スカイスキャナー ニュース 「うちなーめし」を食べに行こう!宮古島で食べたいローカル食堂の島ごはん

すべての記事

「うちなーめし」を食べに行こう!宮古島で食べたいローカル食堂の島ごはん

おしゃれなカフェやレストランが増えている宮古島。でも、沖縄そばやゴーヤチャンプルーといった昔ながらの島ごはんは、今でも根強い人気を誇ります。今回は、宮古島の地元の人・御用達のローカルな食堂の魅力を地球の歩き方宮古島 Web特派員のサセボンさんに紹介いただきます。

 

 

 

絶景スポットが満載の宮古島

地元の人でにぎわう宮古そばの名店「菊栄食堂」

沖縄そばと宮古そば、もっといえば、八重山そば、大東そばの違いって何なの?とよく聞かれます。日本蕎麦にも各地で出雲蕎麦、信州蕎麦があるように、沖縄そばにも各地でいろいろな種類があります。いわゆる沖縄そばは、基本的には茹であげた麺に油をまぶして、暑い沖縄でも食べ物が傷まないようにするという工夫がなされているものです。

昔ながらのスタイルの宮古そば

つづいて、宮古そばの主な特徴は、①具が麺の下に隠れている、②細めの平打ち麺(八重山そばは細めのストレート麺)ということ。具が麺の下に隠れている理由を、島のいろいろな人に聞いてみるといくつかの説がでてきました。1つめは、具がスープになじみ温まるようにするため。2つめは、厳しい年貢の取り立て対策のために下に隠したというもの。3つめは、家族で経営している食堂で忙しい時に小さな息子、娘でも手伝いができるように、丼に三枚肉と島かまぼこを先にいれるようにした(熱いスープなどで手伝う子どもが火傷しないように)。4つめは、兄弟が多い宮古島の場合、具が上にのっていると兄弟げんかがはじまるので下に隠したというもの。どれが正しい説かは分かりませんが、地元の人と宮古そば談義をするのも楽しいですよ。

宮古島行きの航空券をチェックしてみる

また、最近ではソーキそばが有名になって、沖縄そば、宮古そばとソーキそばは何が違うの?なんて聞かれたりもします。ソーキそばは、ラーメンでいうとチャーシューメン。軟骨ソーキというお肉がのった沖縄そばや宮古そばのことをソーキそばと呼び、ほかにもテビチ(豚足を煮込んだもの)がのったテビチそば、野菜炒めがのった野菜そば、肉野菜炒めがのった肉そばなどがあります。

「菊栄食堂」のメニュー

そんな宮古そばですが、最近は昔ながらの具が麺の下に潜っているそばを出す店が少なくなってきています。そんななかでも、昔ながらのスタイルで美味しい宮古そばを出してくれる店が「菊栄食堂」です。平良港入り口交差点近くにある店で、昼時は島の人の車やタクシーなどがたくさん停まっているのですぐにわかります。

地元の人で賑わう宮古そばの名店「菊栄食堂」

ここの宮古そばはスープがとっても美味しいので、まずはそのまま飲んでみてください。やさしい味に気持ちがふんわりすると思います。その後、そばを食べ進めながら、お好みでテーブル上にある七味唐辛子、コーレグース(泡盛に島唐辛子を漬けたもの)、カレー粉を足すのもよいでしょう(先に足してしまうとあとで戻せなくなるので、気をつけて!)。私はここのスープの味が好きなので、気が付くと何も足さずに麺もスープもなくなってしまうということが多いです(笑)。

お好みで足してみたい調味料の数々

そのほかにも、昔ながらの黄色いカレーや、大きな丼に入った具だくさんのみそ汁、卵が嬉しいみそ汁定食などのメニューがあります。ちゃんぽんは、もちろん沖縄のちゃんぽんで、長崎ちゃんぽんとは違い、ご飯の上に野菜やスパムかコンビーフハッシュ、卵などを炒めたものがのっている沖縄のB級グルメ(?)です。お昼過ぎには選べるメニューが限られてくるので、ご来店はどうぞお早めに。ちなみに、店のカウンターの横では、かなり昔の琉球政府の営業許可証を見ることができますよ。

年季の入った営業許可証

【スポット情報】
菊栄食堂
住所:沖縄県宮古島市平良字西里13-6
電話:0980-72-0663
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

宮古島行きの航空券をチェックしてみる

丼の蓋では収まらない「宮古食堂」のうちなーカツ丼

最近、店舗をリニューアルした「宮古食堂」。店舗は新しいけれど、昔ながらの島の食堂らしさがたっぷりです。ここの名物はカツ丼!(450円、2017年11月現在)。丼の上に、逆さまになったもう一つの丼で蓋?がされています。いざ蓋(丼)を開けてみると、ドーン!、と中からは溢れんばかりのカツ丼。そのままだとご飯まで箸が届かないので、蓋の丼にカツをよけたりして食べます。

丼で蓋をするカツ丼

あまり知られてはいないですが、沖縄のカツ丼は野菜がいっぱいで具材も多いです!本土ではカツ丼というと野菜不足を心配する声が聞かれますが、沖縄のカツ丼はそんな心配ご無用です。本土のカツ丼のイメージを良い意味でも悪い意味でも大きく裏切る「うちなーカツ丼」。野菜いっぱいであまり胃もたれもしない(個人差があります)沖縄の定食屋さんのカツ丼は、野菜不足を心配する方にもおすすめです。

野菜不足なんて心配無用なカツ丼

【スポット情報】
宮古食堂
住所:沖縄県宮古島市平良字東仲宗根850-26
電話:0980-72-1631
営業時間:10:30~17:00
定休日:不定休

宮古島行きの航空券をチェックしてみる

伊良部島「なかゆくい商店」の紅芋ぱんびん

伊良部大橋開通後、じわじわと人気が広がっている伊良部島の「なかゆくい商店」。ここは、てんぷらが有名で美味しいのですが、紅芋ぱんびんを紹介します。ぱんびん???なにそれ?となりますよね。沖縄本島では「サーターアンダギー」と呼ばれている有名なアレです。宮古島では、サーターアンダギーのことをさたぱんびんと言います。

沖縄本島と宮古島では方言が違うのですが、沖縄本島ではサーター(砂糖)アンダ(油)アギー(揚げる)、宮古島ではさた(砂糖)ぱんびん(揚げ菓子)。意味はほとんど一緒です。ちなみに、「いらっしゃいませ」も沖縄本島では「めんそーれー」、宮古島では「んみゃーち」、石垣島など八重山諸島では「おーりとーり」と島によって違います。

伊良部島「なかゆくい商店」の紅芋ぱんびん

話は戻りますが、「なかゆくい商店」は揚げ物が絶品と島内でも評判です!タイミングが悪いと品切れで買えないほどです。大人気の紅芋ぱんぴんは、揚げたてを店先で食べると、外はカリッカリ、中はフワッフワ!ちょっと時間が経って食べても、外はカリッ、中はフワッととても美味しく、割った時の中の色鮮やかな紅芋のムラサキ色がキレイで見た目も楽しいです。ぜひ、伊良部島に行ったら食べてみてください。目も舌も幸せな気分になれますよ。

【スポット情報】
なかゆくい商店
住所:沖縄県宮古島市伊良部国仲57-3
電話:090-9476-3215
営業時間:9:00~18:00
定休日:なし

宮古島行きの航空券をチェックしてみる

ホテルの各客室に洗濯機完備「ピースアイランド宮古島」

この5年くらいで宮古島に新しいホテルが数多く建てられていますが、そのなかでも人気なのが「ピースアイランド宮古島」です。市街地のど真ん中で便利な立地であることに加え、キレイな外観と内装、部屋もキレイなホテルでおすすめです。一番のポイントは、すべての部屋に洗濯機が完備されていることです。暑くて汗をかく夏場も、重ね着をして荷物のかさばる冬場も、洗濯機が部屋にあるというだけで安心して思いっきり遊べます!服を着たまま海に飛び込んでも、後で洗えば問題ナシです(飛び込むのは安全な場所で!)。

全客室に洗濯機が完備されている「ピースアイランド宮古島」

ホテルの駐車場にはトックリキワタという木が植えてあり、10~12月にはピンク色の色鮮やかな花が咲くので、この時季の訪問もおすすめです。幹が徳利のように膨らんだ木の形も面白いですよ。

ホテルの駐車場に咲くトックリキワタ

 

宮古島行きの航空券をチェックしてみる

【ホテル情報】
ピースアイランド宮古島
住所:沖縄県宮古島平良字西里310
電話:0980-74-1717

このホテルをチェック

筆者ご紹介

地球の歩き方 宮古島Web特派員 サセボン

スキューバダイビングインストラクター。1995年に同資格取得後、日本各地でダイビング業務に携わり、2011年にダイビングガイドとして宮古島へ移住。2013年に宮古島でダイビング店を開店。宮古島の海の情報はもちろん、宮古島の食の情報や、文化の情報などを地球の歩き方 宮古島Web特派員ブログからお届けしています。

あわせて読みたい

これぞ日本の紅葉!金沢・兼六園の紅葉ライトアップを見に行こう

兼六園やひがし茶屋街といった歴史的な建造物が軒を連ね、情緒あふれる城下町の風情を今に残す街、金沢。晩秋から初冬にかけての金沢には、鮮やかに染まる紅葉の日本庭園と、冬の風物詩「雪吊り」が見られる兼六園や、漁期の限られた冬の味覚「香箱蟹」など、見どころ、食べどころがいっぱいです。

白川郷が秋色に染まる!紅葉と合掌造り集落のコラボを見に行こう

岐阜県白川郷の合掌造り集落は、平成7年12月9日にユネスコの世界遺産に登録され、毎年多くの観光客が訪れています。平成28年度の観光客数は約180万人。独特の美しい景観である茅葺き屋根の集落は世界中から高い評価を受け、国内はもちろん、海外からの観光客も増えています。

地図