スカイスキャナー ニュース 今年こそ絶対オーロラを観たい人のためのオーロラガイドと厳選5都市

すべての記事

今年こそ絶対オーロラを観たい人のためのオーロラガイドと厳選5都市

一生に一度は観てみたい、と思うものの一つにオーロラがありますよね。オーロラを観測できる場所は世界中にたくさんあります。今日はオーロラを観ることができる都市を厳選した5都市、その特徴や、デメリットなどをご紹介します。今年は真剣に、オーロラ鑑賞の予定を立ててみませんか?

.tftable { font-size: 11px; color: #34363d; width: 100%; border-width: 1px !important; border-color: #fff !important; border-collapse: collapse; } .tftable th { font-size: 11px; background-color: #21C4D9; line-height: 18px; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; padding: 6px; text-align: left; vertical-align: center; color: #ffffff; } .tftable tr { background-color: #E8EBED; border-width: 1px !important; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: top; } .tftable td { font-size: 11px; line-height: 18px; border-width: 1px; padding: 6px; border-style: solid; border-color: #fff !important; vertical-align: middle; } .tftable tr:hover { background-color: #fff; } .tftable .tfrequirement { font-size: 11px; color: #34363D; background: #83E000; border-width: 1px; border-style: solid; border-color: #fff; vertical-align: top; } .tftable .tableHeader h1 { font-size: 23px; line-height: 26px; color: white; padding: 15px; }

実はオーロラは一年中観ることができる

オーロラは太陽から放出されたプラズマが、空気中の酸素や窒素などの原子と衝突する時にできる放電現象だと言われています。このプラズマを引き寄せる力が強い(磁気の強い)場所は北緯65~70度周辺で、「オーロラベルト」と呼ばれ、オーロラ鑑賞に適していると言われています。とはいうものの、実は南半球のオーストラリアやニュージーランドでも見ることができます。ただ、南半球のオーロラは「低緯度オーロラ」というものがほとんどで、頭上を走ってカーテンのように揺らめくようなオーロラではない上に、出現する確率は北半球よりもずっと少なめなのです。

また、太陽からプラズマが放出されるのは冬だけではないので、論理的に言えば、一年中経緯が高い地域ではオーロラを観ることができる、ということになります。オーロラを観るためには、雲もなく天気が良い、空が暗い、太陽活動が活発、という3つの条件が揃わなければなりません。太陽活動はともかく、日照時間が短く、天気が比較的良く空気が澄んでいる冬の季節の方が、断然素晴らしいオーロラを見ることができるのです。

今年こそ絶対にオーロラを観たい!という方、しかも、ピーク時期を外して観に行きたい方は、11月~3月までに行くことをおススメします。

一番オーロラを観られる確率が高いと言われるカナダのイエローナイフ

イエローナイフのオーロラビレッジ

晴天率が高いため、オーロラ鑑賞の名所として知られているイエローナイフ。オーロラが観測できる場所、オーロラビレッジが発表しているところによると、3晩連続で鑑賞すると95%の確率で見ることができるのだとか。

犬ぞりやスノーモービルなど、大自然ならではのアクティビティを満喫することができます。オーロラを見たあとは、バンクーバーやナイアガラの滝を見に行くなど、カナダの他の都市を楽しむこともできます。

デメリット 何といっても日本から遠いです。イエローナイフまで、最低2回の乗り換えが必要。また市内から離れた場所での観測になり、自力で観測地点に行くのは難しいです。冬は平均気温‐28℃、時には‐30℃~40℃にもなる極寒の中、オーロラを待ち続けなければなりません。最近では暖かい場所で待機できるツアーも出てきたので、日本からだけでなく現地でのツアーに参加するのも良いかもしれません。オーロラが現れる時間は22時から26時ごろとかなり遅い時間なうえ、自然以外には楽しみが少ないのも、デメリットと言えそうです。

イエローナイフのオーロラ

ただオーロラを観られる確率の高さと、天空で破裂するブレイクアップと呼ばれる壮大なオーロラを見ることができる可能性は高いようです。

イエローナイフへの行き方:日本からバンクーバーへ行った後、エドモントン、もしくはカルガリーで乗り換え(最近ではカルガリーへの直行便もあります)イエローナイフへ。空港から市内は5分程度、オーロラビレッジまでは車で30分程度。

イエローナイフへはいくらで行ける?

温泉を楽しみながらオーロラ観測、アラスカのチナ・ホットスプリング

一年のうち平均で240日以上オーロラを観ることができると言われている、アラスカのフェアバンクス。その中でもチェナ温泉でのオーロラ観測は、温泉を楽しみながらなので、ゆったりとした旅になりそうです。

フェアバンクスのオーロラ

例えばチェナ ホットスプリングス リゾートでは、オーロラ待機場所、アクティビティセンターがあり、極寒の真冬でもセンター内は暖かく、暖かい飲み物を飲んだりしながらオーロラが出るまで待機することができます。フェアバンクスでも最高の場所の一つ、有料ツアーの「キャタピラ雪上車 オーロラ・トリップ」もあり、オーロラを観ることができる確率はどんどん上がっていきます。

チェナ温泉

ここの温泉は、北米では珍しく源泉かけ流しの露天風呂。温泉好きにはたまりませんよね。混浴なので、水着を着用して入ります。なので、アラスカに行くのですが、水着を持って行くことをお忘れなく。

チェナ ホットスプリングス リゾートをチェックしよう

デメリット 待機所があるホテルに宿泊する以外には、ツアー参加が必要です。こちらも冬は平均‐28℃から‐40℃の極寒の地なののと、温泉やオーロラを観ること以外に楽しみが少ないのがデメリットの一つと言えます。また日本からは乗り継ぎが悪く、フェアバンクスまで行くのに時間がかかってしまうことがあります。

またアラスカはアメリカなので、「ESTA」の事前取得をお忘れなく。

アクセス方法:シアトル経由でフェアバンクスへ。フェアバンクスからは車で約1時間半。

フェアバングスへのチケットを確認しよう

世界で唯一首都でもオーロラが観られるアイスランド

以前ご紹介したアイスランド。こちらもオーロラ観測に適した場所です。

首都レイギャビクの近くでも見られるオーロラ

アイスランドは国全体がオーロラベルトに入っているので、首都レイキャビクからあまり遠くへ行かなくても、オーロラを観ることができるのが魅力。また、アイスランドというと寒いというイメージですが、実はアイスランドの周りを流れるメキシコ暖流の影響により、冬場でも0~-5℃くらいにしかならず、それほど寒さを感じずにオーロラを観ることができます。また、オーロラが現れる時間も、天気などの状況にもよりますが、夜の20時ごろから観られることもあり、気軽さがアイスランドの最大のメリットと言えそうです。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖のオーロラ

オーロラを観測するためのたくさんのツアーが出ていて、大自然を楽しみながらオーロラを観るという二倍の楽しみができます。例えば、アイスランド南東部に位置するヨークルスアゥルロゥン氷河湖は、アイスランドで一番美しいと言われる場所で、湖に氷河が浮かぶ氷河湖とオーロラを観ることができる、まさに絶景ポイント。他にもレイキャビクやチョルトニン湖、足湯を楽しみながらオーロラを観測できるセルチャルナルネスなど、おススメスポットを挙げたらきりがないほど。

デメリット オーロラスポットの中でも見られる確率は高いといわれるアイスランドなので、観られる確率は約40%と低くはないのですが、オーロラ爆発と呼ばれる大規模なオーロラ活動は、カナダなどに比べるとあまり観ることは出来ません。また、冬のアイスランドは天気が変わりやすいことで有名なので、事前のチェックが必要となります。またアイスランドは物価が高いのもデメリットと言えるでしょう。

オーロラ観測だけでなく、大自然を堪能したい、という人にはアイスランドはおススメです。

アイスランドへの格安航空券をチェックしよう

ラップランド地方の北極圏との境目にある、フィンランドのロヴァニエミ

マリメッコやイッタラなど、デザインの国として、またムーミンが生まれた国として有名な、フィンランドはオーロラ観賞も盛んな国です。

ロヴァニエミのサンタクロース村

その中でも、フィンランドのラップランド最大の町、ロヴァニエミは、サンタクロースの生まれた町としても有名です。実際、ロヴァニエミにはサンタクロース村があり、サンタクロースに会って一緒に写真を撮ることができます。サンタクロースに会いながら、オーロラを観ることができる、こんな楽しいことはありませんよね。

オーロラが出るのは、1年のうち200日以上。街の中心付近にも、オーロラ鑑賞ができる場所がたくさんあります。街の中心地から徒歩10分のアルクティクム博物館の裏手にあるアークティック・ガーデン(Arctic Garden)や、オーナスバーラの丘の上などが人気のオーロラスポットと、気軽に観られるのが良いですよね。

ロヴァニエミのオーロラ

外でオーロラが現れるまで待ちたくない人には、Aurora Alert Realtimeという便利な通知サービス‎に登録すれば、オーロラが空に出現したときに教えてくれるなど、IT産業大国フィンランドを感じさせるツールもあります。

デメリット カナダやアラスカに比べると、オーロラが見える確率は低くなります。北欧なので物価は少し高めです。

オーロラ観賞だけでなく、そのほかの観光も楽しめそうなロヴァニエミ。ヘルシンキへは直行便があるのが、嬉しいですよね。

アクセス方法:フィンランドの首都のヘルシンキから飛行機で1時間ほど

ヘルシンキまではいくらで行ける?

北欧のパリと呼ばれる町並みが美しい、ノルウェーのトロムソ

ノルウェーにある、北極圏最大の町のトロムソは、オーロラ拠点の観光地として知られています。「北欧のパリ」とも称され、19世紀中ごろに建設された木造の家が続く美しい町並みです。暖流の影響で、冬でも‐10℃~15℃と比較的温暖。フィヨルドと一緒にオーロラが見えるなど、ツアーも多く企画されている上に、観光名所も多いので、オーロラ以外にも観光を楽しむことができるのが魅力です。

フィヨルドと一緒に見れるトロムソのオーロラ

美しいステンドグラスとその斬新な建築で世界的にも知られているトロムスダーレン教会(Ishavskatedalen/ The Arctic Cathedral)や、北極圏に住む動物や魚たちがメインの水族館、ポラリア(Polaria)は、建物がドミノ倒しにあったのかと思うようなユニークな建物があり、昼と夜とではまた表情が変わるので、何度も訪れてみたくなります。また世界最北のマックビール醸造所があり、工場見学をしながらビールの試飲ができるなど、ビール好きにはたまらない楽しみがあります。

トロムスダーレン教会

デメリット オーロラが観える確率は30%と、イエローナイフとほとんど変わらないように思えますが、トロムソではオーロラのようなものが観えた時もカウントに入れているため、爆発的なオーロラを観ることは少ないということです。オスロまでの直行便がないのと、北欧なので物価が高いのもデメリットの一つと言えます。

トロムソではオーロラを海上でみるツアーもあります。水平線に広がるオーロラが観えるのは、海沿いの街トロムソならではです。

アクセス方法:ノルウェーの首都のオスロから飛行機で2時間ほど

オスロまでの格安航空券を探してみる

いかがでしたか?5都市それぞれに特徴があって迷ってしまいそうですよね。それぞれのメリットとデメリットを比較して、オーロラを観に行く旅の参考にしてみてくださいね!

筆者ご紹介

ライター Hiroko

イベントやテレビの制作をした後、ライターに。アート、ファッション、ライフスタイルと、幅広く執筆。毎日同じことを繰り返すのが嫌いで、同じ場所にも留まっておくことができず、2~3ヶ月に一度は旅に出る日々。現在はシンガポールとパリと東京を行ったり来たりと、さらに旅を満喫中です。

あわせて読みたい

クリスマスシーズンにぜひ訪れたい都市5選(ヨーロッパ編)

クリスマスシーズンにぜひ訪れたい都市5選(アジア・太平洋編)

クリスマスシーズンにぜひ訪れたい都市5選(南北アメリカ編)

地図