新型コロナウイルスにより、お客様の旅行が影響を受ける可能性があります。すべての行き先に関して、最新の渡航制限・勧告等をこちらでご確認ください。

スカイスキャナー ニュース 初心者でも手軽にできるサイクリング旅におすすめの国内スポット5選

すべての記事

初心者でも手軽にできるサイクリング旅におすすめの国内スポット5選

最近では密を避けられるアウトドアの旅の楽しみ方としても注目を集めている旅先でのサイクリング。今回は旅先で気軽に自転車をレンタルして観光スポットを回れる、国内の目的地を5つご紹介します。

※新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体によっては住民の移動や観光客の受け入れに関して制限を設けたり、自粛を要請したりしている場合があります。方針は随時変更されます。旅行の際は、出発地・目的地の各自治体の公式サイトで最新のガイドラインをご確認ください。
※記事内の航空券価格は、スカイスキャナーから「最安値の月」で検索した際の最低価格です(羽田/成田空港発、エコノミークラス大人 1 名、 往復便)。2021 年6月1日時点の検索結果に基づいており、価格は随時変動しています。

1. 新旧が融合するフォトジェニックな街|金沢市(石川県)

江戸時代に加賀百万石の城下町として栄えた金沢市には、自転車シェアリングシステム「まちのり」が導入されており、観光客も気軽に利用できます。買い物や食事、観光をしたい時は一度サイクルポートに自転車を戻し、また必要な時にポートから借りて使うなど、何度でも乗り降りできる自由さが魅力です。

石川県金沢市まちのり
金沢市内で導入されている自転車シェアリング「まちのり」
Toby Howard / Shutterstock.com

金沢城公園、兼六園、ひがし茶屋街など歴史的な風情が今も残るエリアのほかに、金沢駅前にそびえる「鼓門(つづみもん)」や金沢21世紀美術館など、モダンアートが楽しめるスポットがいくつもあり、金沢市は新旧が融合した独特の雰囲気があります。金沢港付近には人気のグルメスポットもあり、各所に「まちのり」のポートが設置されているので、とても便利。

石川県金沢市・鼓門
金沢駅東広場で目を引く鼓門
Scirocco340 / Shutterstock.com

「まちのり」の利用者なら、提携している宿泊先から金沢駅前の「まちのり」事務局まで、荷物を配送してくれるというサービスも。観光中に旅行バッグを持ち運んだり、ロッカーを探さなければいけないという煩わしさから解放されるのもうれしいポイントです。住んでいる人のような感覚で、金沢の街を自由に巡ることができます。

石川県金沢市
金沢市内の旧市街
mTaira / Shutterstock.com

「まちのり」の詳細はこちらから。
https://www.machi-nori.jp

2. サイクリストに絶大な人気|しまなみ海道(愛媛県・広島県)

広島県の尾道と愛媛県の今治を結ぶ約70kmにわたる「しまなみ海道」は、サイクリストの聖地として知られるサイクリングスポットです。尾道や今治には自転車をレンタルできる「しまなみレンタサイクル」のターミナルがあり、クロスバイクから電動アシスト自転車まで、複数のタイプから自転車を選んで、ツーリングが楽しめます。

広島県しまなみ海道
瀬戸内海の絶景をバックに爽快なサイクリング
tagu / Shutterstock.com

「しまなみ海道」には、瀬戸内海に浮かぶ島々をつなぐ7本の橋が架かっています。さまざまな構造や大きさの橋を、瀬戸内海の絶景を見ながら海風を感じて自転車で走り抜けるのは、まさにこのサイクリングルートの醍醐味。

しまなみ海道
瀬戸内海の島々を結ぶ橋を自転車で渡る
tagu / Shutterstock.com

各所には観光スポットやグルメスポットが数多く存在しています。今治に一番近い大島には「亀老山展望台」と「カレイ山展望台」2つの絶景スポットがあり、瀬戸内海を望む雄大な景色を見渡せます。時々休憩を入れながら自然豊かな風景を眺めつつ、自分のペースでサイクリング旅を楽しめますよ。

「しまなみレンタサイクル」の詳細はこちらから。
https://shimanami-cycle.or.jp/rental/

3. 自転車レースも行われる海岸線を走る爽快感|丹後半島(京都府)

京都府北部の日本海側に面する丹後半島は、天橋立や夕日ヶ浦、伊根の舟屋群など、風光明媚な名所が数多く存在するエリア。海岸線にはサイクリングロードがあり、毎年自転車レースが開催されています。丹後半島ならではの海の絶景を眺めながら、サイクリングを満喫できるのが「海の京都e-Bike」。丹後半島の各スポットで電動アシスト自転車「e-Bike」の貸し出しをしているほか、ガイドツアーも実施しています。

京都府宮津市・天橋立
日本三景のひとつ、絶景の天橋立
beeboys / Shutterstock.com

江戸時代から日本三景のひとつに数えられる歴史的な名勝地、天橋立のある海沿いを巡るコースは、勾配が少ないためビギナーの方でも比較的無理なく回れるそう。天橋立を地上で間近に感じることができますよ。

天橋立のほか、湾沿いに約230棟の舟屋が立ち並ぶ「伊根」では、地元のことをよく知るガイドさんが案内してくれるガイドツアーに参加することもできます。

京都府与謝郡伊根町
丹後半島で有名な舟屋群、伊根
leungchopan / Shutterstock.com

風光明媚な絶景を楽しむなら、段々畑と海の絶景が美しい「袖志(そでし)の棚田」や全長6キロメートルもの白浜が続く夕日スポット「夕日ヶ浦」といった景勝地も。丹後の海の幸やフルーツといったご当地グルメや温泉など、サイクリング以外の楽しみも充実しています。

京都府京丹後市・袖志の棚田
夕焼けに染まる袖志の棚田
M Andy / Shutterstock.com

電動アシスト自転車なので普段自転車に乗り慣れていない人でもラクラク。

「海の京都e-Bike」の詳細はこちらから。
https://www.uminokyoto.jp/feature/detail.php?spid=31

4. 風光明媚な海の絶景を満喫|日南海岸(宮崎県)

宮崎県東部の「日南海岸サイクリングルート」は、通年で温暖な気候に恵まれ、海沿いに風光明媚な名所が広がる人気のサイクルルート。雄大な海の絶景を肌で感じながら、自転車で爽快に走ってみてはいかがでしょう。日南海岸サイクリングルートは、宮崎市や日南市、串間市にかけて、10のおすすめコースがあり、宮崎県内のJR駅や観光案内所など、自転車をレンタルできるスポットがあります。

宮崎県日南海岸
南国ムードあふれる日南海岸沿い
kamikaze.joe / Shutterstock.com

日南海岸サイクリングルートには見どころがたくさん。宮崎空港近くにある青島は、天然記念物に指定されている海岸線「鬼の洗濯岩」に囲まれた小さな島を本土から眺めたり、橋を渡って訪れることもできます。南下していくと、7体のモアイ像が並ぶ「サンメッセ日南」や海に面した洞窟の中に神殿がある「鵜戸神宮」など、パワースポットとして知られる場所も。

宮崎県日南海岸
たまに休憩をして、日南海岸の絶景を堪能
Kitinut Jinapuck / Shutterstock.com

さらに南へ進むと、都井岬(といみさき)に到着します。ここは国の天然記念物に指定されている「御崎馬(みさきうま)」の姿を見ることができる場所。現在では8種しか残っていないという日本在来種の御崎馬が、雄大な海をバックに放牧されているというのどかな風景も必見です。

宮崎県串間市・都井岬
天然記念物の御崎馬が放牧されている都井岬
sparrow0128 / Shutterstock.com

5. 趣の違う風景が楽しめる日本最大の湖|琵琶湖(滋賀県)

滋賀県の中央にある日本最大の湖「琵琶湖」もまた、サイクリストに人気スポットです。琵琶湖の一周は約200キロメートル。琵琶湖大橋を境に、大きく北湖(ほっこ)と南湖(なんこ)に分かれており、大部分を占める北湖は一周約160キロメートルあります。琵琶湖周辺の観光協会や観光案内所をはじめ、ホテルや自転車店などでレンタサイクルを利用できるので、サイクリングをしながら身軽に観光を楽しめます。

滋賀県琵琶湖
日本一の大きさを誇る琵琶湖
Toru Kimura / Shutterstock.com

のんびりと湖岸沿いを周遊したり、湖東エリアにある彦根城や、安土駅近辺の信長ゆかりの地といった歴史を巡るコースなど、湖岸を起点にして周辺エリアを観光したりと、さまざまなプランをたてられます。道の駅やカフェなどもあるので、途中で休憩して地元のグルメを味わうのも楽しみのひとつですね。

滋賀県彦根市・彦根城
湖東エリアに佇む国宝・彦根城
WATANABE CARLOS / Shutterstock.com

湖西エリアにある「白髭(しらひげ)神社」は、「近江の厳島」とも呼ばれる神秘的なスポット。湖岸の国道161号線沿いに大社があり、国道を挟んで向かい側の湖の中に朱色の鳥居が佇むフォトジェニックな風景が広がります。大きな琵琶湖はエリアによって景色もさまざま。サイクリング旅をしながら、自分の好きな風景にきっと出会えるはずです。

滋賀県高島市・白髭神社
湖の中に鳥居が佇む、白髭神社
Akara Kittipadimakun / Shutterstock.com

ドライブやバスとはまた違った旅を楽しめるサイクリング。環境にも優しく、自分のペースで自由に巡ることができます。その土地の空気を感じながら自転車で走ってみると、さらに旅先を身近に感じることができそうですね。

beeboys / Shutterstock.com