スカイスキャナー プレスリリース スカイスキャナー、ブランドをリニューアル

すべての記事

スカイスキャナー、ブランドをリニューアル

新しい持続可能な旅の実現を目指しロゴやデザインを一新

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区 https://www.skyscanner.jp/ )は、本日、新しいミッションステートメントを発表するとともに、ロゴやサイトデザインをはじめとしたブランドをリニューアルしました。

  スカイスキャナーは2003年、英国スコットランドにて、航空券の比較検索サービスとしてスタートしました。以来「旅の予約をシンプルで簡単にすること」を目指し、比較検索サービスのパイオニアとして15年以上にわたりイノベーションを続けてきました。現在は、約1200の提携サイトから航空券・ホテル・レンタカーのすべてを検索できるグローバルなサービスに成長。このたび、月間利用者数が1億人を突破しました。

  このような節目を迎え、今後の歩みを示す新しいミッションとして、「新しい持続可能な旅の実現を目指し、世界をリードする」ことを宣言。このミッションをわかりやすく表現するため、全世界でブランドを一新しました。ロゴおよびサイト・アプリ画面のデザインに加え、標準書体やイラストレーションの変更なども含めた総合的なリニューアルです。

スカイスキャナーの新しいロゴ。
リニューアル後のPCサイト画面とアプリ画面。

現代の旅行者は旅行予約の際、価格の安さだけでなく、豊富な選択肢から自由に簡単に選べることを求めています。またモバイルでの予約が普及し、移動手段や宿泊などを一つのサービスでシームレスに検索できることも重要視されてきています。スカイスキャナーは多数の選択肢を比較する検索サービスから始まり、「すべての場所で検索」などさまざまな機能の開発を通じて、現代の旅行者に合った“新しい旅”のあり方をサポートしてきました。

  「新しい持続可能な旅の実現を目指し、世界をリードする」という新ミッションでは、現代だけでなく未来の世代も旅の喜びを体験できるよう、環境保全などにコミットすることを約束しています。スカイスキャナーは、二酸化炭素排出量の少ないフライトに「Greener choice」マークを表示する、英国サセックス公爵殿下(ヘンリー王子)らによる持続可能な旅を促進するイニシアチブ「Travalyst(トラバリスト)」に参画する、といった取り組みをすでに始めています。旅行における持続可能性の実現に向け、今後も活動を拡大していきます。

  このような思いを込め、新しいロゴはSustainability(持続可能性)・Ideas(アイデア)・Destinations(旅行先)・Optimism(楽観性・ポジティブさ)の4要素をモチーフにしました。ロゴ上部の5本の線は、日が昇るさまをイメージし、旅行という世界にポジティブなイノベーションをもたらしたいという意志を表現。横に伸びる曲線は地球を、その下の三角形は、地図上にピンで示された旅行先を表しています。ロゴおよびブランド全体のメインカラーである「スカイブルー」は、世界中のどの旅行先からでも目にする鮮やかな空の色をイメージしたもので、スカイスキャナーが体現する明瞭さやポジティブな姿勢を象徴しています。

  今回のリニューアルについて、スカイスキャナー最高経営責任者(CEO)のブライアン・ダヴはこのようにコメントしています。「現代の旅行者は旅の予約にあたり、モバイルファーストでシームレスな体験を求めています。また、旅行が環境に与える影響についての意識も高まりつつあります。スカイスキャナーは旅行業界を変革するリーディングカンパニーとして、現代だけでなく未来の旅行者にも旅の喜びが受け継がれていくよう、責任ある活動を続けていきます。このような思いを込めて、今回のリニューアルを実施しました」

  スカイスキャナーは今後も「トラベラー・ファースト」を掲げ、「旅の予約をシンプルで簡単にすること」を通じて、新しい持続可能な旅の実現を目指してまいります。

————————————————————-
スカイスキャナーの新ブランドについて
https://www.skyscanner.jp/about-us
ロゴ・デザインについて
https://www.skyscanner.jp/about-us/brand
————————————————————-

スカイスキャナーについて
スカイスキャナーは、航空券・ホテル・レンタカーなどの情報を、世界中の航空会社・旅行会社など約1200社のウェブサイトから横断的に比較検索できるサービスです。世界の利用者数は月間約1億人、アプリのダウンロード数は約9000万回に上ります。2003年に英国スコットランドのエディンバラで誕生し、現在は52の国と地域の旅行者へサービスを提供、30言語に対応しています。2016年、Trip.com Groupの一員となりました。
日本語サイト(https://www.skyscanner.jp )やアプリ(https://www.skyscanner.jp/mobile )など日本向けのサービスは、スコットランドに本社を置くスカイスキャナーリミテッドとヤフー株式会社による合弁会社、スカイスキャナージャパン株式会社が運営しています。