スカイスキャナー ニュース 厳島神社だけじゃない! 宮島がもっと楽しくなるスポット紹介

すべての記事

厳島神社だけじゃない! 宮島がもっと楽しくなるスポット紹介

日本三景のひとつといわれる、宮島・厳島神社。1996年に世界文化遺産に登録され、世界中から多くの観光客が訪れます。厳島神社の観光はもちろんのこと、おいしい食べ物がたくさんある宮島ならではのおすすめスポットを、地球の歩き方しまなみ海道・広島Web特派員のyukiさんに紹介いただきます。

宮島を訪れたら、まずは厳島神社から

厳島神社は、満潮と干潮でまったく違う姿を見せてくれます。観光の際は、潮の干満の時間を調べてから行くとよいでしょう。満潮時は、まるで海の上に浮いているかのように見える朱塗りの和殿が、とても厳かな雰囲気です。干潮時は、大鳥居まで歩いて行くことができます。

干潮時の厳島神社

干潟を歩くのが難しいときや、満潮時は、ろかい舟(手こぎ舟)での遊覧がおすすめ。大鳥居を舟でくぐり抜けますので、間近にその姿を見ることができます。大鳥居の扁額(へんがく)は、神社側と海側では違います。また、屋根にあるモチーフも、東は太陽、西は月になっています。ぜひ近くで確認してみてください。

干潮時の大鳥居

また、夜には宮島参拝遊覧船のナイトクルーズもあり、刻一刻と変わる厳島神社の姿を船から眺めるのは、なんとも素敵な体験です。
なお、厳島神社の床板は、高潮の影響を抑えるためにすき間が空いています。ヒールのある靴では歩きにくいですから、気をつけてくださいね。

【スポット情報】
厳島神社
広島県廿日市市宮島町1-1
http://www.itsukushimajinja.jp/

絶景を楽しめる世界遺産、弥山原始林

世界遺産には、厳島神社の背後に広がる弥山(みせん)原始林も含まれています。弥山へは、紅葉谷駅からロープウェイで行ってみましょう。頂上付近の獅子岩駅からすぐのところに獅子岩展望台があり、眼下には瀬戸内の島々が広がります。

【スポット情報】
宮島ロープウェイ(紅葉谷駅)
広島県廿日市市宮島町 紅葉谷公園
http://miyajima-ropeway.info/

獅子岩展望台からの風景

獅子岩駅から弥山の頂上までは、徒歩で約30分です。山頂には弥山展望台があり、さらなる絶景が楽しめます。軽い登山というイメージですので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

頂上まで歩く途中、「霊火堂」の「きえずの火」があります。この火は、弘法大師が修行したときから燃え続けている火として有名です。広島平和記念公園にある「ともしびの火」の元火としても知られています。

食べ歩きも宮島観光の楽しみのひとつ

宮島には、手軽に食べられるおいしいものがたくさんあります。イートインコーナーが設けられたお店も多いので、グルメを満喫しながら、歩き疲れた足を休ませることができるのはうれしいですね。

食べ歩きや景色のよい場所での食事は楽しいものですが、おいしい香りに誘われて鹿が寄ってきますので、せっかくのおやつを食べられないよう注意してください。

鹿がのんびり過ごす宮島らしい風景

さて、ここで、宮島でぜひおすすめしたい食べものをご紹介します。

・揚げもみじ

広島といえば「もみじ饅頭」が有名ですが、この「揚げもみじ」は、普通の「もみじ饅頭」とはまったくの別物です。饅頭を揚げていますが、油っぽくなくアツアツ、サクサクで、止まらないおいしさ。あんこ、クリーム、チーズの3種類があり、各180円です。大人気の商品ですから、土・日・祝日などは、行列必至。お店の近くには、「揚げもみじ神社」があるので、「揚げもみじ」の竹串を奉納してみるのもよいかもしれません。

新たな宮島名物「揚げもみじ」

【スポット情報】
紅葉堂 二番屋
広島県廿日市市宮島町512-2
https://momijido.com

・にぎり天

少し小腹が空いたときにおすすめしたいのが「にぎり天」。串にささった「にぎり天」は、とても大きくて食べ応えも充分です。しっかりと味がついていますので、宮島ビールとの相性も抜群です。

しっかりした味わいの「にぎり天(アスパラベーコン)」

【スポット情報】
九州屋
広島県廿日市市宮島町表参道入口
http://kyusyuya.com/

・穴子まん

こちらも、小腹が空いたときにおすすめしたい「穴子まん」。熱々の皮にジューシーな具が食欲をそそります。ひとくち頬張ると、誰もが笑顔になるおいしさ。穴子とゆずこしょうがくせになる味わいです。レトロな雰囲気のお店も素敵です。

穴子とゆずこしょうがクセになる「穴子まん」

【スポット情報】
〇錦本舗
広島県廿日市市宮島町1133 錦水館1F
http://www.miyajimaman.com/

・あなごめし

もう一つご紹介したいのが「あなごめし」。こちらは宮島内では買えないのですが、宮島へ渡るフェリー乗り場の近くで買えます。もちろん、店内で食べることもできますが、人気店ですから行列必至。お弁当なら比較的空いていますし、事前予約もできるのでおすすめです。

行列ができるほど人気の「あなごめし」

「あなごめし」のお弁当は、冷めてもしっかりと味があり、ふわふわな穴子がとてもおいしいと評判です。包み紙もどこか懐かしい雰囲気で、旅のよい思い出になるでしょう。宮島へ渡る前に購入して、景色のよいところで食べればおいしさ倍増です。

懐かしい雰囲気の包み紙

【スポット情報】
あなごめし うえの
広島県廿日市市宮島口1-5-11
https://www.anagomeshi.com/

宮島・厳島神社へのアクセス方法

宮島は、本州から橋がかかっていない離島ですので、フェリーで上陸します。二つの会社がフェリーを運航していますが、料金はどちらも同じです。
JR西日本宮島フェリーでは、9時10分から16時10分まで「大鳥居便」が運航されています。「大鳥居便」は、その名の通り、大鳥居が見えるコースを通ってくれますので、初めて宮島を訪れる人におすすめです。進行方向に向かって右側に、大鳥居が見えます。

宮島へ車を持ち込むこともできますが、道路が狭く、駐車場もほとんどないため、おすすめしません。宮島口周辺に車を停めてからフェリーで渡ることをおすすめします。フェリー乗り場周辺の駐車場料金の相場は、1,000円/日程度です。フェリー乗り場から少し離れると、500〜800円/日が相場です。

【スポット情報】
JR西日本宮島フェリー
広島県廿日市市宮島口1-11-5
http://jr-miyajimaferry.co.jp/

宮島松大汽船
広島県廿日市市宮島口1-11-5
http://miyajima-matsudai.co.jp/

見どころやおいしいものがたくさんある宮島。厳島神社だけでも充分に見応えがありますが、これからの季節は弥山の紅葉もすばらしいです。弥山に囲まれて、刻一刻と変わっていく厳島神社の景色を、ぜひ堪能してみてください。

広島に関する情報をもっと知りたい方はこちらもチェック!

筆者プロフィール

地球の歩き方しまなみ海道・広島Web特派員 yuki
2014年に瀬戸内海に浮かぶ広島県の大崎上島へ移住。大崎上島はもちろん、しまなみ海道・とびしま海道やその周辺の島々には魅力あふれる場所がたくさんあります。それらの見どころや四季折々の景色、おいしいものなどを幅広く地球の歩き方しまなみ海道・広島Web特派員ブログからお届けしています。

地図