地図

東京 (TYO) 発 - 高松 (香川) (TAK) 行きの飛行機・格安航空券の検索

おすすめの直前予約割引航空券

どこかに出かけてみませんか?今からでも間に合います。直前予約が可能な高松 (香川)行きのおすすめ航空券をご紹介します。
過去14日間で見つかった最安の概算価格を表示しています。

東京発 - 高松 (香川)行きのフライト情報

先月の最安値の往復航空券

¥8,691

直行便航空会社

5

週の便数

114

平均飛行時間、合計距離575 km

1 時間 15 分

先月の最も人気の航空会社

日本航空(JAL)

高松 (香川)

1 空港

よくある質問

高松 (香川)には 1 つの空港があります。高松 (香川)です。
スカイスキャナーで見つけた東京から高松 (香川)までの最安フライト料金は、¥8,691です。これは各航空会社を総合して見つけた料金で、当月で最も安い金額です。
東京から高松 (香川)までの平均フライト時間は1 時間 15 分です。
東京から高松 (香川)まで直行便を出しているエアラインは、5 社あります。
11月時点では、東京から高松 (香川)までは毎週 114 本のフライトがあります。

東京から高松行き ルートの基本情報

東京には羽田空港と成田空港の2つの空港があり、両空港から高松まで直行便が就航しています。羽田-高松線はビジネス需要が高いのに対し、成田-高松線は格安航空券が利用できるので旅行客から人気の路線です。高松空港は瀬戸内・中国地方の拠点空港として、岡山や倉敷からもアクセスがよく、香川県外からの利用者が多いのも特徴といえます。

東京-高松 直行便を就航する主な航空会社・LCC

羽田-高松行き JAL (日本航空) ANA (全日空)
成田-高松行き ジェットスタージャパン

JALとANAは、シートの快適性・キャビンの設備・機内サービス・ラウンジなどの空港施設がトータルに評価され、スカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアラインを獲得しています。JALは「JAL SKY NEXT」仕様の機材で、無料Wi-Fiサービスの導入により快適な通信環境を実現。ANAも国内線機材にWi-Fiサービスを順次導入し、ゆとりのあるシートやミールサービスが魅力のプレミアムクラスはビジネス利用客を中心に人気があります。ジェットスタージャパンは、高松をはじめ松山・高知にも就航し、四国への路線ネットワークを拡充しました。LCCでは航空券を片道ずつ予約できるので往路:成田-高松、復路:高知-成田といった旅程も可能で、四国の周遊旅行も楽しめます。

定期便の便数

羽田-高松行き JAL (日本航空) :7便、・ANA (全日空) :6便
成田-高松行き ジェットスタージャパン :2~3便

羽田-高松線はJAL・ANAあわせて13便の運航で、観光やビジネスに便利なダイヤ編成です。日帰り利用にも無理のない時間帯が設定されているので、高松での滞在時間を充分に確保できます。ジェットスターは需要動向に応じたダイヤ編成で曜日によって便数が異なり、平日は2便、週末や連休中などは3便の運航です。

直行便以外のアクセスルート

高松空港に発着している国内線は羽田・成田・沖縄の3路線となるため、羽田発・成田発いずれも直行便を利用するのが一般的です。また、岡山市や倉敷市中心部から高松までは車なら1時間30分程度で移動可能なことから、岡山空港発着便を選択することもできます。

路線の概要・メリット

東京発-高松行き航空券の相場
大型連休や夏休みは利用者が増えるもののシーズナリティによる価格変動はそれほど大きくなく、年間を通して航空券の相場が安定している路線です。成田-高松線は片道4,000円以下で設定されている場合もあり、往復1万円以下の格安航空券を利用できます。羽田-高松線は成田線と比べてやや高くなりますが、早期購入割引を利用すれば片道1万円以下の便もあり往復航空券の価格は2万円台が相場です。

路線の特徴
平日はビジネス需要の高い路線で、東京-高松間を往来する出張利用客がメインの路線です。週末は旅行者のほうが多く、LCCの就航で格安航空券の利用機会が拡大したことからリーズナブルな旅を楽しむ人も増えています。

発着空港の概要

羽田・成田空港
東京には羽田空港成田空港の2つの空港があり、同一都市内におけるマルチエアポートとして位置づけられています。羽田空港はスカイトラックス (Skytrax) の格付けで5スターエアポートを獲得し、空港施設の機能性・快適性はもちろんのこと、空港スタッフのサービスも高い評価を受けています。2020年3月より第2ターミナルの一部が国際線対応施設となることから、国際線ターミナルは「第3ターミナル」へと名称変更されることが決定。成田空港は近年LCCの就航が相次ぎ、LCC専用ターミナルも建設されました。国際線からの乗り継ぎで国内線を利用する人も多く、空港内のシャワールームや仮眠室もリフレッシュに利用できます。

高松空港
高松空港は国内線3路線・国際線4路線の就航ネットワークを有し、年間旅客数は約200万人です。四国の空港のなかでは松山空港についで利用者が多く、2018年4月に空港の運営が民営化されました。国内線搭乗待合室は空港の民営化にあわせてリニューアルされ、セルフスタイルのコーヒースタンドを設置するなど、新しいサービスを開始しています。ラウンジ讃岐では、USBソケットやコンセント席もありビジネスでの利用にも便利です。空港ターミナル内では讃岐うどんが味わえるレストランもあり、「うどん県」ならではのグルメも楽しめます。

市内中心部-空港間のアクセス方法

羽田・成田空港
羽田空港成田空港はいずれも交通利便性が高く、首都圏各地からの主な交通手段として鉄道・バス・車 (タクシー) がよく利用されています。羽田空港のターミナルにはモノレールと京浜急行が乗り入れ、浜松町駅や品川駅からは30分圏内。品川駅では新幹線やJR線からの乗り換えもスムーズです。成田空港は首都圏の主要駅からJR成田エクスプレスや京成スカイライナーに乗車すれば、60~90分でアクセス可能です。リムジンバスは都内の主要ホテルやターミナル駅から羽田空港・成田空港行きの路線が運行しています。成田空港へは東京駅・銀座駅から日中20分間隔で格安バスも運行し、片道1,000円で利用できるので人気があります。また都内各地から羽田・成田空港への定額制タクシー (事前予約制) も利用可能です。

高松空港
高松空港から高松市内をはじめ県内各地への主な交通手段は、バス・タクシー・車 (レンタカー) です。バスはJR高松駅・JR坂出駅・JR丸亀駅・JR琴平駅といった主要駅と空港間を約40~45分で運行しています。高松駅行きのバスには地方空港で初めて車椅子リフトが導入されました。車の場合は、四国各地だけでなく岡山や倉敷にも1時間前後でアクセス可能です。空港の駐車場は24時間営業で、高松空港のWebサイトで混雑状況を確認できます。20時以降の到着便を利用する場合は、タクシーを事前に予約しておくと市内各地への移動もスムーズです。

(2019年3月時点の情報)

国内旅行・国内線の検索におすすめの情報・ツール

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。