地図

沖縄 那覇 (OKA) 発 - ソウル (SEL) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

沖縄 那覇発 - ソウル行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,869

直行便航空会社

11

週の便数

67

平均飛行時間、合計距離1262 km

1 時間 55 分

ソウル 仁川(インチョン)国際およびソウル 金浦国際

2 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた沖縄 那覇からソウルまでの最安フライト料金は、¥8,869です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
沖縄 那覇からソウルまでの平均フライト時間は1 時間 55 分です。
沖縄 那覇からソウルまでの直行便があるエアラインは、11社あります。
12月時点では、沖縄 那覇からソウルまでは毎週 67 本のフライトがあります。

沖縄からソウル行き ルートの基本情報

ソウルには仁川国際空港金浦国際空港の2つの空港があり、沖縄 那覇空港からは仁川国際空港に直行便が就航しています。日本の航空会社では唯一ピーチが直行便を運航していますが韓国のLCCのフライトも多く、格安航空券を利用しやすい路線です。

沖縄-ソウル 直行便を就航する主な航空会社・LCC

大韓航空アシアナ航空チェジュ航空ジンエアーティーウェイ航空 (t'way) イースター航空 (イースタージェット) エアソウル (Air Seoul) ピーチ (peach)

大韓航空とアシアナ航空は世界各国にネットワークを展開している韓国の二大航空会社です。スカイトラックス (Skytrax) の格付けで、大韓航空は4スター、アシアナ航空は世界最高品質の5スターを獲得。大韓航空はジンエアー、アシアナ航空はエアソウルとそれぞれLCCをグループ傘下に置き、日本国内各地にも就航しています。チェジュ航空・ティーウェイ航空・イースター航空も韓国のLCCで、日本への乗り入れにより韓国の主要都市へのアクセスが格段に便利になりました。ピーチは那覇空港を第2拠点と位置づけ国際線5都市に定期便を運航しています。

定期便の便数

大韓航空:1便、アシアナ航空:1便、チェジュ航空:1便、ジンエアー:1便、ティーウェイ航空 (t'way) :1便、イースター航空 (イースタージェット) :2便、エアソウル (Air Seoul) :1便、ピーチ (peach) :1便

1日8便のダイヤ編成でイースター航空はダブルデイリーで運航。その他の航空会社は1日1便のスケジュールです。コードシェア提携により大韓航空便はJAL便名、アシアナ航空便はANA便名で予約することもできます。LCCのフライトでは曜日によって発着時間が異なる場合があるので、航空券検索時にスケジュールを確認しておきましょう。

直行便以外のアクセスルート

那覇からソウルまでは仁川国際空港行きの直行便を利用するのが一般的です。他の空港で乗り継ぐ場合は、福岡または釜山を経由するルートも利用できます。釜山では金浦国際空港行きのフライトにも接続しますが、時間に制約がある場合は仁川国際空港行きの直行便のほうが便利です。

路線の概要・メリット

沖縄 那覇空港発-仁川国際空港行き航空券の相場
沖縄-ソウル線は週末や連休はやや相場が高くなるものの、平日は格安航空券が利用しやすい路線です。LCCのフライトは片道8,000円台、往復は18,000円台で利用できます。フルサービスキャリアの往復航空券 (エコノミークラス) は38,000円台が相場。運賃は需要動向や空席予測数によって変動するので、早めに予約をすれば格安航空券でソウルへの旅行が楽しめます。

路線の特徴
片道2時間20分と短時間で移動できることから、ソウルは気軽に出かけられる海外旅行先として人気があります。観光だけでなくショッピングやグルメなど魅力の多い都市のため、観光客の利用がメインの路線です。スケジュール・運賃・各航空会社のサービスなどを比較しながら、旅行スタイルにあわせてフライトを選択できます。

発着空港の概要

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は、国内線32路線・国際線17路線のネットワークを有する沖縄地域で最大規模の空港です。年間の旅客数は2,100万人にのぼり、近年はアジアからのインバウンド旅行客も増加傾向にあります。国際線は韓国・中国・台湾の主要都市をはじめ、香港やシンガポールと沖縄を結ぶ定期便が発着。韓国線はソウル・釜山・大邱の3都市に就航していますが、LCCのフライトが充実しているので格安航空券を利用しやすい条件が整っているといえるでしょう。国際線ターミナル内のラウンジ「琉輪」はビジネスクラスの搭乗客や航空会社が運営しているマイレージプログラムの上級会員が利用できます。

仁川国際空港
仁川国際空港は韓国最大規模の国際空港であるとともに、東アジアを代表するハブ空港としても重要な役割を果たしています。大韓航空・アシアナ航空は仁川国際空港を拠点にグローバルな路線ネットワークを展開。日本からソウル経由でヨーロッパやオセアニアの行きのフライトを利用する人も多く、乗り継ぎの利便性も高い空港です。2018年には第2ターミナルがオープンし、大韓航空をはじめスカイチーム (SkyTeam) の加盟航空会社が利用しています。出発ロビーには自動チェックイン機や自動手荷物預け機が設置され、出発時の導線もスムーズになりました。24時間空港で深夜・早朝便を利用する場合はターミナル内のスパやカプセルホテルでシャワーを浴びたり仮眠をとることもできます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は那覇市内中心部から5km圏内にあり、沖縄本島内の各地から交通アクセスの良い空港です。モノレール (ゆいレール) は、首里城にも近い首里駅から那覇中心部を通り空港まで約27分で運行。途中、那覇バスターミナルのある旭橋や那覇新都心のおもろまち、県庁前駅からも乗車可能です。バスは本島内の中北部エリアのリゾート地区をはじめ、那覇市内や県内各方面からの移動に便利。車を利用する場合は、沖縄西海岸道路 (那覇西道路) の那覇空港ICが最寄りのインターチェンジです。時間帯により空港周辺のアクセス道路が混雑するため、時間には余裕をみておきましょう。

仁川国際空港
仁川国際空港はソウル中心部より約50km西に位置し、市内への主な交通手段は鉄道 (A’REX) ・リムジンバス・タクシーです。A’REXは仁川国際空港第1・第2ターミナルにそれぞれ駅があり、ソウル駅までのノンストップ便 (所要時間:約1時間) が運行。各駅停車は途中で金浦国際空港にも停車します。バスで市内に向かう場合は、大韓航空が運営しているKALリムジンが便利です。市庁方面・南山方面・江南方面・ウォーカーヒル方面への路線があり、ソウル市内の主要ホテルにも停車。到着ロビーにチケットカウンターがあり料金はやや高めですが、初めてソウルを訪問する人にもおすすめです。タクシーは到着ロビー正面に乗り場があり、模範タクシーやインターナショナルタクシーはサービスに定評があります。

(2019年3月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。