スカイスキャナー ニュース 初めての海外旅行に役立つ英会話③(ショッピング編)

すべての記事

初めての海外旅行に役立つ英会話③(ショッピング編)

海外旅行の楽しみの一つにショッピングがあります。日本では手に入らないものや格安で買えるものがたくさん。卒業旅行で海外へ行かれる皆さんも、興味があるのではないでしょうか。海外でショッピング、そんなとき覚えておきたい簡単で便利なフレーズをまとめた英会話講座第3回目です!

値段がわからない時に必要なのが、

How much is this?(いくらですか?)

これぐらいはご存知でしたね。試着してみたいときは、

Can I try this on?(これを試着してもいいですか?)

サイズが自分にはちょっと大きかった場合は、

Do you have this in a smaller size?(これの小さいものはありますか?)

大きいのが欲しい場合は「a bigger size?」となります。

Do you have another colors?(ほかの色はありますか?)

このように、探しているものがある場合は、「Do you have…?」と聞いてみましょう。その土地の名産品やずっとほしかったバッグなど、ずばりそのままを言えば、店員さんは「yes, we do!」と言ってそのものを見せてくれますし、なければ「Sorry, we don’t.」と答えてくれます。お店に入った時は「Hi!」や「Hello」などと声をかけてくれるので、絶対無視せず笑顔で「Hi!」などと答えるようにしたいものですね。

話しかけられて、なんて答えればいいのかわからずモジモジするぐらいなら、こう答えましょう。

Just looking.(ちょっと見ているだけです) よく英会話の本には「Browsing」とありますが、とっさに忘れてしまって出てこないこともあります。「May I help you?」と声をかけられたら、そんな時は慌てず「Just Looking, thank you!」と笑顔で言えれば、店員さんはそれ以上話しかけてくることもありません。そして上記のように質問したいことがあれば、それを伝えればいいだけです。

アメリカなどでは「Buy one get one Free」という表示をよく目にします。これは1個買うともう一つがおまけでもらえる、という意味。お土産にたくさん必要な時は、うれしいですよね。また「3 for $1」というのもよく見かけます。こちらは「3つで1ドル」の意味。この表示を見て、ついつい買いすぎてしまうのは、筆者だけじゃないはず。

初めての海外旅行に役立つ英会話講座も今回でおしまい。安全で、楽しい旅になりますように。Have a nice trip!

これまでの「初めての海外旅行に役立つ英会話講座」を読みたい方は

第1回:入国審査編

第2回:レストラン編

地図