地図

福岡行きの国内航空券・飛行機チケットの検索・予約

福岡行きの飛行機

福岡空港は福岡市博多区の市街地にあり、市内中心部から約5キロのところに位置しています。アクセスが便利なことで知られ、地下鉄を利用すれば博多駅までは約5分、天神まで約10分で到着します。
福岡行きのフライトは東京 (羽田成田)、大阪 (伊丹関空)、名古屋 (セントレア小牧)、札幌 (新千歳) の4都市7空港をはじめ、全国各地の27の空港から定期便が就航。宮崎鹿児島沖縄のほか、対馬・天草・五島福江屋久島奄美大島といった離島へのフライトも発着しているため、九州方面の旅行の拠点として福岡にアクセスする旅行者も多くいます。

福岡行きの飛行機の相場・旅行のベストシーズン

航空券の相場

福岡行きの飛行機チケットは、年間の平均で約22,500円です。(*1)

福岡行き航空券の安い時期・高い時期

1~2月は年間平均運賃と比較すると14~19%も安く、往復航空券の相場は18,600~19,700円前後。航空券の相場が2万円以下になるのは1月と2月のみで、1年の中でも最も運賃が安い時期です。6月と11月も年間平均より運賃が10~11%ほど安く、2万円前後で往復航空券を利用できます。旧盆期間と夏休みで帰省客が増える8月は、平均運賃と比べると29%も運賃がアップします。ゴールデンウィークの5月、夏休みの7~8月、年末の12月といった混雑する期間を除けば、価格の変動率は小幅で相場は年間平均よりも安くなります。各航空会社の早期割引運賃やキャンペーン運賃が適用されるフライトもあるので、格安航空券を利用できるチャンスもあります。(*2)

九州の政治・経済の中心地である福岡。旅行だけでなく、国内外から出張で訪問する人も少なくありません。地理的にもソウルや台北に近いこともあり国際会議の開催も多く、アジアをはじめ世界に開かれた国際都市としても発展しています。観光資源も豊富で、博多市内だけでなく北九州や筑豊・筑後地区など、エリアごとに見どころがたくさんあります。日本海に面していますが玄界灘を流れる海流 (暖流) の影響で、冬も比較的温暖です。梅雨と台風の時期は降雨量が多いものの、それ以外の季節は晴れの日も多く1年じゅう旅行に適しています。なお3~5月は中国から黄砂が飛来することがあるので、マスクなどを持参すると安心です。

*1: エコノミークラス・大人1名あたりの往復運賃
*2: 価格の情報はスカイスキャナーの検索データをもとに計算しています

福岡行き 格安料金のチケット

福岡行きの飛行機チケットはスカイスキャナーで検索

メタサーチとは?福岡行きの飛行機チケットの価格を比較し格安で手に入れるなら、スカイスキャナーをぜひご活用ください。スカイスキャナーは世界の1,200社以上の主要航空会社・LCC、旅行代理店が取り扱う航空券のリアルタイムの価格を一括比較し、お客様に最安値の航空券をすばやく表示。また価格以外にも日程・所要時間・航空会社を変更・絞り込むことができるので、お客様に最適な航空券を簡単に見つけることができます。
航空券の価格を比較しクリックすれば、航空券を取り扱う旅行代理店・航空会社のサイトから直接福岡行きのフライトをご予約いただけます。

福岡行き便を就航する航空会社

福岡空港発着の国内線は路線数も多く、フルサービスキャリア、LCCをあわせると10社以上の航空会社が乗り入れています。JAL (日本航空)ANA (全日空)スカイマークスターフライヤー日本トランスオーシャン航空のほか、リージョナルキャリアはアイベックスエアラインズ (IBEX)フジドリームエアラインズ、主に離島路線を結ぶオリエンタルエアブリッジ天草エアラインが定期便を運航しています。また福岡空港に就航しているLCCはピーチジェットスターの2社です。
国際線も20社以上の航空会社が乗り入れ、大韓航空・アシアナ航空・エアチャイナ・中国東方航空・キャセイパシフィック航空・マカオ航空・チャイナエアライン・エバー航空・フィリピン航空・タイ国際航空・ベトナム航空・シンガポール航空といったアジアの航空会社のほか、ユナイテッド航空 (グアム線)・デルタ航空 (ホノルル線) が福岡からの定期便を運航しています。そのほかにもチェジュ航空、ジンエアー、香港エクスプレス、タイガーエア台湾、セブパシフィック航空などアジアのLCCのフライトも発着しています。

福岡空港から市内中心部へのアクセス方法

福岡空港は全国の空港の中でもめずらしく市街地の中にあり、空港から市内中心部までの移動も便利で、市営地下鉄・バス・タクシー・レンタカーが主な交通手段です。国内線旅客ターミナルと市営地下鉄の駅が直結していて博多駅までは2駅・約5分、福岡随一の繁華街天神までは5駅・約10分です。また地下鉄空港線は大濠公園・西新・姪浜と市内の主要スポットを通り、JR筑肥線とも接続しているので便利です。小倉、大牟田、久留米の各方面へは空港発の高速バスがあり、小倉・大牟田までは約1時間30分、久留米までは約50分で到着。その他、空港にはレンタカーのカウンターもあるので、福岡県内各地や近隣地域ヘ向かうのに自動車を利用する人もいます。

福岡旅行のお役立ち情報

博多から日帰りで行ける観光スポットが多い福岡の魅力

福岡市内は大濠公園・海の中道海浜公園といった都会のオアシスとも言える公園があり、のんびりと散策を楽しめます。キャナルシティ博多は映画館・ホテル・ショッピングモールが集まった複合施設で1日じゅう遊べます。キャナルシティ近くの中洲川端駅周辺は西日本一の繁華街とも言われ、夜になると博多ラーメンやホルモン焼きの屋台がたくさん営業しています。また福岡市から日帰りで行ける能古島は四季折々の花が楽しめることで有名。秋になると50万本ものコスモスが咲き博多湾を一望できる絶景スポットもあります。海の中道を通って本土から歩いて行ける志賀島は1周12キロの小さな島ですが、サイクリングをしながら美しい景色を堪能できます。
そのほか北九州の門司港レトロ・太宰府天満宮・柳川といった福岡各地の観光名所も、博多から日帰りで行けます。最近メディアでも紹介される機会が多いのは福岡市内から車に乗って30分ほどで行ける糸島。県指定の名勝「白糸の滝」や透明度が高く水がきれいな芥屋海水浴場などの散策スポットがあり、おしゃれなカフェやレストラン、雑貨屋も多く若い人を中心に注目されているエリアです。

2019年春にむけリニューアル中の国内線ターミナルに新施設がオープン!

福岡空港国内線ターミナルの2階にあるフードコート「the foodtimes」には、福岡で話題の人気店が出店。地元でも人気のあるお店のステーキ、カツ丼、うどん、ラーメンなどが堪能できます。内装もおしゃれで高級感があり、空港が市内中心部に近いことから飛行機を利用する予定がなくても、食事をするためにわざわざ空港に来る人もいます。2017年11月には国内線ターミナル3階に全国の人気ラーメンが食べられる「ラーメン滑走路」がオープンし、話題を集めました。2019年春にむけてターミナルビルの改装が進められ、結婚式場や国際会議場も備えた新しいターミナルビルに生まれ変わろうとしています。

そのほか福岡の見どころ・お役立ち情報をスカイスキャナーニュースでもご紹介しています。

国内旅行におすすめの情報・ツール

福岡への滞在でホテルをお探しですか?

福岡のお得な格安ホテルをお探しならスカイスキャナーのホテル検索をご活用ください。世界中の大手旅行サイト・ホテル公式サイトの価格をまとめて比較できるので、お得な福岡のホテル・宿・旅館をご予約頂けます。

人気都市発福岡行き格安航空券

このページに表示されている価格は過去45日間で見つかった最安の概算価格です。