地図

大阪 (OSA) 発 - 宮崎 (KMI) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な宮崎行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

宮崎行き直行便

宮崎への直行便をお探しですか?ベストなルートを見つけるお手伝いをします。

  • 平均飛行時間1 時間 10 分
  • 往復直行復の最低価格¥8767
  • 週の平均便数194
直行便のあるエアライン
  • ANA Wings
  • Jエア
  • ピーチ(peach)
  • 全日空 (ANA)
  • 日本航空(JAL)
直行便を検索

大阪発 - 宮崎行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,768

直行便航空会社

5

週の便数

82

平均飛行時間、合計距離472 km

1 時間 5 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

宮崎

1 空港

よくある質問

宮崎には 1 つの空港があります。宮崎です。
スカイスキャナーで見つけた大阪から宮崎までの最安フライト料金は、¥8,768です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪から宮崎までの平均フライト時間は1 時間 5 分です。
大阪から宮崎まで直行便を出しているエアラインは、5 社あります。
2月時点では、大阪から宮崎までは毎週 82 本のフライトがあります。

大阪から宮崎行き ルートの基本情報

大阪には伊丹空港と関西国際空港の2つの空港があり、それぞれの空港から宮崎行きの直行便が就航しています。伊丹-宮崎線は便数も多く設定され、ビジネスでの利用割合が高いのが特徴です。関西-宮崎線はLCCのフライトで観光やレジャーで宮崎へ行く人に人気があります。

大阪-宮崎 直行便を就航する主な航空会社・LCC

伊丹-宮崎行き JAL (日本航空) ANA (全日空)
関西-宮崎行き ピーチ (peach)

JALはJ-AIR、ANAはANAウイングスによる運航。両社とも地域路線の運航を担うグループ会社によるフライトです。J-AIRの使用機材はエンブラエル190。小型機ながらも広々としたキャビンで座席にはユニバーサルPC電源がセットされています。ANAは便によって使用機材が異なり、一部のフライトはプロペラ機による運航です。ピーチは関西国際空港を拠点にネットワークを展開するLCCで、予約便に空席があれば自分の隣の座席 (空席) も利用可能なサービス「スペースシートオプション」を導入。有料サービスですがお子様連れの旅やひとりでも機内でゆっくりくつろぎたい人におすすめです。

定期便の便数

伊丹-宮崎行き JAL (日本航空) :5便、ANA (全日空) :6便
関西-宮崎行き ピーチ (peach) :1便

伊丹-宮崎線は1日11便の設定で、観光やビジネスに便利な時間帯が設定されています。日帰り利用にも無理のないスケジュールで、宮崎までは1時間5分と比較的短時間のフライトです。ピーチは1日1便の運航を基本としていますが、大型連休など混雑する時期に増便する場合もあります。

直行便以外のアクセスルート

大阪から宮崎までは、伊丹空港発・関西国際空港発とも直行便を利用するのが一般的です。他の空港で飛行機を乗り継ぐ場合は、福岡空港を経由するルートがあります。直行便は宮崎まで1時間5分のフライトですが、乗り継ぎ便を利用すると2時間35分~3時間5分と時間を要するため直行便のほうが時間・費用の両面で効率がよく便利です。

路線の概要・メリット

大阪発-宮崎行き航空券の相場
大型連休や夏休みは旅行や帰省客が増えるため相場が高くなりますが、シーズナリティによる航空券の価格差はそれほど大きくありません。LCCのフライトを選択すると、片道3,000円台、往復7,200円台の格安航空券も利用可能です。航空券の相場は片道7,000~9,000円台、往復15,000~18,000円台になりますが、フルサービスキャリアは早期購入割引運賃を設定しているので早めに予約をすればリーズナブルな航空券を利用できます。

路線の特徴
伊丹-宮崎線はビジネス利用の割合が高いのが特徴です。週末になると旅行客が増えるものの、出張利用客も少なくありません。関西-宮崎線は平日・週末にかかわらず観光・レジャー利用の旅客がメインです。宮崎は温暖な気候で、ゴルフやサイクリング、トライアスロン、サーフィンなどのスポーツイベントも多く、年間を通して人気があります。

発着空港の概要

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港は国内線33路線のネットワークを有し、年間旅客数は1,500万人にのぼります。大阪市中心部に近いことからビジネス利用客の割合が高いのが特徴。混雑の緩和と空港機能の強化を目的に旅客ターミナルビルの改修が進められ、出発・到着時の導線もスムーズになりました。JAL・ANAのラウンジもリニューアルされ、新しい空港に生まれ変わりつつあります。関西国際空港は年間2,800万人が利用する関西地区の国際拠点空港です。LCCの乗り入れが多く、国内線は全体の半数以上がLCCのフライトになります。ピーチとジェットスタージャパンは関西国際空港を拠点に路線ネットワークを展開し、LCC専用の第2ターミナルも建設されました。空港内には24時間営業のラウンジやショップもあり、深夜・早朝便を利用する場合も便利です。

宮崎空港
宮崎空港は国内線7路線・国際線3路線の定期便が発着し、年間旅客数は約320万人にのぼります。国内線は小型機の就航率が増えていることから、日本初の小型機に対応したボーディングブリッジを導入。車椅子を利用している人や高齢者も飛行機の乗降が便利になりました。JAL・ANA共用の「ラウンジ大淀」もリニューアルされ、座席数が大幅に増加。空港は全館Wi-Fi対応で通信環境も整備されているので、ラウンジで仕事をすることも可能です。空港施設内にはコックピット搭乗体験もできる「エアプレインパーク」もあり、大人も子どもも楽しめます。また宮崎県産完熟マンゴーをぜいたくに使用したマンゴーソフトクリームやフレッシュジュースが味わえるショップもあり、旅行客から人気です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港は大阪市中心部から約12km北西に位置する都市型空港です。阪急蛍池駅からモノレールに乗り換えて1駅で空港駅に到着。大阪駅 (梅田) ・新大阪駅・なんば・あべの橋・近鉄上本町など市内の主要ターミナル駅からは空港行きのバスが運行しています。大阪市内から車を利用する場合は、阪神高速11号池田線大阪空港出入口からすぐです。関西国際空港は、空港正面にJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかで京都から約75分・新大阪から約50分で空港駅に到着します。南海ラピートαの場合はなんばから空港駅まで最短34分。大阪主要駅のほか千里ニュータウンや泉北ニュータウンからも空港行きのリムジンバスが利用できます。また神戸空港と関西国際空港とを約30分で結ぶベイ・シャトル (高速船) も便利です。

宮崎空港
宮崎空港は市の中心部から10km圏内に位置し、空港から市内への主な交通手段はバス・鉄道・車です。宮崎市内へは予約不要の空港連絡バスが運行しています。所要時間の目安は宮交シティ (バスターミナル) まで約15分、宮崎駅やシーガイア (シェラトングランデ) までは約30分です。都城・日南・西都・小林など県内各地にも空港発のバスを利用できます。空港ターミナル前には宮崎空港駅があり、JR宮崎駅には約12分で到着。1時間に2~3本程度と運行本数が限られているので、事前に時刻表を確認しておきましょう。県内各地には高速を利用すれば、空港から1~2時間でアクセス可能です。

(2019年4月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

格安航空券の検索におすすめのツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。