地図

タイ国際航空の航空券の検索・予約

タイのフラッグキャリアであるタイ国際航空

1959年12月に設立されたタイ国際航空は、バンコクスワンナプーム国際空港をハブ空港としているタイ王国のフラッグ・キャリアで、世界でも有数の規模を誇っています。1960年より国際線の運航を開始し、アジアをはじめオセアニアヨーロッパ中東北米へとルートを拡大し、現在ではバンコクを起点として30カ国60都市を結んでいます。日本へは1960年5月に羽田-バンコク線が就航。その後、大阪名古屋福岡札幌へ乗り入れ、2017年5月現在、日本~タイ間は週75便が運航されています。南米を除く全大陸に就航している他、タイ国内線のネットワークも拡大。しかし、タイ国内線の競争激化の影響もあり、一部の路線を子会社の格安航空会社ノックエアに委譲しています。世界最大の規模を持つ航空連合のスター・アライアンスに、ルフトハンザ ドイツ航空スカンジナビア航空 (SAS)ユナイテッド航空とともにスターティング・メンバーとして加盟。同アライアンスの代表的メンバーとなっています。

タイ国際航空の割引プラン

期間が限定されていますが、タイ航空の航空券をお得に入手する方法はいくつか用意されています。例えば、「TGエコノミーセーバー」は出発14日前まで購入可能な早割で、燃油サーチャージがゼロに。また、「TGシニア運賃」は60歳以上を対象としたシルバー割引です。さらに、日本~タイ間だけでなく、世界各都市へのお得な航空券が入手できる「TGスーパーディール ネットワーク」なども用意されています。

タイ国際航空会社のマイレージサービス

「ロイヤルオーキッドプラス (Royal Orchid Plus)」というマイレージサービスを提供。ANAユナイテッド航空など28社が加盟する世界最大の航空連合「スターアライアンス」のメンバーで、加盟する航空会社を利用した場合もマイル獲得が可能です。また、スターアライアンスに加盟していない15社ほどの航空会社ともコードシェア提携。マイルが獲得しやすいのが特徴です。さらに、ロイヤルオーキッドプラスが提携するホテルやレンタカーなどの利用でもマイルが獲得でき、マイルを使用してこれらのサービスを受けることもできます。メンバーステータスは、レギュラー、シルバー、ゴールド、プラチナの4つ。入会時はレギュラーステータスで、その後、加算マイル数に応じてステータスが上がります。マイルの有効期限は3年間です。

おもてなしに評価が集まるタイ国際航空

タイ国際航空のサービスには「微笑みの国」と呼ばれるタイの伝統的なもてなしの心が生かされていると評判。搭乗時、美しいタイシルクの民族衣装に身を包んだキャビンアテンダントがやさしく手をあわせて出迎えてくれます。そのサービスは高く評価されており、コンデナスト・トラベラーなどの旅行専門誌や、各国のビジネス誌等によるサービスランキングでは上位の常連に。エアライン・オブ・ザ・イヤーをはじめ数々の賞を受けています (SKYTRAX社のワールド・ベストエアラインでは2017年に総合11位を獲得)。また、航空機材の新しさと整備技術の高さから、航空会社の安全度ランキングでは「A」をマーク。サービスと安心を兼ね備えた航空会社と評価されています。

タイ国際航空の主な就航ルート

アジア・パシフィックを中心に32ヶ国 63都市へ就航。バンコクを経由してパリ、ロンドン、ローマ、ミラノ、コペンハーゲン、フランクフルトなどヨーロッパの主要都市や中東へのアクセスにも利用されています。日本へは、成田、羽田、名古屋、大阪、福岡、札幌の5都市6空港へ乗り入れ。また、国内線はバンコクを起点に、国内10都市へ就航しています。スカイスキャナーでは、タイ国際航空は以下の就航便で多く利用されています。

人気の就航ルート 平均フライト時間
成田空港 (東京) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 6時間30分
羽田空港 (東京) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 6時間20分
関西国際空港 (大阪) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 5時間45分
中部国際空港 (名古屋) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 5時間45分
福岡空港 (福岡) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 5時間20分
新千歳空港 (札幌) 発 - バンコク スワンナプーム国際空港 (タイ) 行き 7時間
羽田空港 (東京) 発 - プーケット空港 (タイ) 行き 9時間
成田空港 (東京) 発 - プーケット空港 (タイ) 行き 8時間45分

タイ国際航空会社が利用している航空機のタイプ

B747-400型機11機、B777-300型機6機、B777-300ER 型機14機、B777-200型機8機、 B777-200ER型機6機、 B787-8型機6機、B737-400型機2機、A380-841型機6機、A330-343型機15機、A320-232型機4機、A330-322型機2機、A350-941型機1機、計81機。

タイ国際航空のチケットをお得に予約するならスカイスキャナー

タイ国際航空の航空券をお探しでしたら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーの検索システムは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行サイトが取り扱う航空券の価格の中から一括比較して最安値の航空券を探し出します。航空会社やエアライン・アライアンス別、フライト時間などの条件の中から、お客様のご希望に合った航空券をすばやく簡単に見つけることができます。

タイ国際航空のサービス

チェックイン

国際線
出発空港 搭乗カウンターの場所
成田国際空港 第1ターミナル 南ウイング 4階 Fカウンター
羽田空港 国際線旅客ターミナル3階Iカウンター
中部国際空港セントレア ターミナルビル3階Fカウンター
関西国際空港 第1ターミナル4階Dカウンター
福岡空港 国際線ターミナル3階
新千歳空港 国際線ターミナルビル3階
国内線
バンコク・スワンナプーム国際空港 4階A~C、H、Jカウンター
タイ・プーケット国際空港 新国際線ターミナルHカウンター
タイ・チェンマイ国際空港 国際線チェックインカウンター
タイ航空では空港での手続き簡略化のため、「i-チェックイン(i-Check in)」を導入。タイ国際航空ホームページもしくはモバイル専用アプリ「THAI MOBILE」からオンラインでチェックインができ、対象はタイ国際航空定期便となっています。タイ国際航空日本語ホームページから「i-チェックイン」の利用が可能で、手続きは出発24時間前から1時間前までです。

機内持ち込み手荷物と受託手荷物

手荷物の種類 荷物規定
機内持込手荷物 ハンドバッグ・カメラ・眼鏡・杖などの身の回り品の他に、客室内の収納棚または座席下に収納できるもので、3辺の和の最長が115cm、重さ7kg以下の手荷物が1個まで無料。また、各辺の最長は縦56cm、横45cm、奥行き25cm。ハンドバッグ・ノート型パソコンの大きさは、最大37.5cm x 25cm x 12.5cm、3辺の和の最長は75cm、重さ1.5kg以内。クアラルンプール発便は、56cm x 36 cm x 23 cm以内の手荷物1個まで。
受託手荷物

タイ・東南アジア・オセアニア・ヨーロッパ線など米国線以外を利用の場合

ファーストクラス50kg、ビジネスクラス40kg、プレミアムエコノミークラス40kg、エコノミークラス30kgまで無料。また、席を確保しているお子様は各クラスの大人と同様、席を確保していない2歳未満のお子様は10kgまで無料。受託手荷物には個数の制限はありませんが、1個あたり最大32kg、3辺の和は158cmまで。超過料金は出発地・目的地によるゾーン毎に定められています。

米国線を利用の場合

ファーストクラス・ビジネスクラスは32kg以下2個、エコノミークラスは23kg以下1個まで無料。1個あたりの3辺の和は158cmまで。また、席を確保していない2歳未満のお子様は23kg以下1個までで、3辺の和は115cm以内。これを超すものは超過料金がかかります。

スポーツ用品または携帯音楽楽器

タイ国際航空運航便(タイスマイル便含む)を利用の場合、ゴルフ靴1足を含むゴルフバッグ1セットのみ、無料受託手荷物許容量に含めることができます。ゴルフセットの他、スキューバダイビング機材一式、スキーおよび水上スキー、自転車等も手荷物許容量に含まれます。量やバッグの個数が許容量から超過した場合、日本から東南アジア、南アジア亜大陸、南西太平洋、中東行きは1セット60米ドル、日本からヨーロッパ、南アフリカ、モスクワ行きは1セット50米ドルが必要。サーフボードは日本から東南アジア、南アジア亜大陸、南西太平洋、中東行きで、長さ2m以内1本60米ドル、2m以上120米ドルかかります。但し、日本国内で購入した日本発デンパサール行きは、サーフボード1本のみ無料。また、オーストラリア・ニュージーランド発着は、サーフボード1本のみ受託手荷物許容量に含めることができます。(バンコクで途中降機の場合も対象)

手荷物は出発の20分前までに預ける必要があります。

搭乗クラス

ロイヤル・ファーストクラス、ロイヤル・シルククラス(ビジネス)、エコノミークラス

タイ国際航空はSKYTRAX社の「ワールド・エアラインアワード」で2017年の「ベストエコノミークラス」を受賞し、高い評価を獲得しています。

機内サービス

「ロイヤルオーキッドサービス」と呼ばれる微笑みの国タイならではのソフトなサービスが評判で、その質の高さに定評があります。機内食は本場のタイ料理をはじめ、洋食、和食と路線により2種類から選択。機内エンターテインメントは、映画、ゲーム、音楽、ニュース等が楽しめ、日本の映画も用意されています。また、有料Wi-Fiもあるため、スマートフォンやタブレットを使用して、EメールやSNSなどを楽しむことも可能です。

予約時の手数料

予約に手数料はかかりませんが、日本地区コールセンターまたは日本地区市内発券カウンターでの発券には、税込みで3,240円かかります。TGオンライン予約(Royal e-Booking)では予約・発券に手数料はかかりません。

(2017年5月現在の情報)

タイ国際航空

4.5/5
924件のレビューに基づく評価

スカイスキャナーは、価格の信頼性、手数料、カスタマーサービス、サイトの使いやすさ などに関するユーザーのフィードバックに基づいて航空会社および旅行代理店の評価測定を実施しています。

詳細を見る

タイ国際航空 お問い合わせ先

タイ国際航空 日本地区 コールセンター

0570-064-015

航空会社問い合わせフォーム (英語)

http://www.thaiairways.com/ja_JP/contact_us/feedbackform.page?

航空会社Webサイト

http://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page

航空会社 公式Facebookページ

https://www.facebook.com/ThaiAirways

航空会社住所 (東京オフィス)

東京都千代田区

有楽町1-5-1

日比谷マリンビル

100-0006

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。