スカイスキャナー ニュース 北極圏の動物たちに出会える!カナダ・ケベックの「オメガパーク」

すべての記事

北極圏の動物たちに出会える!カナダ・ケベックの「オメガパーク」

カナダ東部の街・モントリオールから車で1.5時間ほどの田舎町モンテベロ(Montebello)にある「オメガパーク(OMEGA Park)」は、北国ならではの動物たちが見られるサファリパークです。中へ入ればカリブー、バイソン、ホッキョクオオカミといった、日本では耳慣れない動物たちが大自然の中で待ち受けています。そんな「オメガパーク」の魅力を、地球の歩き方 モントリオールWeb特派員のカオリさんに紹介いただきます。

 

 

北極圏の動物たちに会える!

「オメガパーク」は、約890ヘクタール(東京ディズニーランドの約17.5倍)の広大な土地の自然を利用して作られたサファリパークです。そこには、日本ではなかなかお目にかかることのないエルクやカリブー、バイソン、ホッキョクオオカミ、ムース、ホッキョクギツネといった北極圏の動物たちが半野生で暮らしています。

 

日本ではなかなかお目にかかることのない北極圏の動物

パーク内は、自家用車、または専用のサファリバス(運行は時期、人数による)で回ります。自家用車の場合は、入口で入場料を払い、ルートマップを受け取りましょう。パーク内での降車やバイソンエリアでの窓の開閉は危険なのでNG、などの指示があります。ちなみに繁殖シーズンには、ツノのあるシカ類も興奮状態にあるので注意が必要です。見学ルートは約15キロメートルに渡り、FMラジオを合わせれば、スポットごとに動物たちの暮らしの解説(英・仏語)を聴きながら周ることが出来ます。

FMラジオで動物の解説を聴きながら周ることもできる

モントリオール行きの航空券をチェックしてみる

間近で触れ合う大迫力のエサやり体験

「オメガパーク」の魅力は、動物たちにエサやりができるところです。エサはニンジンで、インフォメーションセンターでも売っていますが、冬はお値段が少々高めです。余裕があれば、出発前に近場のスーパーで2袋くらい買って行きましょう。

パーク内に入ると、特にシカ類がニンジンを目当てに車に近づいてきます。中には車の目の前にドーンと立ちはだかり、通せんぼ作戦に出るツワモノも。窓を開けると鼻面を突っ込んで「ちょーだい」とアグレッシブに催促してきます。車の窓はベロベロと舐められて唾液でいっぱいに。大きなエルク(ヘラジカ)と間近で目が合うとドキドキします!

ニンジンを目当てに車に近づいてくるシカ

モントリオール行きの航空券をチェックしてみる

四季折々で異なる見どころ

季節の移り変わりに伴い、変わりゆく自然と動物たちの姿を見られるのも「オメガパーク」ならでは。雪の残る春先には、シマシマ模様の小さなウリ坊たちが親イノシシに混ざって外へあふれ出してきます。長い冬がようやく終わる5~6月頃になると、南の国から戻ってきたカナダグースが集団で子育てをする様子を間近に見ることもできます。

集団で子育てをするカナダグース

秋には、メープル街道沿いに位置するパーク内が美しい紅葉で彩られ、紅葉狩りだけでも十二分に満足できるでしょう。マイナス20度を下回る冬場は、ケベック名物のメープルシロップを雪の上でクルクルと飴状にして食べる「タフィー体験」も楽しみのひとつです。

雪で固まったメープルシロップを食べる「タフィー体験」

【スポット情報】
オメガパーク(OMEGA Park)
住所:399 Road 323 North, Montebello, Quebec J0V 1L0 CANADA
電話:+1 819-423-5487

モントリオール行きの航空券をチェックしてみる

気になる気温と服装は?

「オメガパーク」は基本的に車中からの見学なので、春から秋にかけては日本にいる時と同様、天気予報に合わせた服装をすれば問題ありません。ただし、冬(11~4月頃)は要注意で、コート、ブーツはできれば北国仕様(マイナス20~30度耐寒)、帽子と手袋も絶対に必要です。ケベックの冬は風が強く、体感温度が実際の気温よりかなり低いことがよくあります。たった数分の間でも手袋なしで外にいようものなら、凍傷の危険もあるので、できる限りの防寒準備をして行くことをおすすめします。

帽子と手袋は冬のケベックの必需品

「オメガパーク」へのアクセス

「オメガパーク」があるのは、モントリオールから車で約1.5時間のモンテベロという田舎町です。モントリオール市内の宿泊施設を拠点に市内観光をしつつ、レンタカーか旅行会社のバスツアーを利用して「オメガパーク」を訪れる方がほとんどです。なお、空港から市内へは、バス(747エクスプレスまたは市バス)やタクシーでの移動が可能です。

モントリオール行きの航空券をチェックしてみる

モントリオールのおすすめホテル

モントリオール市内のおすすめホテルは「インターコンチネンタル・モントリオール(InterContinental Montreal)」です。市内随一の観光スポット、オールドポートから歩いてすぐの立地で、有名なノートルダム大聖堂へも徒歩数分です。市内観光の要となる地下鉄へは地下道で直結、またケベックシティやオタワへ繫がる長距離鉄道VIAのモントリオール中央駅へも徒歩圏内と、アクセスの良さが最大の魅力です。客室からの眺めも良く、プールを併設するフィットネスクラブがあることでも知られています。四つ星ホテルのサービスで、安心してステイできると評判です。

立地抜群の「インターコンチネンタル・モントリオール」

【ホテル情報】
インターコンチネンタル・モントリオール (InterContinental Montreal)
住所:360 Rue Saint Antoine Ouest, Montréal, QC H2Y 3X4
電話:1-(514) 987-9900

<a style=”background: #00d56d url(data:image/svg+xml;base64,PHN2ZyB4bWxucz0iaHR0cDovL3d3dy53My5vcmcvMjAwMC9zdmciIHZpZXdCb3g9IjAgMCAxNiAxNiIgZW5hYmxlLWJhY2tncm91bmQ9Im5ldyAwIDAgMTYgMTYiPjxwYXRoIGZpbGw9IiNmZmYiIGQ9Ik0xMC42IDEzLjVsMy44LTRjLjgtLjkuOC0yLjIgMC0zLjFsLTMuOC00Yy0uNi0uNS0xLjUtLjYtMi4xIDAtLjYuNi0uNyAxLjUtLjEgMi4xbDEuOSAyaC03LjhjLS44IDAtMS41LjctMS41IDEuNXMuNyAxLjUgMS41IDEuNWg3LjhsLTEuOSAyYy0uMy4zLS40LjctLjQgMSAwIC40LjIuOC41IDEuMS42LjYgMS41LjUgMi4xLS4xeiIvPjwvc3ZnPg==) no-repeat right 12px center; background-size: 24px; border-radius: 96px; padding: 8px 48px 8px 24px; color: white; font-size: 20px; font-weight: bold; display: inline-block; font-family: -apple-system, Helvetica; text-decoration: none;” href=”https://www.skyscanner.jp/hotels/q/?q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB+%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%2C+%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%2C+%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%2C+%E3%82%B1%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B7%9E%2C+%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%80&sd=2018-02-24&ed=2018-02-25&na=2&nr=1&bpt_eid=o_71827318&fhids=71827318″_blank”>このホテルをチェックする

写真やテレビでしか見たことのないバイソンやムースが自然の中で暮らす姿に魅了され、オメガパークへ定期的に通うようになるのは、子供よりもむしろ大人の方が多いとか。大自然の国・カナダへ来たのなら、一度は訪れてみてほしい観光スポットです。


筆者ご紹介

地球の歩き方 モントリオールWeb特派員 カオリ

結婚を機に2015年よりモントリオール在住。主婦業のかたわら、海外関連記事執筆やコーディネーターも。米大学院で環境学修士号取得。美しいカナダの自然の様子を伝えるべく、本格的に写真の勉強中。自然はもちろん、街歩きやグルメ、旅行情報を地球の歩き方 モントリオールWeb特派員ブログからお届けしています。

あわせて読みたい

まるで町全体が美術館!オランダで訪れたい「ゴッホの町」

『ひまわり』や『アルルの跳ね橋』、『星月夜』など、多くの作品で世界中の人々を魅了する絵画の巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ。オランダ出身の彼は、どんな所で、どんな風に暮らし、どんな風に絵を描いていたのでしょうか。

グアム初心者におすすめ!ショッピング、レストラン、ビーチがすべて徒歩圏内の「グアムプラザ リゾート&スパ」

日本から約3時間半で行ける常夏の楽園、グアム。小さな島のグアムには鉄道がないので、移動手段はほとんど車か、旅行者専用の主要観光スポットを周回するシャトルバスになります。今回は旅行中の移動時間が短縮でき、グアム初心者におすすめの立地条件が最高なホテルとその周辺施設を紹介します。

地図