スカイスキャナー ニュース 【連載:週末海外の極意19】海外旅行でのショッピング

すべての記事

【連載:週末海外の極意19】海外旅行でのショッピング

平日はサラリーマンとして激務をこなしながら、週末を使って海外旅行を満喫している”リーマントラベラー” 東松寛文さん。海外旅行先でのショッピングに関する考え方を聞きました。節約・荷物削減・旅の満足度アップにつながる買い物の”マイルール”とは?

海外旅行へ行くと、日本と通貨が違うため、買い物も慎重になりがち・・・。

確かに数年前までは、僕もそうでした。海外旅行先だと、つい財布の紐が堅くなり、買うのをためらって、日本に帰ってから「あの時買っておけばよかった・・・」と後悔することも。

それってもったいない!とはいえ、お金だって無限に使えるわけじゃない。そこで、僕は海外旅行のショッピングを楽しむために、マイルールを設定しました。

日本で買わずに、世界で買う

あらかじめ旅行に行く前にマイルールを決めておけば、ためらうことなくショッピングができます。僕が決めたマイルールは、服などは「日本で買わずに、世界で買う」です。

日本で買うと、どうしても流行に流されることも多いですし、必要以上に買ってしまって、せっかく買ったのに数回しか着なかったなんて服もありました。それに、極力節約して、次の旅行にお金を回したい。

そこで、このルールを設定したのです。これで日本での無駄な買い物は格段に減りました。またショッピングを旅先の楽しみの一つとすることで、旅の間はもちろん、旅から帰ってからの「旅の満足度」もぐんぐん上がるようになりました!そんな海外旅行でのショッピングには、4つのメリットがあると気がつきました。

服は現地で購入して、そのまま現地で着ます。このジャケットはドイツのブランド。

海外で買い物する4つのメリット

1. 現地のブランドであれば日本より安い!

海外へ行ったなら、現地発のブランドを狙いましょう。日本で買うよりもかなり安く買える場合がほとんど。同じ予算でもお得に買うことができれば、日本でよりもたくさんショッピングすることができます。

ジョンマスターオーガニック リップクリーム ハワイ
「ジョンマスターオーガニック」のリップクリームは、日本で買うと約1500円でも、ハワイで買うと800円程度。写真は、ハワイ限定のパイナップルの香りのもの。

2. 人と被らない

海外なら、日本で友人が持っていない物を買うことができます。誰もが持っていないオシャレな物を見つけることができれば、旅の満足度が上がります。なので僕は海外へ行ったら、現地にしかないお店や現地発のブランドを探して、ショッピングするようにしています。

とはいえ、なかなかローカルの人が行くようなお店を日本語の情報サイトから探すのは大変。だから、僕は現地のファッション雑誌のサイトや情報サイトから人気のお店を探すようにしています。また、現地に着いたらまずは気になったお店に入ってみて、店員さんに、同じようなテイストでおすすめのお店をヒアリングするというのも有効です。

3. トレンドに流されず自分の好きな物を選べる

海外へ行くと、日本のトレンドとはまったく違った物が置かれていることがほとんど。ですので、周りに流されずに自分が本当に好きな物を選ぶことができるのです。

日本で流行に流されて買って、1シーズンしか着なかった服はありませんか?シーズンごとに新たな流行りに乗っかってお買い物するよりも、自分が本当に好きで選んだ物の方が、長く大切に使いますし、結果、節約になると思います。

4. 必要以上のものを買わなくなる

海外旅行であれば、買い物以外にも観光や食事などやりたいことがたくさんあるので、日本にいる時よりも限られた時間の中で買い物をしなければならず、結果、無駄な買い物をする時間は減ります。また、持って帰れる荷物の量もある程度決まっているので、自分の中で優先順位をつけて買い物することもできると思います。

travelwild/ Shutterstock.com

荷物を減らせば一石二鳥

そんなことから、数年前から日本での買い物はほぼやめて、海外へ行った時に買い物をするようにしています。そうするようになってから、ショッピングは僕の海外旅行の楽しみの一つになりました。

また、現地で本当に自分が好きな物に出合うことができれば、日本でもそれを着たり使ったりする楽しみが増えるので、旅行から帰ってきた後も、楽しい毎日を過ごすことができます。

そんなふうに、僕にとって海外でのショッピングはメリットだらけなので、最近はあえて持って行く荷物を減らし、買い物が必要な状況を作って旅行に行くことも増えました。無駄な荷物も減らすことができるので、実は一石二鳥ですよ。

リーマントラベラー東松さんの連載企画「週末海外の極意」、過去の記事はこちら!


著者プロフィール

東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)
リーマントラベラー・休み方研究家

1987年岐阜県生まれ。神戸大学卒業後、平日は激務の広告代理店で働くかたわら、週末で世界中を旅する“リーマントラベラー”に。また、週末で人生を変えた休み方のスペシャリストとして“休み方研究家”としても活動する。社会人3年目に旅に目覚め、7年間で58カ国123都市に渡航。2016年、3カ月で5大陸18カ国を制覇し、世界一周を達成。『地球の歩き方』から旅のプロに選ばれる。以降、TV・新聞・雑誌などのメディア出演・執筆多数。全国各地で講演も実施。著書に『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)、『人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革』(徳間書店)。
Blog| http://www.ryman-traveler.com/

地図