スカイスキャナー ニュース 機内に持ちこむと便利な10のアイテム

すべての記事

機内に持ちこむと便利な10のアイテム

機内に持ち込むととっても便利なアイテムをスカイスキャナーがセレクト。それっていいかもと思うものがあれば、ぜひポーチやバックパックに入れてから搭乗することをおすすめします。

1.スリッパ

ビジネスクラスでは大抵用意されている機内用スリッパ。最近ではエコノミークラスでも長時間フライトではもらえることもありますが、底が薄く一度履くともうおしまいなものが多いのが現状。長時間フライトではストレッチやトイレに行くたびに席を離れますので靴を脱ぐ習慣がある日本人にはやっぱりスリッパがあった方が移動が便利。

渡航先のホテルでも、用意されているところとそうでないところがあります。

2.くつ下

機内が寒いと感じたことはありませんか?体が冷えた時にはお腹と三つの首(首、手首、足首)を温めるとよいと言われています。ブランケットでお腹と首、手首は覆えて温かくなりますが、足首はなかなか温めることができません。

少し厚手のくつ下を履けば、体が温まります。

そしてもう一つ。エコノミー症候群をさけるために、着圧ソックス(フライトソックス)も良いとされています。着圧ソックスは下から上へ血液を送り返すことを補助するとともに、脚の下のほうに血が溜まるのを防ぎ、血栓をできにくくする効果が期待できるとされています。

3.歯ブラシセット

こちらも最近ではエコノミークラスでも配られることが増えてきましたね。しかし一度使うとゴミ箱行きなクオリティのものがまだまだ多いのが困り物。機内に持ち込んだ方が機内食を食べた後に歯も磨けて、安心して眠ることができますね。

スリッパ同様に、渡航先のホテルにないことも。

4.イヤホンもしくはヘッドホン

フライトの楽しみの一つに、映画がありますね。海外の航空会社だと、まだ日本に公開される前の映画を観ることができることもあるので、ちょっと得した気分になります。もちろんヘッドホンは配られますが、耳にフィットしないこともしばしば。ただでさえ飛行機のエンジン音や振動音、また人の声などでざわざわしていて聞き取りにくいのに、楽しみが半減してしまいます。

いつも使っているイヤホンだと、自分の耳にフィットしていますし、衛生面でも安心です。

旅慣れた人が持っていくのが、ノイズキャンセリング機能がついたイヤホン。耳栓をするよりも騒音がシャットアウトされるので、映画を観ていなくてもずっと付けたままにしているという人もいます。

5.ボールペン

入国する際、出入国カードと税関申告書を提出しなければならない国があります。そして、日本へ帰国の際には、税関に税関申告書を提出しなければなりません。その場合、ボールペンが必要です。

キャビンアテンダントに借りることもできますが着陸前などタイミングによっては借りれないことも。

6.マスク

ウイルスはマスクの繊維の隙間やマスクと顔の隙間から侵入することができ、マスクをしても意味がないなんて言われることもありますが、マスクには口内や鼻の中の湿度を保つ効果があり、それが感染予防には効果的なのです。空気が乾燥すると気道粘膜の免疫が低下してしまうため、ウイルスに感染した場合症状を発症しやすくなります。

湿度を保つことで、ウイルスから防御できます。

また普通のマスクよりもおススメなのが、濡れマスク。お水をもらった時にマスクに少し水をたらし湿らせておけば乾燥を防ぐことも可能です。マスクではなく、濡らしたコットンを直接鼻の下に少し当てておくという人もいます。機内はかなり乾燥していますので、水分をこまめに取りながら、鼻や喉を乾燥させないように努めたいですね。

7.一日分の下着

直行便の場合にはあまりおこらなくなりましたが、どこかに経由すると今だに起こるのが預け入れ手荷物の盗難や紛失。航空会社によっては、非常用の最低限のものが入ったポーチをくれることもありますが、お金が支払われるだけ、ということも少なくありません。しかもお金があっても現地のホテルについた頃には夜中で、買い物に行きたくても店が閉まっているということもありえます。なので、一日分の下着を機内に持ち込むバッグに入れておくことをおススメします。南の島や、プールがあるホテルに泊まる予定であれば、下着の代わりに水着を入れてもいいでしょう。

8.少量の化粧品セット

いつも使っている化粧品を、小さなボトルやケースに入れておくと便利です。肌の乾燥対策にこまめにつけるのもいいですね。少量であれば、手荷物検査の際にいちいちトレーの上に出す必要もなく、お手軽だからです。

100円ショップなどで売っている、小さなボトルなどがおススメです。

9.USBケーブル

長時間フライトではスマートフォンで音楽を聴いたり、ゲームをしたり・・・。そんなことをしていると、すぐにバッテリーはなくなってしまいますよね。現在は座席にスマートフォンの充電もできるUSBポートがついている機体も多くあります。スマホやタブレットにずっと観たかった映画やテレビ番組をダウンロードしておけば、長時間フライトも苦になりません。

充電しておけば空港についてすぐに携帯電話を使えます。

10. ガムやあめ

機内で歯磨きなんてしたくない、という方もいるでしょう。そんな人にはガムがあれば、当然ですがお口の中はスッキリします。喉のイガイガには、あめをなめることが効果的です。それだけでなく、ガムを噛んだり飴をなめていると、自然と耳抜きができます。ただここで注意したいのが、シンガポールは法律でチューインガムを持ち込む事が禁止されているということ。またオーストラリアやハワイへ行く際も飛行機への持ち込みは問題ないですが、飛行機から降りたあとには入国前に申告が必要です。

地図