スカイスキャナー ニュース 上海から列車で1時間、世界遺産「西湖」で味わう中華のおばあちゃんの味

すべての記事

上海から列車で1時間、世界遺産「西湖」で味わう中華のおばあちゃんの味

中国最大の都市であり、一年中活気の溢れる街、上海。長い歴史がありながら、商業、金融、工業などの中心地でもあります。歴史的建築群から文化に至るまで、中国ならではの伝統と最新技術の融合、調和を繰り返し、今も目まぐるしく進化し続けているこの大都市には、日本からは一日に何十という数の飛行機が飛んでおり、フライト時間もたったの3時間弱。気軽に行ける海外というキャッチフレーズでも日本人には大人気。異国情緒にも溢れ、食事もおいしいので、おすすめの都市です。

上海行き格安航空券をチェック!

今回は、上海在住で日本企業の特許に関する業務をおこなう弁護士として活躍中の、地球の歩き方 上海Web特派員の本橋さんに、上海観光の“ついで”として人気を集める世界遺産「西湖」(シーフー)周辺のグルメスポットをレポートしてもらいました。

 ■トンポーローは杭州料理、西湖にきたなら外婆家で名物トンポーローを食べよう

上海観光のついでにふらりと、そんなお手軽、お気軽に立ち寄れる世界遺産が、杭州にある西湖です。白蛇が美女になって姿をあらわすという、中国の有名な伝説「白蛇伝」の舞台になった湖で、他にも数々の民話や伝承に登場する有名な湖。2011年には世界遺産として登録されました。上海から杭州駅は、上海新幹線高速鉄道(通称“高鉄”)で約1時間。駅から西湖が見られるスポットまでは、バスやタクシーで5分ぐらいで行けます。

そんな西湖観光のランチにおすすめ、地元の方にも大人気の杭州料理のお店をご紹介!中華料理というと、四川や北京、広東などを想像されると思いますが、杭州料理は実は中国の8大料理の一つなんですよ。有名な、中国の豚角煮「東坡肉」(トンポーロー)をはじめとし、西湖を中心とする周辺の湖や川などで採れる新鮮な魚介類を使った料理が名物。

今回ご紹介するお店は「外婆家」(ワイポージャー)。中国語で「おばあちゃんの家」という意味です。さらに深堀りしますと、「外婆」は母方のおばあちゃんを意味します。その名のとおり、こちらのお店は、伝統的な杭州の家庭料理を、まるでおばあちゃんの家で食べているような気にさせてくれるお店。お昼時には地元の方々でいつも混雑しています。

平日のお昼時でもこの混雑。盛況ぶりがうかがえますね。

西湖のすぐ近くという絶好のロケーションということも重なり、観光客も多く訪れています。運がよければ、西湖が望める席に通されることもあります。

中国のカンフー映画のオブジェのような壺が壁一面に並べられていて、雰囲気抜群です。

上海行き格安航空券をチェック!

さきに述べた杭州一の名物料理、トンポーローを注文します。メニューの表記は「外婆紅焼肉」ですので覚えておきましょう。「紅焼」というのは煮込みの調理法です。

お値段は45元(約680円)。日本の豚の角煮と違って、八角(ハッカク)と呼ばれる中華料理に欠かせない香りが際立つスパイスが効いていて、独特の香りが鼻腔をくすぐります。お肉はとても柔らかく調理されていて、味もよく染みて、中国のおばあちゃんの味、というのも頷けます。

このトンポーロー、現地の方によると、その昔、杭州で洪水を防ぐための工事で地元の人たちを救った蘇東坡という方に日々お礼として贈られてくる豚肉を日持ちさせるために考案された料理、という由来があります。

外婆家にはもう一つ、名物があります。それがこちらの「緑茶餅」。お値段は12元(約180円)、お餅を緑茶味の薄いパイ生地で挟んで揚げた、中国杭州版の“おばあちゃんのぽたぽた揚げ”。ほんのりした甘みが女性にも人気で、周囲を見渡すとほとんどのテーブルに載っています。

ここで杭州の素敵な家庭料理に舌鼓を打って、食後に西湖をお散歩するプランも素敵ですね。

・DATA 湖濱店 住所:杭州市上城区湖濱路3号 TEL:0571-87635916 http://www.waipojia.com.cn/WCMS/Index.aspx

上海行き格安航空券をチェック!

地図