異なりますが、約80~100分が目安です。時間帯によって空港までの道路が渋滞することもあるので、レンタカーやバスを利用する場合は時間に余裕を見ておきましょう。

伊丹空港
伊丹空港は大阪都心部から約12kmに位置し、市内中心部までの主な交通手段はモノレール・鉄道・空港リムジンバス・タクシーです。旅客ターミナルビルの正面に大阪モノレールの駅があり、蛍池駅で阪急線に乗り換えれば、梅田駅までは最短30分で移動できます。空港リムジンバスは大阪駅前 (梅田駅) や周辺のホテルにも停車。なんば・あべの橋 (天王寺駅) ・近鉄上本町駅行きの路線もあります。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™や阪神甲子園駅のほか、京都・神戸方面行きのバスも利用可能です。到着ロビーを出て正面にタクシー乗り場があり、定額タクシー (事前予約制) サービスもあります。

関西国際空港
関西国際空港は大阪南部の泉佐野市にあり、JR・南海電鉄・空港リムジンバスを利用すれば大阪市内の主要スポットをはじめ、京都・神戸・和歌山・奈良など関西主要都市へのアクセスが便利です。旅客ターミナルの正面のエアロプラザとJR・南海の乗り場が連結し、到着口からもスムーズに移動可能。南海ラピートαを利用すれば、なんばまでは約34分、堺までは約27分で到着します。空港リムジンバスの運行エリアも広域にわたり、空港周辺のホテルや大阪駅前・心斎橋・近鉄上本町・なんば (OCAT) 、あべのハルカス (天王寺) までノンストップでアクセス可能です。海上空港という立地条件をいかし、神戸空港と関西国際空港を30分で結ぶ高速船も運航しています。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。