スカイスキャナー ニュース 海外のあの景色が日本でも!国内の絶景スポット5選

すべての記事

海外のあの景色が日本でも!国内の絶景スポット5選

いつか見てみたい、海外のあの絶景・・・実はそっくりな景色が見られる場所が、日本国内にもあるんです。海外旅行に制限がある今、そんな風景を追い求めて国内を旅してみてはいかがでしょうか。

※記事公開時点で各自治体は該当都道府県外からの観光客の受け入れを開始しており、各施設も営業を再開していますが、新型コロナウイルス感染症の状況により方針が変更される可能性があります。最新情報、および観光客向けのガイドラインについては、各自治体・施設の公式サイト等でご確認ください。

※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した 際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名往復。乗り継ぎ便含む)。2020 年7月31日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. ウユニ塩湖のような天然の鏡が砂浜に【香川県父母ヶ浜】

南米の国ボリビアにある、奇跡の絶景として知られるスポット「ウユニ塩湖」。乾季には塩が結晶化して辺り一面が白一色になりますが、12〜3月の雨季にはこの写真のように湖面に水がうっすらと張って、大きな鏡のように空を投影する絶景が広がります。

ウユニ塩湖 ボリビア

SNSでも話題のそのウユニ塩湖にそっくりな景色を見られるのが、こちらの写真の香川県三豊市にある砂浜「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」。ここでは、いくつかの気象条件が揃うと出現する「奇跡の景観」が見られます。

父母ヶ浜 香川

その条件とは、干潮と日没時刻。日の入り前後の「マジックアワー」と呼ばれる時間帯と、砂浜に大規模な水たまりができる干潮のタイミングが重なると、鏡のようになった水面に夕日が美しく反射する、素晴らしい景色が出現します。

父母ヶ浜 香川

さらに、水面が鏡のように綺麗に反射するためには、風が吹いていないというのも重要な条件。風の有無はその日の状況によりますが、干潮と日没時刻については見頃予想のカレンダーがあるので、チェックしてから行くのがおすすめです。

2. 白砂が眩しい日本のハワイ【和歌山県白良浜】

太平洋に浮かぶハワイ諸島は、世界中から注目される人気のリゾート。なかでもこちらの写真のオアフ島の「ワイキキビーチ」は、日本人観光客も毎年数多く訪れる有名な観光地です。

アメリカ ハワイ ワイキキビーチ

遠浅の真っ青な海が広がり、白い砂浜にはビーチを楽しむ人たちのパラソルが点在する常夏の楽園。そのワイキキビーチを連想させてくれるのが、和歌山県白浜町の「白良浜(しららはま)」です。

白良浜 和歌山

白良浜は、2000年にワイキキビーチの友好姉妹ビーチになっており、共通点が多いのだそう。緩やかに弧を描く遠浅の海岸線にサラサラで真っ白な砂浜が続き、夏には色とりどりのパラソルが登場。ファミリーやカップル、友だち同士など幅広い年齢層から親しまれるワイキキを思わせる、心地よいビーチです。

白良浜 和歌山

3. マチュピチュのような天空の遺跡【兵庫県竹田城跡】

南米ペルーにある有名な絶景の地「マチュピチュ」は、15世紀のインカ帝国時代に、アンデスの山々に囲まれた高地に建てられた都市跡で、世界遺産に指定されています。こちらの写真のように、巨大な石を積み上げるように建設された遺跡が現在も残り、その石の加工や建築技術にも注目が集まる魅惑的な秘境。

ペルー マチュピチュ

そのマチュピチュを彷彿とさせる景色を国内で見られるのが、兵庫県の竹田城跡です。標高353.7メートル地点に築かれた山城で、山全体を俯瞰で眺めると虎が伏せているように見えるため、別名「虎臥城」と呼ばれています。

兵庫 竹田城

竹田城跡は、天守台や本丸を軸に三方に石垣が広がり、完存する石垣遺構としては全国屈指の規模を誇ります。一躍有名になったのは、竹田城跡を朝霧が取り囲み、雲海に浮かぶように見える絶景。良く晴れた秋の朝など気候条件が揃った時に、周囲に濃い霧が発生するのだそうです。そんな竹田城跡の全体の風景を俯瞰で見るなら、隣の朝来山の中腹にある立雲峡の展望スポットへ。また、竹田城跡がある古城山に登って、竹田城跡を直に歩いてみることもできます。

兵庫 竹田城

4. 青い海に架かる絶景【沖縄県宮古島伊良部大橋】

アメリカのフロリダ州にある「セブンマイルブリッジ」。フロリダ半島とフロリダ・キーズ諸島の最南端、キーウエストまで点在する島々をつなぐ42の橋のうち、最も長い約7マイル(約11キロメートル)の橋です。両サイドに大西洋とメキシコ湾の青い海を臨み、壮大な景色の中ドライブが楽しめることで知られています。

フロリダ セブンマイルブリッジ アメリカ

宮古本島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」では、そんな爽快なドライブができます。2015年1月に開通した比較的新しい橋で、全長は3,540メートル。無料で通行できる橋としては日本最長の規模を誇ります。

宮古島 沖縄 伊良部大橋

ところどころに起伏もあり、ダイナミックな建築美も見どころのひとつ。天候に恵まれれば、橋の両側に大パノラマの海が広がります。この橋の絶景をゆっくりと感じたいなら、徒歩で渡ることもできますよ。

宮古島 沖縄 伊良部大橋

5. 南仏の花風景が広がる【北海道富良野ラベンダー畑】

南フランスの夏の風物詩として知られるラベンダー畑。6月下旬から7月中旬頃のシーズンになると、薄紫色の花が一斉に咲き誇ります。ラベンダーの香りと色で埋め尽くされた大地が丘の向こうまで続く、南仏ならではの絶景。

南仏 ラベンダー畑

北海道の富良野では、このような圧巻の花畑を見ることができます。

北海道 富良野 ラベンダー畑

富良野には観光農園がいくつかあり、ラベンダーだけでも異なる色のいくつかの品種を栽培しています。加えてポピーやルピナス、マリーゴールドなども植えられており、赤や黄、白などの花々が丘をカラフルに彩ります。春から夏にかけて長い期間にわたって花を観賞できるのもうれしいポイント。北海道の大自然の中、異国情緒ある絶景を存分に楽しめるスポットです。

北海道 富良野 ラベンダー畑

いかがでしたか。今年の夏休みは、パスポートなしで海外の絶景が堪能できるスポットに出かけて、素敵な思い出を作ってみませんか。

地図