地図

東京 (TYO) 発 - 大阪 (OSA) 行きの飛行機・格安航空券の検索

東京発 - 大阪行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥9,038

直行便航空会社

14

週の便数

397

平均飛行時間、合計距離446 km

1 時間 5 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

大阪 関西国際および大阪 伊丹

2 空港

東京 - 大阪のフライト情報

平均所用時間 1時間~1時間20分
料金 片道 ~low_price_display~〜
航空会社 ピーチ, スターフライヤー, ジェットスタージャパン, ANA (全日空), JAL (日本航空)
最も安いルート 東京 成田空港 - 大阪 関西国際空港 (NRT-KIX)
最も人気のルート 東京 成田空港 - 大阪 関西国際空港 (NRT-KIX)

東京 - 大阪 を就航する主な航空会社・LCC

東京から大阪行き便では、スカイスキャナーで以下のエアラインが多く利用されています。

運航ルート 航空会社 航空会社のタイプ
成田 → 関空
NRT - KIX
ジェットスター LCC
春秋航空日本 LCC
ピーチ LCC
バニラエア LCC
成田 → 伊丹
NRT - ITM
JAL (日本航空) フルサービスキャリア
羽田 → 関空
HND - KIX
スターフライヤー フルサービスキャリア
ANA (全日空) フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア
羽田 → 伊丹
HND - ITM
ANA (全日空) フルサービスキャリア
JAL (日本航空) フルサービスキャリア

東京 (TYO) から伊丹空港 (ITM) の直行便を就航する航空会社・LCC

JAL (日本航空)ANA (全日空)

羽田・成田空港発-伊丹空港行きの航空便はJALとANAの2社による運航です。JALはファースト・クラスJ・普通席の3クラス、ANAはプレミアムクラスと普通席の2クラス仕様の機材を導入。約1時間10分のフライトですが、グレードの高いクラスも人気があります。JALはワンワールド (oneworld) 、ANAはスターアライアンス (Star Alliance) に加盟していることから、成田・羽田着の国際線からの乗り継ぎも便利です。

東京 (TYO) から関西国際空港 (KIX) の直行便を就航する航空会社・LCC

JAL (日本航空)ANA (全日空)スターフライヤージェットスタージャパンピーチ (peach)

羽田発はJAL・ANA・スターフライヤーの3社、成田発はジェットスタージャパン・ピーチ (peach) の2社が運航しています。関西国際空港は24時間運用可能な空港ということもあり、便数は少ないものの羽田発20~21時台の便もあります。スターフライヤーは座席にUSBポートや電源もセットされ、機内で仕事をしたりスマートフォンの充電も可能です。成田発のフライトはLCC2社が運航。格安航空券の利用機会が広がり、出張や旅行のスタイルにあわせて手荷物許容量や事前座席指定など必要なサービスを選択できます。

定期便の便数

羽田発-伊丹行きの直行便 JAL (日本航空):15便、ANA (全日空):15便
成田発-伊丹行きの直行便 JAL (日本航空):2便、ANA (全日空):2便
羽田発-関西行きの直行便 JAL (日本航空):3便、ANA (全日空) :5便、スターフライヤー:5便
成田発-関西行きの直行便 ジェットスタージャパン:4便、ピーチ (peach):2便

羽田空港・成田空港では利用する航空会社によって、発着ターミナルが異なります。羽田空港発の場合、JALは第1ターミナル、ANA・スターフライヤー (関空行き) は第2ターミナルの発着です。成田空港発の場合、ANAとピーチは第1ターミナル南ウイング、JALは第2ターミナル、ジェットスターは第3ターミナル (LCC専用) を使用。出発ターミナルを事前に確認しておくと、当日手続きがスムーズです。ジェットスターは曜日によって便数が異なり、週末は増便になります。

直行便以外のアクセスルート

東京発-大阪行きの直行便は、羽田 - 伊丹・関空、成田 - 伊丹・関空の4路線が利用可能です。どの路線も直行便を利用するのが一般的で、途中乗り継ぎ可能な空港は特に設定されていません。

路線の概要・メリット

東京発-大阪行き航空券の相場
シーズナリティによる価格変動があり、春~夏はレジャーシーズンということもあり片道17,000円前後が航空券の相場です。また秋~冬は1万円以下まで相場が下がります。ゴールデンウィーク・旧盆期間・年末年始など利用者が増える時期はLCCも相場がアップしますが、日程を少しずらすだけで安い航空券を利用することもできます。LCCの場合、通常期は片道5,000円以下で運賃が設定されています。

路線の特徴
首都圏と関西圏を結ぶ大動脈として国内航空便のなかでも主要な幹線のひとつです。観光やレジャーを目的とした旅行客のほか、ビジネスユースの旅客が多いのが特徴。新幹線との競合路線ですが、短時間に移動できるだけでなく、多様な割引運賃の導入やLCCの参入で格安航空券を使いやすい環境が整っていることから航空便を利用するメリットがあります。羽田-関空線は、20~21時台の遅い時間のフライトもあり、新幹線を利用するよりも到着時間が早いので便利です。

発着空港の概要

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は国内・海外の主要都市と東京を結ぶ定期便が発着する大規模な空港です。羽田空港は国内線・国際線あわせて年間旅客数8,500万人を超えています。空港ターミナルの機能性や快適性、サービスやホスピタリティなどハード・ソフトの両面で顧客満足度が高く、スカイトラックス (Skytrax) より5スターエアポートに選定されています。
成田空港は国際線の発着がメインで、2018年に開港から40周年を迎えました。LCCの参入も多く、LCC専用の第3ターミナルもオープンしています。羽田・成田の両空港にはJALANAが開設しているエアラインラウンジのほかカードラウンジもあり、飛行機出発前に気分転換をはかることができます。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は大阪の空の玄関口で、神戸空港も含め関西三空港として機能しています。伊丹空港は国内線33路線の定期便が発着。2020年の全面リニューアルにむけて旅客ターミナルの改修工事が行われ、出発時の混雑を緩和するため手荷物検査場にスマートレーンを導入したり、到着口を中央に集約するなど出発・到着時の利便性向上をはかっています。
関西国際空港はアジア方面を中心に国際線のほか、国内線16路線の定期便が発着しています。ピーチやジェットスタージャパンの拠点空港のひとつで、LCC専用ターミナルも建設されました。24時間運用のため、深夜早朝便に対応したリムジンバスや高速船も利用可能です。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田空港・成田空港
羽田空港成田空港は首都圏からの交通手段が多く、アクセス便利です。羽田空港には浜松町駅からモノレール (空港快速) ・品川駅から京浜急行 (空港快特) を利用すれば、最短20分ほどで空港ターミナルに到着します。成田空港には成田エクスプレスや京成スカイライナーを利用すると都心部から1時間ほどで成田空港まで行くことが可能です。羽田空港・成田空港発着の空港リムジンバスも路線が豊富で、新宿・渋谷・池袋・銀座エリアの主要ホテルやターミナル駅のほか、横浜みなとみらい地区・幕張地区・お台場・東京ディズニーリゾート方面からの路線もあります。また成田空港には東京駅・銀座から片道900~1,000円で利用可能な格安バスも運行。定額タクシー (要事前予約) も利用可能で、自宅や会社からダイレクトに空港までアクセス可能です。

伊丹空港・関西国際空港
伊丹空港関西国際空港は大阪市内中心部をはじめ、京都・神戸・奈良など関西圏の主要都市へアクセスが便利です。伊丹空港からはモノレールと鉄道を利用すれば最短30分で梅田まで移動できます。関西国際空港からは旅客ターミナル正面のエアロプラザと南海・JRの駅が連結。なんばまでは南海ラピートαで約34分、堺までは約27分と大阪南部エリアへのアクセスが便利です。JR特急はるかの場合は新大阪駅まで約50分、京都まで約75分で移動可能。伊丹・関西国際空港発着の空港リムジンバスは、大阪駅前 (梅田駅) や周辺のホテル、なんば (OCAT) ・あべの橋 (天王寺駅) ・近鉄上本町駅のほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™や海遊館行きの路線も運行しています。

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。