地図

大阪 (OSA) 発 - 沖縄 那覇 (OKA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

大阪発 - 沖縄 那覇行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,489

直行便航空会社

8

週の便数

124

平均飛行時間、合計距離1190 km

2 時間 0 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

沖縄 那覇

1 空港

大阪から沖縄行きのフライト情報

大阪 (OSA) 発-沖縄 那覇 (OKA) を就航する主な航空会社・LCC

伊丹・関西発-那覇行き フルサービスキャリア

JAL (日本航空) 日本トランスオーシャン航空 (JTA) ANA (全日空)

伊丹空港からはJALとANAの2社が那覇空港に就航。関西国際空港からはANAと日本トランスオーシャン航空が那覇行きの定期便を運航しています。JALは機内Wi-Fiサービスが利用可能な機材で、クラスJと普通席の2クラス仕様です。ANAもプレミアムクラスと普通席の2クラス機材で運航しています。

関西発-那覇行きLCC

ジェットスタージャパンピーチ (peach)

関西国際空港を拠点としているジェットスターとピーチの2社が関西-沖縄 那覇線を運航しています。運賃は需要動向や空席状況などによってフレキシブルに変動します。ゴールデンウィークや旧盆期間、年末年始は旅客数が増えるため臨時便が設定されることもあります。

定期便の便数

伊丹発-那覇の直行便 JAL (日本航空) :2便、ANA (全日空) :3便
関西発-那覇の直行便 日本トランスオーシャン航空 (JTA) :3便、ANA (全日空) :4便、ジェットスタージャパン:1~3便、ピーチ (peach) :3便

早朝便を利用すれば那覇空港に午前中到着するので、午後から観光やレジャーを楽しむことができます。またジェットスターでは週末に旅行客が増えることから、金~日は1~2便多く設定しています。

直行便以外のアクセスルート

大阪から沖縄 那覇空港へは直行便を利用するのが一般的です。福岡・宮崎・熊本・鹿児島といった九州の主要空港を経由するルートもありますが、乗り継ぎ時間も含めると3時間30分~4時間30分ほどかかります。九州の主要都市と沖縄の周遊旅行を楽しみたい人にはおすすめです。JALやANAでは乗り継ぎ運賃を設定していますが、直行便を利用するほうが航空券の価格が安く、かつ短時間で移動できます。

路線の概要・メリット

大阪発-沖縄 那覇行き航空券の相場
大阪-沖縄線は季節によって航空券の価格が変動し、春から夏のレジャーシーズンは片道25,000円前後で片道航空券を利用できます。ゴールデンウィークと夏休みは相場が高くなるので、航空会社が設定している早期購入割引を利用しましょう。片道1万円台の格安航空券も販売。早期購入割引運賃やLCCの航空券は、需要動向や各便の空席予測に基づいて運賃が設定されているため、時間帯や便ごとに航空券の価格が異なります。秋から冬のシーズンは1万円以下で購入できる格安航空券もあります。

路線の特徴
関西圏から沖縄への旅行客がメインに利用する人気のリゾート路線で、年間旅客数は伊丹-那覇線・関西-那覇線あわせて110万人を超えています。大阪・神戸発のフェリーも2017年に運航休止になり、航空便を利用する人がほとんどです。春は3月と5月、夏は8・9月に旅客数が特に増えるので、早期購入割引の適用期間内に予約をすると、リーズナブルな航空券を利用できます。時間帯や天候などにもよりますが、飛行機の窓からは足摺岬・与論島・屋久島などの景色を楽しむことができます。

発着空港の概要

伊丹空港・関西国際空港
大阪には伊丹空港関西国際空港の2つの空港があります。神戸空港とあわせて関西三空港と位置づけられ、大阪のマルチエアポートとして相互に航空券の振替対応が可能な航空会社もあります。伊丹空港は国内線のみ、関西国際空港は国内線・国際線の定期便が就航。伊丹空港は約50年ぶりに国内線ターミナルの改修工事が行われ、従来南北に分かれていた到着口が中央に集約され、モノレールやリムジンバスなどにもアクセスしやすくなりました。関西国際空港はLCCの就航が多く、国内線ではジェットスタージャパン春秋航空日本バニラエア (Vanilla Air) ピーチ (peach) の4社が乗り入れています。2017年にはLCC専用ターミナルが完成。アジアからのインバウンド訪日客の旅客も増えています。国内線は16路線が就航し、九州・沖縄地域への定期便が多く設定されています。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は沖縄地域の空の玄関口であり、日本国内はもとよりインバウンド訪日客の利用者も増えつつあります。年間旅客数は国内線・国際線あわせて2,100万人を超えています。日本トランスオーシャン航空 (JTA) 琉球エアコミューター (RAC) は那覇空港を拠点に、石垣島・宮古島・久米島などの離島路線も運航しています。那覇空港で飛行機を乗り継ぎ、離島へ向かうことも可能。LCCの就航も相次ぎ、LCC専用ターミナルも開設されました。空港は那覇市内中心部に比較的近く、本島内の主要リゾートにもバスが運航しています。旅客ターミナル内には沖縄郷土料理が味わえるレストランやお土産ショップも充実しています。

市内中心部-空港間のアクセス方法

伊丹空港
伊丹空港関西国際空港は大阪市内の主要スポットや京都・神戸・奈良など関西圏の都市への交通アクセス手段が豊富です。伊丹空港からはモノレールと阪急を利用すれば、梅田まで約30分で移動可能。リムジンバスも大阪駅前 (梅田駅) ・新大阪駅・なんば駅前・天王寺駅・近鉄上本町駅といった主要駅に約30分で到着します。大阪市内だけでなく、京都・神戸・奈良など関西の主要都市へのバスも運行しています。

関西国際空港
関西国際空港は大阪都心部からやや離れていますが、空港ターミナル前にはJRと南海の空港駅があり、南海電鉄ラピートに乗車するとなんば駅までの所要時間は約40~50分です。JR特急はるかを利用すれば新大阪駅までは約50分、京都駅までは約75分で到着し、山陽新幹線にも乗り換え可能です。ユニバーサルスタジオ・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®行きのバスも利用可能。伊丹・関西を両空港間の連絡バスも運行しており、所要時間は約70分です。

沖縄 那覇空港
沖縄 那覇空港は那覇中心部から比較的近い場所に立地しているので、モノレール (ゆいレール) ・バス・タクシーを利用すれば市内中心部までスムーズに移動できます。ゆいレールの乗り場は空港ターミナルと連絡橋で接続しているので迷うこともありません。旭橋やおもろまちといった主要スポットに停車し、約30分で都心部にアクセスできます。沖縄本島内の主要なリゾートには空港からバスで移動可能です。読谷地区・恩納村地区・かりゆしビーチ・美ら海水族館など主要なスポットへ向かう路線があり、所要時間は約100~150分です。レンタカーも利用できますが、連休や夏休みは空港からレンタカー営業所までの送迎サービスが混雑しているので、事前に予約を済ませておきましょう。

大阪発 沖縄那覇行き行き便の発着地

大阪は、西日本最大の都市で、関西の経済・文化の中心地で、首都東京に次ぐ都市として認識されています。さらに世界都市としても認知されており、都市単位の経済規模、および人口においても、世界有数のメガシティと評価されています。一方の沖縄那覇は、沖縄の県庁所在地であり、多くのツーリストでにぎわう街。数多くの個性的な島々が連なり、美しいビーチや自然、世界遺産や独特のグルメなどが人気を集める、日本有数のリゾート地として認識されている沖縄。西表島、小浜島、竹富島など、周辺の離島を含め、多くのツーリストが満足できる魅力的な観光資源がそろっています。

スカイスキャナーで大阪発 沖縄那覇行き格安航空券を検索してください。どこよりもお得な格安航空券が簡単に見つかります。スカイスキャナーの検索システムでは、世界のあらゆる航空会社のデータを検索し、世界中のあらゆる目的地までの価格を比較して、どこよりも安い大阪から沖縄那覇行きの航空券を素早く探し出します。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。