地図

東京 (TYOA) 発 - 長崎 (NGS) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な長崎行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京発 - 長崎行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥13,360

直行便航空会社

6

週の便数

112

平均飛行時間、合計距離982 km

1 時間 50 分

先月の最も人気の航空会社

全日空 (ANA)

長崎

1 空港

よくある質問

長崎には 1 つの空港があります。長崎です。
スカイスキャナーで見つけた東京から長崎までの最安フライト料金は、¥13,360です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京から長崎までの平均フライト時間は1 時間 50 分です。
東京から長崎まで直行便を出しているエアラインは、6 社あります。
8月時点では、東京から長崎までは毎週 112 本のフライトがあります。

羽田空港 (HND) -長崎空港 (NGS) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

JAL (日本航空) ANA (全日空) ソラシドエア

JALでは機内Wi-Fiサービスの利用が可能で、2018年10月より機内でもスポーツ中継やニュース番組を視聴できる「ライブTV」サービスがスタート。子どもも楽しめるアニメやバラエティ番組も充実しています。ANAも機内Wi-Fiを順次導入。羽田-長崎線ではプレミアムクラスも選択できます。ソラシドエアでは、九州産の原材料を使ったスイーツやドリンク、アメニティグッズなどユニークな機内販売品が充実。シートピッチは平均81cmとゆとりがあり、快適なキャビンです。

成田空港 (NRT) -長崎空港 (NGS) まで直行便を就航する主な航空会社・LCC

ジェットスタージャパン

ジェットスタージャパンは2018年9月より成田-長崎線を開設。すでに就航している福岡・大分・宮崎・熊本・鹿児島に続いて、九州では6番目の就航都市となります。往路は成田-長崎、復路は福岡-成田のように往路到着空港と復路出発空港を別々に指定し、九州周遊旅行を楽しむことも可能です。

定期便の便数

羽田発-長崎行きの直行便 JAL (日本航空) :6便、ANA (全日空) :4便、ソラシドエア:4便
成田発-長崎行きの直行便 ジェットスタージャパン:1便

羽田発は1日14便で長崎に午前中に到着する便も多く、離島便への乗り継ぎも便利です。ANAとソラシドエアはコードシェア提携をしているほか、ソラシドエア便は羽田空港のANA自動チェックイン機で搭乗手続きができるのでカウンターに並ぶ必要もなく、スムーズに保安検査場へと進めます。成田発のジェットスター便は観光・出張ともに便利なスケジュールです。

直行便以外のアクセスルート

東京発-長崎行きのフライトは直行便を利用するのが一般的ですが、スカイマークが羽田空港より神戸空港経由で長崎までの便を1日3便設定。経由地の神戸では、機内持ち込み手荷物を持って一度降機し、改めて長崎行きの飛行機に搭乗します。経由便は、羽田から長崎まで一つの便名を通しで利用するため、一部区間のみ取り消すことはできません。また、JAL・ANA便を利用の場合は、大阪・伊丹空港で飛行機を乗り継ぐルートも選択可能です。

路線の概要・メリット

東京発-長崎行き航空券の相場
長崎は国内でも人気の観光地のひとつで、航空券の相場は夏高冬安傾向にあります。春から秋までは旅行に適したシーズンということもあり、航空券の価格は片道23,000円前後です。秋から冬のシーズンは相場が安く、15,000円前後まで価格が下がります。レジャーシーズンでもピーク期をはずせば比較的リーズナブルな航空券を利用可能。LCCのフライトを利用する場合、週末や連休は混雑するので片道1万円を超えることもありますが、平日は8,000~9,000円前後の航空券もありリーズナブルです。

路線の特徴
観光名所が多く、年間を通して旅行先として人気のある長崎。東京-長崎線は観光客の利用が多い路線のひとつです。また2018年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されたことやLCCの参入により格安航空券の利用機会も増え、観光需要の拡大が期待されています。首都圏から長崎までは他の交通手段とも競合しないため、機内サービスや割引運賃の価格、マイレージなど利用者の好みによってフライトを選択できます。

(2018年11月時点の情報)

発着空港の概要

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は、国内外の主要都市と東京を結ぶ定期便が数多く発着する国際空港です。羽田空港は国内線 (第1・2ターミナル) と国際線ターミナルに分かれていますが、各ターミナル間の移動や国内線・国際線間の乗り継ぎも便利。空港施設の利便性、空港スタッフのサービスなどハード・ソフトの両面で利用者からの満足度が高く、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されました。
成田空港は国際線の発着がメインですが、国内線も21路線が就航しています。LCCの就航により格安航空券の利用機会が拡大し、LCCの就航便はいずれも座席利用率が高く人気です。LCC専用の第3ターミナルも建設され、陸上競技のトラックをモチーフにした意匠設計や案内表示も話題になりました。羽田・成田両空港ともエアラインラウンジのほかカードラウンジも複数あり、ショップやダイニングエリアの店舗も充実しています。

長崎空港
長崎空港は年間315万人以上が利用し、国内線10路線、国際線2路線の定期便が就航しています。国内線は東京 (羽田・成田) 、関西三空港 (伊丹・関西・神戸) ・名古屋 (中部) ・沖縄 (那覇) のほか、五島福江・壱岐・対馬の長崎離島路線も発着。県外からの観光利用だけでなく、長崎県内の地域路線としても多くの人から利用されています。空港は大村湾に浮かぶ箕島を開発して建設され、世界初の海上空港として開港しました。その立地条件をいかし、空港からハウステンボス・時津まで連絡船も運航しています。空港内には長崎ちゃんぽんや五島うどん、トルコライスなど長崎のB級グルメが味わえるレストランもあり、お土産も品揃え豊富です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港
羽田空港は東京23区南部に位置し、都内中心部から交通アクセス便利です。モノレールと京浜急行は国内線旅客ターミナルの地下に直接乗り入れています。飛行機の出発時刻に間に合うよう遅延の少ないモノレールや京急を利用する人の割合が多く、浜松町からモノレール (空港快速) に乗車すると最短18分で空港に到着。品川駅から京急を利用した場合は20~25分で国内線ターミナルまで移動できます。都内の主要ホテルやターミナル駅からは空港リムジンバスも運行。タクシーやハイヤーの利用率はそれほど高くありませんが、都内各地からは定額タクシーの利用も可能です。

成田空港
成田空港は東京近郊の千葉県成田市にあり、距離的には都心部から少し離れているものの、鉄道やバスを利用すれば空港まで1時間~1時間30分程度でアクセス可能です。成田エクスプレス (JR) で東京駅から最短約50分、京成スカイライナーで京成上野駅から最短41分で成田空港に到着します。都内の主要駅やホテルからは空港リムジンバスも運行。羽田空港からのバスも利用可能です。また銀座・東京駅から片道900~1,000円で利用できる格安バスも人気があります。

長崎空港
長崎空港は長崎県中央部に位置し、長崎市・佐世保市中心部への主な交通手段は、バス・タクシー・車 (レンタカー・自家用車) です。長崎駅やバスターミナルが併設されたココウォーク茂里町行きの路線が運行しています。市内中心部までの所要時間は45~60分が目安。ハウステンボス・佐世保方面にはバス・連絡船・乗り合いジャンボタクシーが運行しています。ハウステンボスまではバスで約56分、連絡船なら約50分で到着。佐世保駅みなと口までは乗り合いジャンボタクシー (事前予約制) を利用すると約55分で移動できます。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。