スカイスキャナー ニュース 札幌の奥座敷・定山渓。渓谷に映し出される幻想の世界「定山渓ネイチャールミナリエ」

すべての記事

札幌の奥座敷・定山渓。渓谷に映し出される幻想の世界「定山渓ネイチャールミナリエ」

「さっぽろ雪まつり」等、冬のイメージが強い北の都市札幌は、8月でも平均最高気温が28.3度(2016年)と涼しく、日本各地からの避暑地としても人気です。そんな札幌には、夏を楽しむための観光スポットやイベントがたくさん!そのひとつが、北海道のなかでも特に人気の定山渓(じょうざんけい)温泉です。そこで開催される「定山渓ネイチャールミナリエ(Jozankei Nature Luminarie by NAKED)~灯りと遊ぶ散歩道~」は、昨年から開催されている、開催期間が5ヶ月と長い新たな観光イベント。今回はこのイベントの楽しみ方を地球の歩き方札幌Web特派員の市之宮 直子さんに紹介していただきましょう。

 

北海道の夏を楽しむおすすめイベント!自然とアートが融合する幻想的な渓谷へ行ってみよう!

 

支笏洞爺国立公園内が灯りに包まれるライティングパフォーマンス

国立公園内が灯りに包まれるライティングパフォーマンスイベント

海外でも知られる北海道の有名温泉地「定山渓温泉」は、「支笏洞爺(しこつとうや)国立公園」の一部でもあり、自然豊かな環境にあります。その歴史は北海道の多くがまだ原生林だった約150年前の1866年に、「定山渓」の名前の由来ともなった僧侶、美泉 定山(みいずみ じょうざん)が、この地に源泉の存在を確認し、湯治場を開いたことに始まります。

2016年に開湯150周年を迎えた定山渓温泉の“無垢の自然”を活かし、夜の定山渓温泉を長い期間楽しめるイベントとして、光や音を使った演出で話題のクリエイティブ集団「NAKED」プロデュースによるライティングパフォーマンス「定山渓ネイチャールミナリエ」が誕生しました。国立公園のなかでのライティングパフォーマンスという点でも珍しいイベントで、2016年は開催日数158日間で来場者数4万8,000人にのぼるほど話題になりました。

会場へのアクセスは定山渓二見公園の入り口を案内する看板をたどっていくと便利。

2017年は、6月1日から10月22日までの144日間の開催で、入場料は無料です。定山渓温泉内にある「定山渓二見(ふたみ)公園」の自然散策路と二見吊橋までの約220mが会場です。ライトアップが行われる時刻は、8月までは19時から21時、9・10月は18時から21時です。定山渓温泉内には、会場の定山渓二見公園の入り口を案内する看板があちこちにあり、看板をたどっていくと入り口に到着します。

「定山渓ネイチャールミナリエ」会場の定山渓二見公園の入り口

幻想の世界へいざなう220m

入り口に着くと、足元でオレンジ色のライトが会場の奥へと続いています。灯りに沿って先へ進むと、「光の森」、「光の息吹」、「二見吊橋 光の路」などとネーミングされたスポットが現われます。2017年はプロジェクションマッピングが増設され、光と音の演出がより幻想的になっています!自撮りスポットもあり、会場内で立ち止まりながら好きなアングルでのセルフィーや記念撮影が楽しめます。

たくさんの人が集まる記念撮影スポット

スポットによってライティングやプロジェクションマッピングに合わせた音楽が静かに流れ、夜の闇、すぐ下に流れる川のせせらぎ、映像と実在する木々の影、そして渓谷の山肌すべてが融合し、いつのまにか深い幻想の世界へといざなわれます。

札幌行きの航空券をチェックしてみる

大自然のなかで行われるイルミネーション

自然と融合したイベントで注意したいポイント

国立公園のなかで行われる自然と融合した夜のイベント「定山渓ネイチャールミナリエ」を楽しむ際には、ちょっとした注意をすると楽しさが倍増。北海道の夜とはいえ、夏の定山渓の真っただ中を散策するため、虫除け対策は必要です。ホテルの浴衣を着る場合は腕や足が隠れていますが、洋服の場合は長袖シャツとロングパンツなど、できるだけ肌を露出しない服装をしたり、うちわや扇子などで仰ぎながら歩くと虫除けになります。

定山渓ネイチャールミナリエのクライマックス「二見吊橋」

特にクライマックス、二見吊橋での「光の路」や、そこから渓谷に向かって投影される6分間隔の光と音の演出「光の渓谷」は、スマホやカメラを片手に思わず見入ってしまう瞬間ですが、うちわや扇子で仰いでいると虫対策に一層安心なうえ、うちわ等にプロジェクションマッピングを投影させると、より風流な楽しみ方にもなります。

札幌行きの航空券をチェックしてみる

定山渓温泉へのアクセスとおすすめホテル

新千歳空港から定山渓温泉へは、空港バスターミナルから出ている直行バスを利用すると便利です。所要時間約100分で、料金は片道1650円です。
札幌市内から行く場合は、JR札幌駅南口バスターミナルの12番乗り場から定山渓温泉行きの直行バス「かっぱライナー号」の利用が便利です。所要時間は約60分で、料金は770円です。
または、地下鉄南北線 真駒内駅下車、4番乗り場(定山渓線)からバスで行く事もでき、所要時間は約50分、料金は610円です。
「定山渓湯の街」停留所で下車、徒歩約3分(約530m)です。ただし、日帰りで行く場合は、地下鉄真駒内駅行きの最終バスが21時台、1時間に1~2本と本数も限られているので、事前に帰りのバス時刻を確認してください。

空港からレンタカーの場合、道央自動車道と国道230号線を利用すると約90分(約66.5km)で定山渓温泉に到着します。札幌駅からは国道230号線経由で約45分(約27km)。車の場合、定山渓ネイチャールミナリエの会場まで徒歩約7分(約460m)の「定山渓公共駐車場(無料)」の利用が便利です。

札幌のレンタカーをチェックする

定山渓温泉でおすすめのホテル「花もみじ」の展望浴場

ルミナリエを楽しんだ後、夜をゆっくり過ごしたい場合は、特典付き宿泊プランを用意しているホテルの利用がおすすめ。そのひとつが鹿の湯グループの「定山渓温泉 花もみじ」です。北海道内でも人気のある格調高いホテルです。特に展望浴場での明るい時間帯での入浴は、まるで森林浴をしているかのような贅沢な気分になれます。客室は全室広々とした和室で、半年に一度張り替えるという畳のフレッシュな香りがくつろぎの空間を一層演出しています。

調度品からも気配りが感じられる「定山渓温泉 花もみじ」ロビー

調度品からも気配りを感じられる館内ロビーは、北海道ゆかりの芸術作品などが飾られ、ずらりと並ぶ北海道や札幌関連の書物を手に取って読むことができます。ちなみに「花もみじ」のルミナリエ宿泊特典は、北海道・鹿追町(しかおいちょう)にある十勝とくさ牧場直送の「ちゅ~ちゅ~ソフト」。濃厚な飲むアイスクリームを片手にネイチャールミナリエ散策を楽しんでもらいたいという趣向です。

【ホテル情報】
定山渓温泉 花もみじ
住所:札幌市南区定山渓温泉西3丁目32
電話:011-598-2002

このホテルをチェックする

札幌行きの航空券をチェックしてみる

足湯と焼き立てパンが楽しめる!温泉街ならではのベーカリーカフェ

定山渓温泉を眺めながらこだわりの焼きたてパンが楽しめるベーカリーカフェ

「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」1階ラウンジにある「Birch Terrace bakery & cafe (バーチテラス ベーカリー&カフェ)」では、白樺をモチーフにした木のぬくもりを感じさせるカフェ内にベーカリーがあり、厳選したこだわりの焼きたてパンが販売されています。屋外には「足湯テラス」があり、足湯につかりながらパンや飲み物をいただくことができます。

定山渓温泉を気軽に楽しめる「足湯テラス」

 

季節のパンも充実しており、夏には茄子やズッキーニ、枝豆など旬の野菜を使ったパンがおすすめですが、定番のバターが香るできたてクロワッサンの風味は格別。また、定山渓バーチドッグ(450円)、ロコモコ丼(800円)などの軽食もおすすめ。目の前の緑を眺めつつ、足湯とおいしいパンでリラックスできるので、定山渓温泉ならではの贅沢なカフェタイムを過ごせます。ちなみに、こちらのホテルにも「定山渓ネイチャールミナリエ2017」特典付き宿泊プランがあり、虫除けミストと定山渓温泉のゆるキャラ「かっぽん(定山河童小吉兵衛)」のガーゼ手ぬぐいが付いてきます。

【カフェ情報】
Birch Terrace bakery & cafe (バーチテラス ベーカリー&カフェ)
住所:札幌市南区定山渓温泉東3丁目 定山渓万世閣ホテルミリオーネ1階
電話:011-598-3500
営業時間:7:30~20:00(足湯テラスは18:00まで)
(※パン販売は売り切れ次第終了)

ルミナリエの会場では、あちこちから多言語で感嘆の声が聞こえてきます。自然の音、ライティング、肌に当たる風、そして草木の濃い香り。訪れる人それぞれで、パフォーマンスの感じ方はきっと違うと思います。そんな”自然と融合”したライティングパフォーマンスを札幌の奥座敷、定山渓温泉で体験してみませんか。

札幌行きの航空券をチェックしてみる

国内のお得な航空券をチェック✈︎:国内格安航空券

筆者ご紹介

 

地球の歩き方札幌Web特派員 市之宮 直子

 

生まれも育ちも北海道の「どさんこ」です。あるとき数年間の釧路(北海道)生活を送り、人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。道央圏とは自然環境が大きく異なる道東で北海道の魅力を再発見し、以来、”北海道の魅力発信”をライフワークにしています。現在は、コミュニケーション・アテンダント(フォトライター・アテンド通訳など)として、札幌を拠点に鋭意活動中。地球の歩き方札幌Web特派員ブログからお届けしています。

 

 

 

あわせて読みたい

「祈りの島」の教会巡り、世界遺産登録を目指す五島列島の注目スポット

長崎県の西に位置する五島列島は、全体を大きく分けて「上五島(かみごとう)」と「下五島(しもごとう)」があります。「上五島」に位置する新上五島町を中心に、世界遺産登録を目指す「祈りの島」の魅力をご紹介します。

沖縄旅行におすすめ!那覇から行けるビーチとホテル、国際通りの最新スポット情報をご紹介

今や年間で850万人を超える観光客が訪れる観光県、沖縄はビーチシーズン真っ盛り。那覇近辺のおすすめのビーチとホテル、そして国際通りの気になる最新スポット情報を中心にご紹介します。

地図