地図

キプロス(CY)発の格安航空券の検索

キプロス発格安航空券情報はスカイスキャナーで

キプロス発格安航空券を手に入れようと思ったら、スカイスキャナーのサイトを利用すると便利です。

航空券の価格が簡単に比較できるのに加え、経由地や所要時間、乗継回数も同時に見ることができるからです。

キプロス発飛行機の便が価格順に表示されるため、ぴったりの航空券を探し出すのに便利。

また詳細を見ると、経由地や空港での待ち時間のチェックができるだけでなく、チケット予約先サイトへのアクセスもできますので、航空券の購入がスムーズにできます。

キプロスから日本に向かうには乗継が必要

キプロスは地中海で3番目に大きいキプロス島の大部分を占める国。

1974年に南北に分断され、南部はキプロス共和国、北部は北キプロス・トルコ共和国になりました。エジプトギリシャ、トルコに近く、地中海性気候のため夏は暑く乾燥します。島南部のオリンポス山は標高が1951メートルあり、冬はスキーができます。

キプロスの国際空港は以前首都ニコシアにありましたが1974年のキプロス紛争で閉鎖されたため、代わりにラルナカに急遽国際空港が建設されました。今ではラルナカ空港がキプロスの空の玄関口です。エティハド航空エミレーツ航空、カタール航空などを利用し、アラブ首長国連邦やギリシャ、カタールを経由して成田空港に向かいます。

キプロスの特徴

自然豊かなキプロスはヨーロッパからの観光地として人気が高く、別荘地としても有名です。古くからオリエント諸国やローマ帝国の支配を受けていたため文化遺産も多く、見どころも多いです。キプロス共和国はギリシャ系住民が多く、ギリシャの文化を多く受け継いでいます。観光の拠点は首都ニコシアと古都パフォス。ニコシアには円形の城壁と砦に囲まれた旧市街があります。また紀元前5000年頃からの出土品や石像が展示されている考古学博物館があり、古代から近世に至るまでの文明に触れることができます。キプロス島南西部にあるパフォスは紀元前2世紀から紀元後4世紀にかけて、キプロスの首都として栄えました。2000年前に描かれたモザイクなど古い文化財が数多く残っており、1980年町全体がユネスコの世界遺産に登録されました。

過去45日間に検索された価格のうち最安値を、目安として表示しています。