スカイスキャナー ニュース マレーシア最大の屋内テーマパーク、「ベルジャヤ・タイムズ・スクエア」を徹底取材!

すべての記事

マレーシア最大の屋内テーマパーク、「ベルジャヤ・タイムズ・スクエア」を徹底取材!

東南アジア独特のゆったりとした空気と、他民族国家らしい雰囲気が融合した活気溢れるマレーシアの首都クアラルンプール。そんなクアラルンプールに、駅直結で好立地、700店舗が集まる大型ショッピングモールでマレーシア最大の屋内テーマパーク、ベルジャヤ・タイムズ・スクエアはあります。今回は、食事にショッピング、エンタメまでオールインワンのこちらを、地球の歩き方クアラルンプールWeb特派員、逗子マリナさんに案内して頂きましょう。

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; } h2 { font-size: 1.5em !important; }

巨大なショッピングセンターにホテルやレストラン、テーマパークまで!

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア外観

市中心部ブキッビンタン(Bukit Bintang)周辺は、スリアKLCC(Suria KLCC)、パビリオン・クアラルンプール(Pavilion Kuala Lumpur)、ロット・テン(LOT10)など数百ものテナントが入る巨大ショッピングセンターや国内外のブランドの路面店などが軒を連ね買い物天国でもあります。

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア エントランス

ブキッビンタンから徒歩10分

そんなブキッビンタンから徒歩10分、モノレールなら1駅の距離にあるベルジャヤ・タイムズ・スクエア(Berjaya Times Square)。ハイブランドからマニアックなショップまで1日では見切れないほどの広さを誇ります。

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア内観

そしてここには他のショッピングセンターにはない特徴があります。それがマレーシア最大の室内遊園地ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・テーマ・パーク(Berjaya Times Square Theme Park)です。

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・テーマ・パーク

フロア4階分の吹き抜けが遊園地になっており、とても屋内にあるとは思えないスケール。入園して最初に目に入るのが、ローラーコースターです。轟音をあげ壁を縫うように走る様子は見ているだけでもスリル満点です。オープンスペースのため、テーマ・パーク外に並ぶファストフード店やショップなどからも走り抜けていく姿を眺められ、これがなかなか迫力ある光景です。

ローラーコースター

テーマパークの入場料

入場料は大人(13歳以上)がRM51(約1,260円)、子ども(3歳〜12歳)がRM41(約1,015円)。入り口でリストバンドをつけてもらって入場します。一部期間限定のアトラクションやイベントなどは別途有料になります。当日なら2回まで出入りができるので、食事に行ったり、ちょっと外に出てショッピングしたりすることもできます。

ローラーコースター

テーマパーク内の主なエリア

アトラクションのエリアは2つに分かれています。レベル5にあるエリアはジェットコースターをはじめ絶叫マシンが多いギャラクシーステーション(Galaxy Station)。回転したり、高速スピンのアトラクションが多く集まっています。身長制限が設けられているため、小学生以下のお子様連れの場合はご利用できない場合があります。

絶叫マシンが多いギャラクシーステーション(Galaxy Station)

レベル7にあるのが小さい子どもから大人まで楽しめるアトラクションが多いファンタジー・ガーデン(Fanatasy Garden)。カルーセル、プレイグランドやミニ鉄道に乗車したりとまったりと遊べます。

小さい子どもから大人まで楽しめるアトラクションが多いファンタジー・ガーデン(Fanatasy Garden)

二つのゾーンはエスカレーターでつながっていて行き来できます。また、レベル8には高低差フロア4階分を疾走するローラーコースターの乗り場があり、屋内施設とは思えない大迫力に圧倒されます。

テーマパークに行くおすすめの時間帯

クアラルンプールは午後から夕方にかけて短時間に集中的にスコールが降ることが多いので天気を気にせず遊べるのは安心です。また日中は陽射しがきつくかなり暑いので、時間帯によっては涼みがてら訪れてみるのもおすすめ。テーマパークは毎日夜10時まで営業しているため、夕食後もゆっくり遊べます。

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・テーマ・パーク

【テーマパークの施設情報】 店名:ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・テーマ・パーク(Berjaya Times Square Theme Park) 住所:Berjaya Times Square, 1, Jalan Imbi, Imbi, 55100 Kuala Lumpur Tel:+60 3-2117 3118 営業時間:12:00-22:00(月曜-金曜)、11:00-22:00(土曜-日曜)

地元の人が勧めるベルジャヤ・タイムズスクエア内のレストラン

ビッグ・アップル・レストラン

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・ホテルに滞在している人は朝食で、あるいはランチビュッフェで訪れる人も多いレベル14に位置するビッグ・アップル・レストラン(BIG APPLE RESTAURANT)。ディナータイムはマレーシア料理や多国籍料理が食べられる、アラカルトメニューのレストランになります。

ビッグ・アップル・レストラン内装

ぜひ食べていただきたいのが、鶏肉や海老などの具材が入ったマレーシア風チャーハンのナシ・ゴレン(Nasi Goreng)です。

メニュー

ナシはご飯、ゴレンは炒める、揚げるを意味し、副菜にきゅうり、トッピングに目玉焼きがのっています。マレーシアのホーカー(屋台)の定番メニューでありRM5-8(約125-200円)ほど。お店によって異なり、かなり塩が効いていたり、チリ(唐辛子)がたっぷりだったりとそれぞれ特色が違います。

B級グルメのナシ・ゴレン

そんなB級グルメのナシ・ゴレンなのですが、ビッグ・アップル・レストランでは見た目もかなり洗練されており多国籍料理らしいテイストです。

すいかジュース

ちょっとリッチに大きめの焼きエビ、定番のえびせんべいと目玉焼き、フライドチキンがバナナの葉を敷いた一皿に盛られています。油も辛さもおさえつつ、ストリートフードらしい雰囲気を残しつつも食べやすいので大人気です。さっぱりとした甘さのすいかジュース(Watermelon Juice)と合わせると熱帯マレーシアが口の中に広がります。

このレストランはディナーの時間になると、窓側の4人席用テーブルからライトアップされたペトロナス・ツイン・タワーとKLタワーが両方見えるのでおすすめです。曜日によっては予約不要のこともあるのですが、この場所を狙う場合は予約をしておいたほうが確実です。

【データ】 店名:ビッグ・アップル・レストラン(BIG APPLE RESTAURANT) 住所:Berjaya Times Square, 1, Jalan Imbi, Imbi, 55100 Kuala Lumpur Tel:+60 (3) 2117 8000 (内線)8133 営業時間:6:30am – 12:00am

筆者ご紹介

地球の歩き方クアラルンプールWeb特派員 逗子マリナ

広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主に地球の歩き方クアラルンプールWeb特派員ブログを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。

あわせて読みたい

飛行機に乗り遅れた!その時あなたが取るべき行動とは

【重要】一部中東からの米英直行便で、一部の電子機器の機内持込が禁止になりました


地図