地図

大阪発 - ソウル(韓国)行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能なソウル行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

大阪発 - ソウル行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥7,889

直行便航空会社

11

週の便数

249

平均飛行時間、合計距離848 km

1 時間 40 分

ソウル 仁川(インチョン)国際およびソウル 金浦国際

2 空港

よくある質問

ソウルには 2 つの空港があります。ソウル 仁川(インチョン)国際とソウル 金浦国際です。
スカイスキャナーで見つけた大阪からソウルまでの最安フライト料金は、¥7,889です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
大阪からソウルまでの平均フライト時間は1 時間 40 分です。
大阪からソウルまでの直行便があるエアラインは、11社あります。
12月時点では、大阪からソウルまでは毎週 249 本のフライトがあります。

大阪からソウル行きのフライト情報

スカイスキャナーで大阪からソウル(韓国)の航空券を検索。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券の価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をご提供いたします。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社をフレキシブルに変更頂くことができため、お客様に最も合った航空券を見つけることができます。お気に入りの航空券を見つけたら、チケットを販売するサイトの予約ページへ直接おつなぎしますので、大阪-ソウル(韓国)間のフライトをスムーズにご予約いただけます。
平均飛行時間や飛行マイル数等、ソウル(韓国)行きフライトの詳細を確認することができます。

大阪からソウル行き ルートの基本情報

大阪からソウルまでは、関西国際空港よりソウル 仁川国際空港と金浦国際空港に直行便が就航しています。仁川国際空港行きのフライトはLCCの就航数が多いのが特徴。選択可能なフライトパターンも幅広く格安航空券を利用できます。

大阪-ソウル 直行便を就航する主な航空会社・LCC

関西発-金浦国際行き 大韓航空アシアナ航空
関西発-仁川国際行き 大韓航空アシアナ航空ジンエアーティーウェイ航空エアソウルイースタージェットピーチ (peach)
※伊丹空港は国内線のみの発着のため、運航はありません。

金浦国際空港行きのフライトは、韓国を代表するフルサービスキャリアの大韓航空とアシアナ航空の2社が直行便を就航。仁川国際空港行きのフライトはLCCの就航が多く、スケジュールや予算にあったフライトを利用できます。

定期便の便数

関西発-金浦国際行き 大韓航空:2便、アシアナ航空:1便
関西発-仁川国際行き 大韓航空:便、アシアナ航空:2便、ジンエアー:4便、ティーウェイ航空:2便、エアソウル:2便、イースタージェット :2便、ピーチ (peach) :3便

大韓航空はJALと、アシアナ航空はANAとコードシェア提携をしています。関西国際空港発着のJAL・ANA国内線からもソウル行きの便にスムーズに乗り継げます。関西-仁川線はLCCのフライトが多く格安航空券を利用しやすい路線です。ピーチは日本の航空会社として唯一関西-ソウル線を運航。LCCでは事前座席指定・手荷物許容量などを追加オプションとして購入できるので、旅行のスタイルにあわせて必要なサービスを利用できます。

直行便以外のアクセスルート

大阪からソウルまでは関西国際空港発の直行便を利用するのが一般的です。福岡や熊本などの国内主要空港で飛行機を乗り継ぐことも可能ですが、ソウル到着までに時間がかかります。直行便のほうが時間・費用の両面で効率がよく、便利です。

路線の概要・メリット

大阪発-ソウル行き航空券の相場
夏休みや春・秋の大型連休は旅行需要が増えるため航空券の相場が高くなります。関西-仁川線はLCCの格安航空券が人気で、通常期の往復航空券は12,000~13,000円台が相場。ピーク期は往復20,000~21,000円台までアップしますが、旅行日程を数日スライドさせると通常期とほぼ同じ価格の格安航空券を利用できます。

路線の特徴
年間を通してビジネスや旅行に一定の需要がある路線です。出張利用の場合は、関西-金浦線のフルサービスキャリアを利用する人が多く、週末や連休を利用したソウル旅行には関西-仁川線が人気です。

発着空港の概要

伊丹空港・関西国際空港
大阪には伊丹空港関西国際空港の2つの空港があり、神戸空港とならんで関西三空港と位置づけられています。伊丹空港は国内線のみの発着ですが、空港ターミナルが改修され利便性が向上しました。関西国際空港は国際拠点空港として国内・海外の主要都市と大阪を結ぶ定期便が多数就航しています。LCCの就航年数は日本の空港のなかで最も多く、LCC専用の第2ターミナルも建設されました。LCCターミナル内の旅客導線もスムーズで、スカイトラックスよりベスト・ローコスト・ターミナルを受賞しています。

仁川国際空港・金浦国際空港
仁川国際空港金浦国際空港は、ソウルと国内外の主要都市とを結ぶ定期便が発着する二大空港です。仁川国際空港は東アジアのハブ空港としても重要な役割を果たしています。ソウルで飛行機を乗り継いでヨーロッパ・中東・オセアニアへのフライトを利用する人も多く、乗り継ぎの利便性も高い空港です。2018年には第2ターミナルがオープン。自動チェックイン機や自動手荷物預け機が設置され、出発時の混雑も緩和されスムーズになりました。金浦国際空港は国内線の発着がメインですが、日本・中国・台湾からの国際線も就航しています。韓国国内線の済州島・釜山・大邱行きのフライトへの乗り継ぎも便利です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は、関西地区の主要都市からの交通利便性が高い空港です。空港への主な交通手段としては、鉄道・空港リムジンバス・車 (タクシー) がよく利用されています。伊丹空港へは、梅田から阪急蛍池駅でモノレールに乗り換えれば空港まで1駅です。関西国際空港も旅客ターミナルの正面にJR・南海の関西空港駅があり、JR特急はるかを利用すれば新大阪駅から約50分、京都駅から約75分で到着。南海ラピートの場合は、なんばから最短34分です。空港リムジンバスは大阪駅・上本町・あべの橋などの主要駅のほか、京都・奈良・神戸といった近郊都市からも伊丹・関西両空港行きのバスが運航しています。神戸空港と関西国際空港を30分で結ぶ高速船や定額制タクシー (事前予約制) が利用可能です。

仁川国際空港・金浦国際空港
仁川国際空港金浦国際空港からソウル中心部までは、空港鉄道 (A’REX) ・リムジンバス・タクシーが主な交通手段です。A’REXは仁川国際空港第1・第2ターミナルにそれぞれ駅があり、ノンストップ便を利用すればソウル駅まで約1時間で到着します。金浦国際空港にもA’REXの普通電車が停車し、約25分でソウル駅にアクセス可能です。リムジンバスは、仁川・金浦両空港からソウル駅・明洞・東大門・南大門市場などソウル市内の主要スポットに停車。仁川国際空港からはソウル市内の主要ホテルに停車するKALリムジンバスも便利です。ソウル市内の地下鉄やバスなどの公共交通機関で利用できるプリペイド式交通カード「T-moneyカード」は、コンビニでの支払いにも利用できるので、市内に出る前に購入しておきましょう。

(2019年5月時点の情報)

海外旅行・国際線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。