スカイスキャナー ニュース 冬の夜を彩る本場ドイツのクリスマスマーケットの歩き方

すべての記事

冬の夜を彩る本場ドイツのクリスマスマーケットの歩き方

ヨーロッパでは11月末から各地でクリスマスムードになります。この期間はドイツ語で「アドヴェント(待降節)」と呼ばれ、街中がイルミネーションに彩られ、クリスマスマーケットが始まります。ドイツ三大クリスマスマーケットの一つ、ドレスデンは最も古い歴史があり、1434年から続いています。マーケットで販売されている伝統的なクリスマス菓子の「シュトレン」はドレスデンが一番おいしいと言われているので、この時期おすすめの都市です。

ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」という思いが叶い、2001年より現地に就職先が見つかり渡独、現在は“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中の地球の歩き方 シュタインバッハWeb特派員の増井さん提供の現地情報です。

ドイツの冬の夜は暗く長いのですが、クリスマスマーケット「ヴァイナハツマルクト」(Weihnachtsmarkt)の開催時期は特別なものとなり、冬の夜をキラキラと輝く宝石箱のように盛り上げてくれます。今回は、ドイツ三大クリスマスマーケットのひとつとして有名なドレスデンのクリスマスマーケットの世界に皆様をご案内しましょう。

ドレスデン行き格安航空券をチェック!

ドイツ最古のクリスマスマーケットとして知られるドレスデンのシュトリーツェルマルクト(Dresdner Striezelmarkt)は、2016年の今年、582回目を数える歴史あるマーケットです。15世紀に宮廷都市として繁栄し、重厚な歴史建造物が立ち並び迫力満点のドレスデン。エルベ川とのコントラストが美しく、観光地としても見所満載です。その美しい旧市街で繰り広げられるクリスマスマーケットは、雰囲気も相まって格別です。

クリスマスマーケットは買い物を楽しもう。シュトリーツェルマルクトの木工芸品 ドレスデンは“木工芸品の故郷”ザイフェン(Seiffen) から最も近い大都市です。ドレスデンのクリスマスマーケットには、ザイフェンにある木工芸品のお店がたくさん出店し、クリスマスムード溢れる木工細工が各所に陳列されています。

では、「ドイツのクリスマスと言えば…?」と現地の方に訊けば必ず答えが返ってくるであろう、有名な木工芸品をご紹介します。

1. クリスマスピラミッド・ヴァイナハツピラミーデン(Weihnachtspyramiden):プロペラのついたキャンドルスタンドです。 キャンドルに灯された火から発生する上昇気流でプロペラが廻る仕掛け。何層にもなった豪華なものからシンプルなものまでいろいろあります。

2. クルミ割り人形・デアヌスクナッカー(Der Nussknacker):日本でも童謡などで馴染みのある、おもちゃの兵隊さんのオブジェです。口の部分でクルミを割る仕掛けになっているのですが、こんな繊細なおもちゃでクルミの固い殻を割って、壊れてしまわないか心配です。

3. 煙吐き人形・ダスロイッヒャーメンヒエン(Das Räuchermännchen):口から煙を吐く人型のオブジェです。見た目の美しさだけではなく、胴体に小さなコーン型のお香を入れて香りを楽しむことができます。視覚で嗅覚でクリスマスを感じることのできるオブジェです。

4. シュヴィップボーゲン(Schwibbögen):窓辺に飾るアーチ形のキャンドルスタンドです。 電気を使うものと、ろうそくを使うものと2種類あります。

ドレスデンのホテルの窓辺には、写真のようなステキなシュヴィップボーゲンが飾られています。 窓枠に合わせて高さを変えられる台には、スノーマンの姿も見えて装飾も凝っていてステキです。

ピラミッド、クルミ割り人形、煙吐き人形、シュヴィップボーゲン、ご紹介した4つの木工芸品は、いずれもお値段のはるものばかり。それにサイズも大きいので、お土産として持ち帰るには不向きなものもありますので、お友達へのお土産に最適な、お手軽に楽しめる木工細工をご紹介します。

まずおすすめしたいのは、精巧で美しい木のオーナメント。シュトリーツェルマルクトで出会った専門屋台には、美しいオーナメントがたくさん並んでいてどれにしようか迷ってしまうほど。

お気に入りのオーナメントは、2010年と2014年と2回にわたってシュトリーツェルマルクトで買い集めたもので、毎年我が家のクリスマスデコレーションはこれらの木のオーナメントです。 専門屋台であれこれと選ぶのに悩む時間もまた楽しい一時です。

可愛らしいミニチュアもあります。職人の匠の技が映える、美しく精巧なミニチュア。ぼんやりと眺めているだけでも、ミニチュアクリスマスの世界に引き込まれます。それにしても、ドイツの方々の大きな手から、このような繊細なモノが作られるのも驚きです。

ドレスデン行き格安航空券をチェック!

クリスマスマーケットならではのB級グルメを堪能しよう。シュトリーツェルマルクトの屋台 シュトリーツェルマルクトに限ったことではありませんが、クリスマスマーケットはB級グルメの宝庫です。クリスマスマーケット開催時期は、色々なドイツの美味しいモノをお手軽に屋台で楽しむことができます。

買い物をしていて小腹が空いたらまずはこれ!というくらいドイツではメジャーな焼きソーセージ・ブラートヴルスト(Bratwurst)。これをブロートヒェン(Brotchen)と呼ばれるパンに挟んで、からし(Senf)、または、ケチャップをお好みでかけて食べるのですが、ドイツのソーセージは肉の旨味が凝縮されていて美味しい。クリスマスマーケットでも定番のメニューで、炭火でじっくり焼いた本場ドイツのソーセージをご堪能ください。

ソーセージは、オーソドックスなものとその土地特有のものとがあり、豚肉なら白い色のブラートヴルスト(Bratwurst)、牛肉なら赤い色のリンドヴルスト(Rindwurst)が王道と言われています。ブラートヴルストを細かく切って、カレーパウダー入りのケチャップで食べる、ベルリン発祥のカリーヴルスト(Currywurst)も全国的に人気のメニューです。

ご当地もので有名なものは、ニュルンベルクのニュルンベルガーソーセージ(Nürnberg Rostbratwurst)、チューリンゲン州のチューリンガーソーセージ(Thüringer Rostbratwurst)などですが、ドイツのソーセージの種類は本当に豊富です。名前も知らないオリジナルソーセージがたくさんあります。せっかくですから、色々なソーセージを試してみてください。ソーセージを極めれば、あなたもドイツ通です。

シュトリーツェルマルクトでは、1頭の牛が丸ごとローストされているお店があります。長い時間クルクルと回されてじっくり焼き上げられた1頭丸ごとの牛の丸焼きオクセンブラーテン(Ochesnbraten)。 注文するとその場でお肉を削いでくれます。日本の皆さんには、ケバブ屋台などで見かける光景に似ているかもしれません。お肉はジューシーで柔らかく、自家製ソースとの相性もバッチリです。

クリスマスマーケットや冬の風物詩と言えば、ホットワイン(Glühwein)です。各クリスマスマーケット特有の陶器やガラスのカップに注がれて出てきます。そのカップはデポジット制(Pfand)になっていますので、気に入ったらお持ち帰りできます。画像はシュトリーツェルマルクトの絵が入ったグラスのコップ。旅の思い出として記念に持ち帰ってください。

グリューワイン(Glühwein)はお馴染みだと思いますので、私が皆様に一押しでおススメしたいフォイアーツァンゲンボーレ(Feuerzangenbowle)をご紹介します。

日本ではまだあまり知られていないホットワインですが、ドイツではグリューワインに並ぶ、クリスマスマーケットでも冬を代表する人気のドリンク。

ツァンゲとは、真ん中に小さな穴の空いた鍋に渡すプレートです。この上に円錐上の砂糖を置いて、ラム酒などを振り掛けます。その後に火をつけると、溶けた砂糖とラム酒がポタポタと、ホットワインの入った鍋の中に落ちるという仕掛けです。フォイアー(Feuer)とは、ドイツ語で火を意味します。ラム酒の風味と甘さが加わったホットワイン、皆様も、フォイアーツァンゲンボーレとグリューワイン、どちらが好みか飲み比べてみてください。

【ドレスデンのシュトリーツェルマルクトへのアクセス方法】

会場:アルトマルクト(Altmarkt)

ドレスデン中央駅(Hauptbahnhof(ハオプトバーンホフ) Dresden)から、約15分程の徒歩圏内。ヴィーナー広場(Wiener(ヴィーナー) Platz(プラッツ))/プラガー通り(Prager(プラガー) Straße(シュトラッセ))方面2番・3番出口を出て、プラガー通りを進みます。 

ドレスデンのオフィシャルサイトはこちら

路面電車(Straßenbahn(シュトラッセンバーン))中央出口前の橋の下の停留所から 3番線 ヴィルダー・マン(Wilder Mann) 行き‐パーナイッシャー広場(Pirnaischer Platz(プラッツ))下車 8番線 ヘラーアウ(Hellerau)行き‐プラガー通り(Prager(プラガー) Straße(シュトラッセ))下車 プラガー通り(Prager(プラガー) Straße(シュトラッセ))方面出口ヴィーナー広場(Wiener(ヴィーナー) Platz(プラッツ)) 7番線 ヴァイックドルフ(Weixdorf)行き‐パーナイッシャー広場(Pirnaischer Platz(プラッツ))下車

ドレスデン国際空港(Flughafen(フルックハーフェン) Dresden International)からのアクセス S2=Sバーン(S-Bahn)の2番線で約20分 (Eur 2,30-*2016年6月現在)

ドレスデン行き格安航空券をチェック!

フランクフルト国際空港(Flughafen(フルックハーフェン))からのアクセス ドレスデン中央駅まではICE乗り換えなしで約4時間20分 飛行機なら約1時間

フランクフルト行き格安航空券をチェック!

地図